彦左の正眼!

世の中、すっきり一刀両断!で始めたこのブログ・・・・、でも・・・ 世の中、やってられねぇときには、うまいものでも喰うしかねぇか〜! ってぇことは・・・このブログに永田町の記事が多いときにゃあ、政治が活きている、少ねぇときは逆に語るも下らねぇ状態だってことかい? なぁ、一心太助よ!! さみしい時代になったなぁ

金メダル

キムヨナの金メダルと浅田真央の銀メダル


バンクーバー冬季オリンピックもいよいよ終盤。冬季オリンピックの華といわれる女子フィギュアースケートの競技が26日(日本時間)に終了した。韓国のキムヨナ選手と浅田真央選手の闘いが注目された。

 

結果は、キムヨン選手の228.56点の金メダル、浅田真央選手の205.50点の銀メダルに終わった。

 

実況で観ることはできなかったが、夜に録画番組で両人の演技を堪能した。結果を知ったうえでの、観戦であったのでLIVEの緊張感と臨場感がなく、そのお蔭で採点結果についても、うん?という感じは持ったが、キムヨナ選手の流れるようなスケーティングや感情豊かな表現力に素直に素晴らしいと拍手を送った。

 

それと同時に、浅田真央選手もSPでの5点近い差を逆転し、金メダル奪取を目指した2回のトリプルアクセルへの挑戦と成功は、その精神力の強さに加え、高度な技術力を示したもので正直、頭が下がる。

 

両人の試合前、試合後のインタビューなどその態度は、どこかの国の政治家の政治とカネの問題への対応の見苦しさと較べると、その覚悟のあり方において、見習うべき点が多いと感じた。加えて、共に国民を代表する立場にある人間としての格の大きな違いを感じさせられ、情けない気持ちになった。


キムヨナ選手も浅田真央選手も、まだ成人前の19歳である。それをつい忘れてしまうほどに、この両人の勝負に向かう姿勢とその結果を受け入れた毅然とした態度に、頭が下がった。

 

キムヨナ選手の言葉で心に残ったのは、「金メダルを逃した時、その事態を受け入れる心の準備はできている」といった主旨のことを語った試合前の記者会見の言葉である。

浅田真央選手については、試合翌日の「日本に帰って、多くの人にメダルに触ってもらいたい」という主旨の言葉と「また来たい。悔いも残ったし、悔しい思いもある。すごくいい舞台だなと思った」という、明日を見つめる視線の高さと気持ちの切り替えに、脱帽したのである。

 

両名の「いくさ人」としての心映えに、試合での名演技以上に感服したものである。

荒川静香選手フィギュアー金メダル万歳!5

 荒川静香選手フィギュアー金メダル万歳!

 荒川選手の演技は見事であった。素人目にもロシアのスルツカヤ、米国のコーエンと較べて、荒川選手の滑りは美しく優美に見えた。フィギュアースケートと云えば、夏季オリンピックで云う陸上100メートル競走にあたる競技の最大演目、注目競技である。その花形競技で堂々とした演技で金メダルを手にした。二月十日に開会したトリノオリンピックだが、この2週間ほどの鬱屈した気分が一挙に吹き飛んだ。  

 日本のメディアが視聴率獲得という報道の使命から外れた目的の為に、事前に垂れ流されたメダル期待の報道の嵐には辟易としたが、開会後、その無節操な事前報道が確かな情報分析に基づかぬ「視聴率」の「為にする」報道であったため、開幕後の国民のしらけ方は尋常ではなかった。今後、こうした報道は全て眉唾、メディアが唾棄してきた大本営発表と寸分違わぬ報道姿勢であったことを我々は今回、目の当たりにした。今後、この点は充分肝に銘ずべきところであろう。  

 NYTimesでは、抑々、日本のメダル獲得はスピードスケート500メートルとフィギュアーの銅メダル二つとの予想があったが、自国には甘くなるとはいえ、確実な情報分析もせずに悪戯に期待感だけを煽る日本の報道機関のはしゃぎ過ぎは目に余るものがあった。報道とは何か、彼らが何かと云うと振りかざす「国民の知る権利」とは何かを考えるべき時期に来ていると、今回のオリンピック報道を見ていて本気で思わずにいられなかった。

 まず国民に冷徹なFactを知らせて欲しい。判断は場合によっては国民自身が行う。報道機関に誘導してもらう必要はこれっぽちも思っていない。  

 ただ、そうした下らぬメディアの報道とは関係なく、この金メダルは素直にうれしい。荒川選手にありがとうと云いたい。恵まれた素質だけでは駄目で、やり続ける意志力の強さとたゆまぬ努力があれば世界のトップの座につけることを今の日本人に彼女は教えてくれた。どんな報道の言葉より、表彰台に立った彼女の笑顔こそがそのことを我々に強烈に伝えてくれた。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

彦左衛門

livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ