彦左の正眼!

世の中、すっきり一刀両断!で始めたこのブログ・・・・、でも・・・ 世の中、やってられねぇときには、うまいものでも喰うしかねぇか〜! ってぇことは・・・このブログに永田町の記事が多いときにゃあ、政治が活きている、少ねぇときは逆に語るも下らねぇ状態だってことかい? なぁ、一心太助よ!! さみしい時代になったなぁ

裁判の迅速化

光市母子殺害事件の最高裁自判回避に不満4

「光市母子殺害事件の最高裁自判回避に不満」

 

 99年に光市で起きた母子殺害事件に、最高裁第三小法廷(浜田邦夫裁判長)は20日、無期懲役とした二審・広島高裁判決を破棄し、審理を差し戻す判決を下した。浜田裁判長(退官)と上田豊三、藤田宙靖、堀籠幸男の各裁判官の4人全員一致による結論であったということだ。

 

 法曹界では現在、裁判の迅速化・裁判員制度の導入(h21.5までに施行)など平成11年7月に内閣に「司法制度改革審議会」が設置されて以降、司法制度改革は「法制面の整備」においては着々と進められていると言ってよい。

 

95年に起きた凶悪なオームサリン事件において、首謀者である松本智津夫被告の一審死刑判決(04.2)まで9年もの歳月を費やし、あまりにも悠長な裁判審議に世論の批判が集中した。そうした、国民の苛立ちが改革の後押しをしたといってよい。もちろん、冤罪(えんざい)を避けるために慎重な証拠固めや証人からの証言の聴取などやるべきことをやるのは当然であるが、それこそ限度、世間の常識というものがあってもよいのではなかろうか。

 

 そのバランス感覚からいって、無差別テロ事件であることがはっきりしているオーム裁判に、何故、これほどの公判回数が必要なのか、審議時間の長さは異様であり、無意味である。

 

司法にズブの素人であるわたしが、あまり無責任なことを言ってはいけないが、「世間の常識」というものは存外、庶民の公正なバランス感覚によって構成されていると思う。国政選挙での与党圧勝の次は、野党が議席数を回復するといった意図せざる平衡感覚が今、現在の国民には存在しているように思われる。

 

 今回、光市の、当時18歳1ヶ月であった少年による強姦致死という痛ましい事件において、最高裁判決は、やはり、世間の常識からいって「そこまで(元少年の責任は誠に重大で、特に酌むべき事情がない限り死刑を選択するほかない)言うのなら、何故、審理差し戻しなのか、何故、最高裁が自判(じはん)しないのか」と、首を捻らざるを得ない。TVなどでは、一応、高裁で「更生の可能性についての審議を深める必要」ということだといった解説がなされているが、最高裁は「(二審判決の)量刑(無期懲役)は甚だしく不当で、破棄しなければ著しく正義に反する」とまで言い切ったのである。世間の常識であれば、自判で「死刑」の判決が下されるのが自然であると思える。

もう一方で鋭意、進められている「裁判の迅速化」の観点から、それは当然なされねばならぬことだと考える。最高裁自らがその範を垂れずして、何が司法改革か。審理差し戻しであれば、逆に「量刑(無期懲役)は甚だしく不当で、破棄しなければ著しく正義に反する」とまで言い切れない何かが、それまでの公判のなかに残されている、審議不充分であると判断したのだと、世間のわたしたちは考えてしまうのだが、実際はどうなのであろうか。

 

 今回の最高裁の自判回避には、最高裁は「庶民の感情に媚を売り、だが、審議はどうも不充分である、もう少し進めなさい。自ら手は下したくない」と、その姿勢は、どう考えても責任回避としか見えてこない。法の番人の頂点にある最高裁自らがそうしたポピュリズムに陥っているとしたら・・・、この国の将来ははなはだしく暗い。本村洋氏の「ここまで7年。これから高裁へ戻され、また上告して最高裁へ。どれだけの歳月が流れるのか」「無期懲役を最高裁が妥当と思わないのなら、差し戻しでなく自ら死刑判決を下してほしかった」との述懐の言葉をわれわれは極めて重く受け止めねばならぬ。大きな不満の残る判決であった。

 

司法改革―市民のための司法をめざして

裁判の迅速化の光と影---豪憲君事件に思う3

「司法改革――裁判の迅速化の光と影」

 

 今朝(4日午前6時前)、秋田県で起きた米山豪憲君(7歳)殺害事件において、「能代署捜査本部が、殺人、死体遺棄容疑で同じ団地に住む女性の実家などの捜索を開始、女性からも事情を聞いている」とのテロップがTVで流れた。

 

 この女性は、ネットや週刊誌、タブロイド紙などにおいて疑惑が取りざたされていた人物であろう。この事件の真相解明は当然、これから警察、検察当局にまかせることになるが、わたしが本件でもっとも懸念したのは、「冤罪発生の危険性」「大衆による人民裁判」という暗黒の問題である。

 

 わたしは530付けで「豪憲君事件に見るメディアの人権意識の本性」http://app.blog.livedoor.jp/hero1945/tb.cgi/50090390

というタイトルで、今回の捜査の過程で人権を無視した報道機関の取材姿勢について批判を行なった。どんな理由があったにせよ、捜査当局が何の公表もしていない人物を、あたかも容疑者としてその逮捕の瞬間でも撮ろうと、家の前でカメラの放列を敷いていることに、「冤罪」「魔女狩り」「人民裁判」という忌まわしい言葉が頭をよぎってしかたがなかった。

 

 事は一人の人間の一生に関わる問題であり、万が一、間違っておれば取り返しのつかないことになるのは必至であるからである。その人の人生を葬り去るに等しい危険性をはらんでいるからであり、そうした権利は何人たりとも有していないと思っているからである。

 

 そこで、冒頭のテーマになるのだが、司法改革の一環として2003年7月9日に成立,同年7月16日に公布・施行された「裁判の迅速化に関する法律」(http://www.kantei.go.jp/jp/singi/sihou/hourei/jinsokuka.html

の抱える光と影について、最近の事件とあわせて取り上げてみたい。

 

 そもそも検察当局は、事件の立件までには、自分のペースでじっくり時間を掛けて用意周到な準備を行なう。そして、容疑者を拘束、取調べを行い、逮捕にいたる。それから裁判手続きに入る。その場合に、迅速化の名の下に「容疑者」の弁護を行なう弁護側が検察当局と時間的な面で対等・同等な条件をもてるのだろうかという疑問がわたしの頭から離れない。

 

先般の山口県光市の母子殺害事件における被告弁護士の安田好弘氏の対応には、社会からの批判が集った。わたしも同氏の記者会見の様子を目にして、弁護士の本分をこの人は取り違えているのではないかと憤った一人であり、原告の本村洋氏の心中は如何ばかりかと心を痛めた。

 

しかし、事件の真相究明とそれに則した償うべき刑罰を判断し、判決として下すのが裁判である。当然、罪を犯したものはその償いとしてその刑に服さねばならぬ。仮に、判決が死刑であったとしても、従うのは法治国家にある国民として当たり前のことである。ただ、それは憲法第32条で保障されている「何人も、裁判所において裁判を受ける権利を奪はれない」という公正な手続きに基づき裁判を受けた結果としての判決に服するということである。

 

15施行の「裁判の迅速化に関する法律」の弊害として、今回の光市の母子殺害事件の公判のあり方で、万が一、弁護側にこれまでの公判記録や新たな事実検証等の時間がないが故に、被告人弁護にハンディが生ずるとしたら、これは別の意味で大きな問題だと言わざるを得ない。「迅速化」の影の部分に思いが至った時に、安田弁護士の記者会見を感情的側面だけで判断すべきではないと、思い始めたのである。

 

迅速化というお題目の下に、場合によっては「冤罪」を引き起こす種が生まれる危険性が包含されている。言うまでもなく、光市事件の被告は自らがその事件を引き起こしたことを言明しており、その犯行は人間の尊厳を踏みにじる冷酷卑劣な行為と断じるべきであるが、裁判の迅速化という時代の要請が、「冤罪」という決して起こしてはならぬ過ちを惹起する危険性をはらんでいることを、わたしは忘れてはならぬと考えている。

 

「裁判の迅速化に関する法律」の施行により、既に検察側と弁護側が公判前に争点を絞り込む「公判前整理手続き」が開始されている。そして3年後に導入が予定されている「裁判員制度」を展望した時に、「裁判の迅速化」という光の部分のみでなく、その影の部分(弁護側の準備不足・一般裁判員がホットな状況のまま、心情的な判断をしてしまう危険性など)に、充分に配慮した公正な公判指揮がなされるべきだと考えている。特に、今回の豪憲君事件の報道機関の決め付けに似た取材姿勢を聞くにつけ、その思いを強くするのである。

 

 

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

彦左衛門

livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ