彦左の正眼!

世の中、すっきり一刀両断!で始めたこのブログ・・・・、でも・・・ 世の中、やってられねぇときには、うまいものでも喰うしかねぇか〜! ってぇことは・・・このブログに永田町の記事が多いときにゃあ、政治が活きている、少ねぇときは逆に語るも下らねぇ状態だってことかい? なぁ、一心太助よ!! さみしい時代になったなぁ

鳩山安子

鳩山・献金問題が贈与税納付で落着?おかしいだろう!!

 鳩山由紀夫首相が資金管理団体の偽装献金事件で、元公設第一秘書の政治資金規正法違反の罪で在宅起訴されたことを受けて、24日夜、国民に向けた記者会見を行った。そのなかで、「国民のみなさまに深くおわび申し上げたい」と謝罪した。「鳩山辞めろという声が圧倒的になった場合、国民の皆さんの声は尊重しなければならない」と、辞任する気はないが、国民が言うのならば辞任も考えると自身の進退問題も語った。

 

そして27日午前、恒例となった官邸前のぶらさがり会見で、母から多額の資金提供を受けていたことを受け、約6億円の贈与税を納税したことを公にした。しかも「修正ではなく申告して(約6億円を)納税した」と胸を張るようにして付け加えた。
 

 何せTVなど大手メディアのこの問題に対する扱い・論調は、あまりに温かく、国民もいまひとつ理解しがたいのである。加えて、庶民にはあまりに金額が大き過ぎて、よく事の重大性がわからぬところに、この問題の難しさがあるように思えてならない。

 

「お金持ちって、そうなんだ〜」

「年に18千万円もらってても知らない」って、言ってみたい・・。

「大富豪って金銭感覚がズレてて常識がないんだ。仕方ないのかもね」

 

「億」なんて単位の金額に縁のない庶民には見当もつかぬ、浮世離れした気分で、つい、妙に納得してしまう。あの気弱そうな鳩山由紀夫総理のきょとんとした眼をする表情を見てしまうと、「私は一切、知りませんでした」「6億円の贈与税を支払います」と、サラリと言われると不思議と怒りが分散してしまうのである。庶民の貴種に対する弱み、憧れを巧妙に使ったメディア対策でも駆使しているのではと、勘繰りたくもなる状況である。

 

 そして、こともあろうに「お金持ちにはお金持ちだからこそのこうした苦労もあるんだよな」なんて、分かったような同情的な気分にさえ、つい、陥ってしまう・・・。危ない!危ない!(`□´)コラッ!

 

 しかし、よくよく、この事件、敢えて事件と呼ぶが、その経緯を踏まえて考えてみると、これはずいぶん庶民を愚弄した悪質な脱税事件ではないかということに気がつく。

 

 月1500万円の財産分与、生前贈与は母の鳩山安子の口座から、子供の長女和子、長男由紀夫、次男邦夫にそれぞれ同額、行われている。月で合計金額4500万円、年にすると54千万円もの、気の遠くなるような多額の資金移動が、親から子へと長年にわたって行われて来たのである。

 

 当初、安子の関係者は、それは貸付金であると釈明していたが、そうであれば、長女和子への資金も同様に貸付金でなければおかしい。果たしてそうなっていたのか?

 

 そして長女が贈与税を払っていたのであれば、由紀夫、邦夫兄弟も、その資金を贈与と認識していなければならぬし、長女が払っていなければ、政治管理団体でもない個人が、それだけの多額な金を定期的に受け取って何も知らなかったというのも極めて不自然な話である。

 

 だから、実は長女がどう対応していたかが、一番気になるところである。だが、大手メディアもそのことを、意図的にか、なぜだか詳らかにしていない。

 そして、鳩山首相は今回、これが贈与であることをようやく明らかにした。しかし、そこは修正ではなく、気がついたので事後的に「申告」したという巧妙な形で決着をつけようとしている。悪質な税逃れではない、非課税特権を有する政治管理団体を悪用した相続税逃れのようなことはしていないと言っているのである。
 

 2010度予算を見ても分かるが、この国の税収は37兆円まで落ち込んでいる。われわれも貧者の一灯で所得税、住民税、そして一時所得があった時は、一時所得税をちゃんと払っている。そうした納税額が落ち込んでいる時代に、サラリーマンはガラス張りで納税する一方で、もし大金持ちが税金逃れを長年にわたって意図的に行っていたとしたら、それは到底、許される話ではない。

 

 この問題は、国のトップにある為政者自身の税金納付義務の意識のあまりの低さなのか、悪質な脱税犯罪なのかという視点でよく見ておくべき必要があるのである。

 

そもそも安子の財布である「六幸商会」は石橋・鳩山家の資産管理会社である。資産管理会社とは富豪一族の相続対策を目的に設立されることが多い。したがって、節税を旨とするのは当然であり、税のプロが顧問として目を光らせているのが普通である。そこに介在する人間は決して税の素人などではないのである。税のプロ中のプロと言ってよい。

 

 そうした人間が絡む今回の献金問題で、月々1500万円もの資金移動が、最低でも7年もの長きにわたって一銭の税金も払わずに行われてきた事実は、大きく受け止められなければいけない。

 

 気がついたので「申告」しますで、すまされる問題では決してないのである。今後、国税庁の積極的かつ厳正な調査に期待したいし、ぜひ、この事件の真相を国民の前に明らかにして欲しい。

鳩山由紀夫首相、偽装献金問題=実母から資金提供は相続税逃れ

 政治資金規正法は、「同一の者に対する寄附の制限」について、5章「寄付等に関する制限」のなかの第222項において「個人のする政治活動に関する寄附は、各年中において、政党及び政治資金団体以外の同一の者に対しては、150万円を超えることができない」と規程している。

 

 そして、それに違反する者は「1年以下の禁錮又は50万円以下の罰金に処する」との罰則が規程されている。

 

 要は、個人の政治家が指定する資金管理団体(鳩山首相の場合は資金管理団体「友愛政経懇話会がそれに該当)への個人A(実母=鳩山安子)の同一者(鳩山由紀夫首相)への寄付の限度額は、年間で150万円ということであり、それに違反する者(寄付した者・寄付を受けた者)には1年以下の禁錮または50万円以下の罰則が科されるということである。

 

 鳩山首相の実母は弟の邦夫氏にも同様に、同額の150万円を同氏の資金管理団体「新声会」へ寄付している(06年〜08年)ことも分かっている。

 

 その範囲内での政治献金であれば正当な政治活動に対する寄付であるので、何ら後ろ指を指される話ではない。しかし、今回の話は150万円などというちっぽけな(庶民にとっては大金だが・・・)話ではなく、今現在、明らかにされているだけで、月1500万円ずつ、年間で18千万円、5年間で何と9億円という目の玉の飛び出るような金が、鳩山兄弟の資金管理団体にそれぞれ提供されていたというのである。

 

 今回の図式はある意味、単純なものである。政治家と企業や業界団体との癒着といった問題ではなく、鳩山一族の財産分与問題であるという点である。そしてそのあり方に税の問題から見て、非常におかしいところが多いということである。

 

 はっきり言えばこうした定額で継続的に資金移動を行なうことは、資金管理団体を隠れ蓑に相続税逃れを確信的に行なっている気配がかなり濃厚であると言わざるを得ないのである。

 

1130日の参院本会議において、自民党の秋元司参院議員が鳩山首相の資金管理団体「友愛政経懇話会」をめぐる偽装献金問題について、首相の実母からの多額の資金提供は贈与税支払いの対象であると指摘したことに対し、「仮に母親から資金提供があったとすれば、検察の解明を待ち、法に照らして適切な対応を取りたい」と首相は答えた。さらに「母親から何も聞いていなかったから『親族から資金提供はなかったと信じている』と言ってきた。納税義務を果たさなければならないのは当然のことだ」として、税法上の問題点が指摘されれば、修正申告などに応じるという。

 

 首相はこれまでも「すべて検察の捜査に任せている」とか「報道に大変驚いている。まったく私の知らないところで、何が行われていたのか。事実かどうかを含め大変驚いている。私はないと信じていたし、今でもないと信じていたい」と述べるなど、どこか第三者的で被害者面をして、洞ヶ峠を決め込んでいるように見える。

 

2002年3月、鳩山首相(当時、民主党代表)加藤紘一自民党元幹事長の元事務所代表の脱税事件について、こう放言した。「金庫番だった人の不祥事は、(政治家本人も)共同正犯だ。即、議員辞職すべきだ」と。

 

「友愛」政治の理念を説き、「透明性」を声高に述べ、国民目線の政治を行なうと「義の政治」を宣言する蔭で、こっそりと姑息な税金逃れ、それもとても国民目線では信じられぬ金額を行なう。

 

いや、「恵まれた環境にある」から年間1億8千万円程度のみみっちい小金など分かるはずがない、秘書と母親の間の話で自分は与り知らぬと開き直るのであれば、「友愛」の理念が泣くというものである。そして「透明性」などという目くらましの言葉など多用してもらいたくはない。

 

見つかったら税金払えばいいんでしょう、で、世の中収まると思ったら大甘もいいところである。ここは自民党もしっかりと追及の手を緩めず、元与党の意地を見せて欲しい。また検察庁も不起訴などと弱腰になることなくトコトン、事の詳細を明らかにして欲しい。

 

そして鳩山由紀夫首相には「政治家にとって言葉は命」であることを初心に帰り、問い直して欲しい。一度、口にした言葉は決して消えぬし、国民はそれを忘れない。加藤紘一議員の資金管理団体からの資金流用疑惑について「議員辞職を」とまで迫った鳩山議員である。そして、加藤紘一議員は政治不信の念を国民に抱かせたとして、そのとき、衆議院議員を辞職している。鳩山首相が洞ヶ峠を決め込むなどと考えているとすれば、彼の政治家としての言葉に命はないと、今後、国民は考えるだけである。

 

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

彦左衛門

livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ