彦左の正眼!

世の中、すっきり一刀両断!で始めたこのブログ・・・・、でも・・・ 世の中、やってられねぇときには、うまいものでも喰うしかねぇか〜! ってぇことは・・・このブログに永田町の記事が多いときにゃあ、政治が活きている、少ねぇときは逆に語るも下らねぇ状態だってことかい? なぁ、一心太助よ!! さみしい時代になったなぁ

緑響く

御射鹿池(みしゃかいけ)−−新緑の候5

御射鹿池(みしゃかいけ)−−−蓼科散策

湖面と森の新緑のシンメトリー

御射鹿池---紅葉の候

御射鹿池---2009年盛夏の候

2010年、御射鹿(みしゃか)池の紅葉、見頃は10月23日

 

 

御射鹿池1

御射鹿池2

御射鹿池4

 

 

 

 汀に白樺の樹が       湖面に新緑の山容   堤にクローバーも

 東京国立近代美術館で3月29日から5月18日まで開催された「生誕100年 東山魁夷展」で、森と白馬と湖という構図の幻想的な名画を直接、この目で観た。そのときこのような風景が実際にこの世界に存在するのだろうかといたくこの「緑響く」というタイトルに興味をそそられた。

 そしてこの風景のモデルが奥蓼科にある御射鹿池という小さな湖であることをそのとき知った。

 御射鹿池はビーナス街道と大門街道の交差点である芹ガ沢から奥蓼科温泉に向かう湯みち街道(県道191号線)沿いの標高1528mの高処にある。その県道をもう少し行った突き当りが奥蓼科温泉郷のひとつ、渋の湯温泉である。

 湖畔に立てられた説明板によれば、「みしゃかいけ」とも「みさかいけ」とも呼ばれる御射鹿池は、昭和8年、人工的に造られた湖水面積1.3ha、水深8mの農業用温水ため池であるとのこと。人造湖といいながらすでに75年という時間が経過しており、周囲の自然と一体となった風景は本当に素晴らしいのひと言である。

 われわれ夫婦がたどり着いたとき、三脚を抱えたひと組のご夫婦がいるのみであった。車を止めて軽く会釈をすると、もう充分にこの美しさを堪能されたのか、われわれに「静寂」という「時間」を譲ってくれた。

御射鹿池6

御射鹿池7

御射鹿池8

 

 

 

  静寂         鏡のような湖面        湖面をわたる微風

 時折聴こえる鳥の啼き声が、逆に、絶対的な「無言(しじま)」を感得させる。そしてそよ風にわずかに乱れる透明な湖面に新緑が鮮やかに映る。その美しさに魅了され、夢の世界へといざなわれたわたしは、水底まで見通せる湖面から新緑の命の息吹がまるで匂い立ってくるように感じられたのである。

「緑響く・・・」、そう、新緑の匂いがまるでわたしの全身を打ってくるように思えたのである。

流れ出す湖水

御射鹿池5

清澄な湖水

 

 

 

 湖からは清らかな疏水が実りを生むべく勢いよく流れ出ていた。その「動」に触れることで、わたしはようやくこの一幅の絵画が現実の風景であることを知った。

 そして御射鹿池が醸し出す雰囲気は何度も足を運び、そこに身を横たえたくなる「日本の精神世界」、「日本の心」を感じさせてくれる場所であると確信した。

人気ブログランキングへ

東山魁夷四季の彩り (日経ポストカードブック)

 

 

 

蓼科幾歳月

見逃すな東山魁夷展、5月18日(日)まで5

見逃すな東山魁夷展、518日(日)まで

生誕100年記念

 

東山魁夷展大看板

近代美術館外観

館内吊り看板

 

 

 

 

 

 

 東山魁夷展玄関看板 近代美術館外観  展覧入口吊り看板

 

 

 生誕100年を記念して、東京国立近代美術館で開催されている東山魁夷(19081999)展を観に行った。東山画伯の本制作101点、スケッチ・エチュード53点、総計154点もの作品が展示されている最近では稀で豪奢な展覧会であった。

 

キップ購入に列ぶ客

美術館表札

近代美術館モニュメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 チケット購入に列ぶ客 美術館入口表札  前庭のモニュメント

 

 誰もがどこかで一度は見たことのある画伯の代表的絵画が、これほど一堂に会し、展示されたことはこれまでなかったのではないだろうか。それほどに今回の展覧会には度肝を抜かれた。そして二時間余の鑑賞を経て館内から出たときには、目はショボショボ、足は棒のようになったが、それは心地よい疲れにわたしには思われた。

 

 京都の円山公園のあの豪勢な枝垂桜と満月を描いた「花明り」、奥蓼科の御射鹿池(みしゃかいけ)をモデルとした森と白馬と湖というあまりにも有名な構図の「緑響く」。そして画伯の名を世に広めた八戸市種差(たねさし)海岸の真っ直ぐに伸びる「道」、出世作の「残照」などなど、魁夷の代表作が会場内を歩く先に次々と表われ出でて来る様は、何と表現してよいのか、押し寄せてくる波のような驚きと興奮の連続劇であり、本当に身も心もクタクタになるほどに疲れ、痺れ切った展覧会ではあった。

 

 そして展示の一番最後に、ドカーンという衝撃がわたしを待ち受けていた。階上(2階)に展示されていた唐招提寺の襖絵である。同寺より御影堂宸殿の間の襖絵(一部)をお借りしてきたということである。5月9日に同寺を訪問される中国の胡錦濤国家主席は、その名前の一字である「濤」をふくむ画題「濤声(とうせい)」(部分)(12面/16面)と水墨の「揚州薫風」(26面/26面)の襖絵をご覧できぬことになり、「日中友好」の盛上りに水を差さなければよいがなどと、ついつまらぬ心配などした。岩絵の具で打ち寄せる荒波を描いた一面の水浅葱(あさぎ)色の「濤声」の迫力と墨の濃淡だけで風の勢いを実感させる「揚州薫風」にはただただ、その筆力に圧倒されるばかりであった。

 

東京での開催は518日(日)まで、残りあと一週間ほどとなった。今からでも遅くない、是非、鑑賞に行かれることをお奨めする。木・金・土曜日は午後8時まで開館(通常5時)されているので、会社帰りに立ち寄ることが可能である。なお、512日(月)は休館日なのでご注意を!

また、次の巡回先は長野県信濃美術館東山魁夷館で712日(土)〜831日(日)のひと月半にわたって開催される。

芸術新潮 2008年 05月号 [雑誌]

東山魁夷の世界
 画題:花明り
東山魁夷 青の風景
 画題:夕星
 
 
もっと知りたい東山魁夷―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)
 画題:道
 
東山魁夷への旅
 画題:緑響く

 

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

彦左衛門

livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ