彦左の正眼!

世の中、すっきり一刀両断!で始めたこのブログ・・・・、でも・・・ 世の中、やってられねぇときには、うまいものでも喰うしかねぇか〜! ってぇことは・・・このブログに永田町の記事が多いときにゃあ、政治が活きている、少ねぇときは逆に語るも下らねぇ状態だってことかい? なぁ、一心太助よ!! さみしい時代になったなぁ

証券取引法違反

「実刑」と「執行猶予」、ライブドア判決が語る司法の驕った目線(上)5

「実刑」と「執行猶予」、ライブドア判決が語る司法の驕った目線(上)

16日、証券取引法違反の罪に問われた堀江貴文被告に対する判決が、東京地裁により下された。罪状は「有価証券報告書の虚偽記載」と「偽計・風説の流布」の二つ、その罪は懲役26月の「実刑」であった。

 

 最近、証券取引法違反で大きく取り扱われたものとして、西武鉄道、カネボウそして日興コーディアルの事件がある。

 

 西武鉄道は20041217日に上場廃止となった。東証はその廃止理由えお記載し、それに(注)として、「(株)コクド等が実質的に所有する個人名義株式の存在が判明したとして、西武鉄道(株)が有価証券報告書等の訂正を行った件について、同社に報告を求めたところ、本件株式は少なくとも昭和32年頃から継続して存在し、その数量は株式の分布状況に係る上場廃止基準に定める要件(少数特定者持株数比率80%以下)に抵触する水準に及ぶなど投資判断の基礎となる重大な情報に誤りがあったことが認められ、また、こうした事態は、同社の内部管理体制等組織的な問題に起因するものと認められたことなどから、同社株式の上場廃止を決定したものである」と、異例の注意書きを付け加えた。

 

 またカネボウは2005613日に上場廃止となった。その廃止理由は「株券上場廃止基準第2条第1項第11号a(上場会社が財務諸表等に「虚偽記載」を行い、かつ、その影響が重大であると当取引所が認めた場合)及び同号b(上場会社の財務諸表等に添付される監査報告書において『意見の表明をしない』旨が記載され、かつ、その影響が重大であると当取引所が認めた場合)に該当すると認めたため」と、西武鉄道と若干の違反項目の違いはあるもののほぼ同文となっているが、西武鉄道のような「注意書き」は添えられず、通常の上場廃止告示の定型文であり簡素なものである。

 

 日興コーディアルにいたってはつい先日、上場維持が決定したばかりである。東証の監理ポスト割当ての解除理由は「株券上場廃止基準第2条第1項第11号a(上場会社が有価証券報告書等に『虚偽記載』を行い、かつ、その影響が重大であると当取引所が認めた場合)に該当しないと認めたため」と、影響は大きくないとの判断であった。

 

 そしてライブドアは2006414日に上場廃止となった。その廃止理由は定型文につづき、西武鉄道と同様に注意書きがある。長文になるが、重要な事柄が含まれているので東証の「お知らせ」をそのまま転記する。

 

「(株)ライブドア及び同社元代表取締役等5名が、証券取引法違反(虚偽記載)の嫌疑で証券取引等監視委員会により告発された件で、同社は、平成16年9月期連結財務諸表について、経常損失を計上すべきところを多額の経常利益を意図的かつ組織的に計上したものとされている。これは、その金額において重大であり、投資者の投資判断にとって重要な情報を故意に偽った点で悪質であり、これを組織的に行った点で上場会社としての適格性を強く疑わざるを得ないものである。また、同社及び同社元代表取締役等4名が、証券取引法違反(偽計取引及び風説の流布)の嫌疑で同委員会により告発され、東京地方検察庁により起訴された件で、同社は、子会社等と共謀の上、自らの利得を企図して、子会社の株価に影響を及ぼす等の目的で虚偽の事実を公表し、あるいは公表すべき事実を公表しなかったとされている。さらに、同社の平成18年9月期第1四半期に係る四半期財務諸表等については、監査法人は意見表明の手続が実施できなかったとして結論を表明していないうえ、同社株式については、開示注意銘柄への指定を行っているものの、未だ重要な会社情報についての開示が十分になされたとは到底いえない状況である。こうした状況は、投資者の証券市場に対する信頼を著しく毀損するものであると認められる」

 

 さて西武鉄道は「注意書き」にあるが、約半世紀にもわたって実際は上場基準に満たぬ少数特定者持株数比率をあたかも基準以上にあるように偽装してきた。西武鉄道は言うまでもなく公共交通機関を運営し、傘下に西武ライオンズという子供たちに夢を与える球団を抱えるなど著名な大企業である。H183月期の連結売上高は4346億円、連結経常利益は119億円と、営業規模も大規模な実績を誇る会社が、株式市場を50年間もの長きにわたり欺瞞しつづけてきた。本来上場されているはずのない企業の株式が、50年間にわたり、東証の市場で日々取引きされてきたのである。

 

 加えて西武・コクドグループを率いるワンマンオーナーであった堤義明氏は、逮捕前は西武ライオンズのオーナーや日本オリンピック委員会の会長を歴任するなど要職を務め、米経済誌「フォーブス」で世界一の大富豪と紹介されるなど、日本の政財界にも幅広い影響力を有する実力者であった。

 

 またカネボウにいたっては今から120年前に創立され、戦前戦後を通じて日本産業の中核にありつづけ、経済成長の一翼を担ってきた堂々たる名門企業である。その由緒ある大企業が債務超過を免れるために2年間で約800億円もの粉飾決算を行ったのである。ちなみに粉飾額訂正後の20033月期の連結売上高は5184億円、連結経常利益50億円(債務超過2180億円)の規模であった。

 

下に続く

 

日興コーディアルとライブドアの検察の動きの差は何?4

 

堀江貴文被告が26日、東京地裁公判で「私は無罪」との最終意見陳述を行なった。公判前整理手続きが適用された公判は昨年9月から約5カ月でのスピード結審となった。堀江被告が「一回も任意の取り調べを受けず、突然逮捕された」と述べたように、ライブドアの証券取引法違反摘発における検察の動きには、その後の公判の進め方も含めて目を見張らせるほどのスピード感があった。

 

その一方で不可解なのが、昨年12月18日に証券取引等監視委員会が金融庁長官等に対し証券取引法第172条に基づく処分として「課徴金納付命令を発出するよう勧告」を行なった日興コーディアルグループの187億円もの利益水増し事件における検察の動きである。同種のライブドア事件でこれほど素早い動きを見せた東京地検の動きが、ことコーディアルに関してはなぜか鈍いというか、まったく見えてこない。その差はいったい何なのか。そして大手メディアもなぜかこのところコーディアル事件を取り扱うことが少なくなった。まるでみんなで静かにこの事件を忘れ去ろうとしているかのようである。

 

こうなってくると、あのおそろしい東京地検がここまで静かなのが逆に嵐の前の静けさなのかと何か不気味ですらある。粉飾の規模、資本市場の重要構成員たる証券大手としての社会的責任の重み、いずれをとっても日興コーディアルの事件はライブドアの比でないことは明白である。検察の動きが表に現われ出るのには、あとは組織的犯罪か否かの判断でも必要なのだろうか。しかしこれだけ多額の粉飾決算を一人の人間だけで行なえると考えるほうにかなり無理があるとわたしには思えるのだが。何が検察からスピードを奪っているのか?

 

本当に今回の検察の動きとその意図は分かりづらいし、不可解である。「法の下の平等」という分かりやすい原則を早く検察は国民に示して欲しい。しかしそれにしても遅過ぎる。ライブドア事件の結審の報に触れ、ことさらにその感が強くなってきた。

村上世彰氏逮捕に覚えた漠たる不安3

「村上世彰氏逮捕に覚えた漠たる不安」

 

『東京地検特捜部は5日夕、証券取引法違反(インサイダー取引)容疑で、「村上ファンド」代表の村上世彰(よしあき)容疑者(46)を逮捕し、証券取引等監視委員会と合同で東京・六本木ヒルズの村上ファンド事務所など約10カ所を家宅捜索した。』(産経新聞2006.6.5

 

123日の同特捜部によるホリエモン逮捕に続き、65日、とうとう村上ファンドを率いる村上世彰氏が逮捕された。ここ数年、市場の成功者、改革の旗手として日本中を賞賛の嵐で席捲した時代の寵児が、相次いで地検特捜部に逮捕されるという異常な事態となった。

 

両名の証券取引法違反による逮捕は、ここ数年、花よ蝶よと持て囃されたヒルズ族に対して捜査当局の頂門の一針、一罰百戒的な懲罰のように思えてならない。同じ罪状での逮捕だが、どうも巨魁は村上氏であって、その意味で堀江貴文容疑者(33)の場合に、捜査当局の恣意性を強く感じた。村上氏に辿りつくための逮捕ではないのか・・・。

 

勿論、法を犯した罪は厳しく罰されねばならぬ。しかし、法の適用と執行は公平かつ公正でなければならぬ。最近の地検や地裁の司法行為・判断に対して、強く大衆を意識した「ポピュリズム」の匂いを感じるのは、果たしてわたしだけだろうか。こうした市民感情を意識した権力を恣意的に使う傾向は、当然、是正をせねばならぬし、阻止せねばならぬ。戦前の司法界やマスメディアが、ポピュリズムを巧妙に利用し、相乗効果的に国策遂行に力を貸していった暗い歴史を有する日本である。

 

日本人の血の中に、「権威に対する崇敬の念」というDNAが、抗しがたく存在していることをわたしたちは決して忘れてはならない。時代がそうした坂道をゆっくりとではあるが、下っていっているように思えてならない。堀江・村上両氏の逮捕劇を見て、正に、「漠たる不安」を感じることを禁じえない。

最新記事
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

彦左衛門

livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ