彦左の正眼!

世の中、すっきり一刀両断!で始めたこのブログ・・・・、でも・・・ 世の中、やってられねぇときには、うまいものでも喰うしかねぇか〜! ってぇことは・・・このブログに永田町の記事が多いときにゃあ、政治が活きている、少ねぇときは逆に語るも下らねぇ状態だってことかい? なぁ、一心太助よ!! さみしい時代になったなぁ

竹中平蔵

似非学者・変節漢中谷巌とNHKのお粗末さ5

似非学者中谷巌とNHKのお粗末さ

 

 中谷巌氏はかつて市場原理主義を標榜し、小渕内閣(1998/7-2000/4)時代の首相諮問機関である「経済戦略会議」の議長代理を務めたほか政府の委員を多く務め、諸々の規制緩和を行なうにおいて学者・有識者として政府にお墨付きを与える役割を果たし、大きな影響力を持った人物である。

 

その人物を129日の午後9時のNHKニュースがとりあげた。中谷巌という経済学者が、かつての自説は間違いであったとして懺悔の書を出版したという「間違いを認める潔さ」を称賛するような内容であった。わたしはこのニュースに接し、冷静さを失い、憤りを覚えてこの文章をしたためている。

 

中谷巌氏は、1994年に『経済改革のビジョン 「平岩レポート」を超えて』(東洋経済新報社)を大田弘子氏(当時大阪経済大学助教授・元経済財政政策担当大臣)とともに著し、市場原理主義を徹底的に推進することを謳ったのである。

 

わたしは学者として未だ存在していることすら許せぬと考えているその男が恥も外聞もなく、何の衒(てら)いもなくテレビに顔を出したことに驚きを隠せなかった。己の犯した過ちが、国民を塗炭の苦しみに陥らせていることに、本当に自戒の念を覚え、断腸の思いであるのであれば、本来、学者という肩書、活動すら止めて、隠遁でもするのが筋ではないのか、そう思っているからである。

 

それが、こともあろうに公共放送NHKに出演。あ〜ぁ!天を仰ぐしかない。

 

この男はいま、「『資本主義はなぜ自壊したのか〜「日本」再生への提言』(集英社2008年、まえがき)や『小泉改革の大罪と日本の不幸 格差社会、無差別殺人─すべての元凶は「市場原理」だ』(『週刊現代1227日・0103日号、20081215日発売)の中で、過去に自分が行っていた言動(アメリカ流の新自由主義市場原理主義、グローバル資本主義に対する礼賛言動、構造改革推進発言など)を自己批判し、180転向したことを宣言した上で、小泉純一郎の行った構造改革を批判している。」(Wikipedia)のだそうだ。

 

あんたが言った事でこんな結果になったんだよ。「資本主義はなぜ崩壊したのか」の印税は、当然、派遣切りや中小企業の資金繰りのために拠出するのでしょうね。そうでもしなきゃ〜、わたしの腹の虫は治まらぬ、いや、世間、いやお天道さまも許しゃ〜しない。

 

本当に、今夜、したり顔のあんたの顔さえ見なければここまで激昂することもなかったんだけれどもね。・・・

 

まぁ、そのことを、こともあろうに公共放送のNHKが、さも過ちを潔く認め自己批判した見識ある人物のように報道したことに、無性に腹が立ったのさ!

「(市場原理主義の徹底による規制緩和の推進の結果)格差がここまでくるとは考えられなかった。学者として不勉強であった」といった趣旨のことを、いけしゃ〜しゃ〜とTVで述べたこの男の厚顔無恥、無節操さを目にして、怒髪天を衝く心理状態になったってわけ。

 

その当時、分野を問わず規制緩和を推し進めることの恐ろしさは、政治的無欲な経済学者、いや一般社会人ですら分かっていた。わたしもメディアの人間に行き過ぎた市場原理主義は危険であることを、事あるごとに訴えたものである。

 

現在問題となっている医療や年金、福祉といった社会保障制度におけるセーフティーネットの綻びも、言って見れば、中谷巌、竹中平蔵、大田弘子、宮内義彦といった規制緩和推進論者、換言すれば拝金主義者が、そうした分野(競争原理にそぐわぬ分野)にまで強硬に推し進めた結果であると言ってよい。

 

その元凶たちは中谷氏を始めとして今もって、ゆうゆうと生き伸びている。もちろん、派遣切りなどされず、社会的地位は盤石である。

 

ただ、公共放送が何の評価軸、見識もなく、現在の悲惨な社会をもたらすことに大きな力を貸した中谷巌氏の自己批判、自ら過ちを認めたことを大きく評価するスタンスでニュースを構成した意図が分らぬし、許せないのである。

 

何度も言うが、なぜ、この人物の著書を敢えてとりあげるのか!

 

変節することで彼はまた学者なり知識人としてのステータスを保つことになる、そのことに天下のNHKがお墨付きをわざわざ与えた今夜の報道にNO!!!を突き付けざるを得ないのである。

 

この荒廃した社会をもたらした犯人は誰だ! 

 

小泉純一郎、竹中平蔵、そして中谷巌、大田弘子・・・

 

なんの意図があって、こんな報道をおこなったのか。中谷巌氏が出演したのは、今後の自分の社会的位置取りを決める上で、この上ない好機と見て、欣喜雀躍したに違いないのである。お粗末極まりないぞ、NHK!!!

小泉施政五年の総括ーー経済政策の無策2

「小泉施政5年間の総括――経済失政ぁ

 

,砲發匹

 

 2001425日の日経平均株価は13,828円であった。翌日、小泉純一郎衆議院議員は衆参本会議の議決において第87代内閣総理大臣に指名された。この日、後世、「小泉の海図なき改革」と呼ばれることになろう時代の幕が開いた。

 

 第一次内閣で、改革の目玉として竹中平蔵慶応大学教授を国務大臣、経済財政政策担当大臣に任命した。同氏は1984年に東洋経済新報社から出版した「研究開発と設備投資の経済学」によりサントリー学芸賞を受賞したTVでお馴染みのタレント学者であった。ただ、同氏を世に送り出すことになった受賞作の内容は、開発銀行時代の同僚である鈴木氏と共同研究した論文を中心とするものであり、鈴木氏の承諾なく竹中氏の名前のみで出版され、それが受賞対象となったと当時の関係者は語っていると云う。一部週刊誌でもこの問題が取り上げられたこともある。

 

 そうした学者としては自殺行為に等しいことを行なった可能性が濃厚である人物を、小泉総理は「経済財政政策担当大臣」という新しい国務大臣に抜擢した(もし、それが事実であれば人間としても倫理上、許されることではないことはもちろんである)。そして、20011月(森内閣)に初会議が開かれた経済財政諮問会議を宰領する経済財政担当大臣に、小泉内閣の閣僚として同氏が就任した。

 

 同年621日には、初めての「経済財政運営及び経済社会の構造改革に関する基本方針」いわゆる「骨太の方針」が決定された。次に各年の「骨太の方針」を列記する。改革という名のもとに、国民が「小泉総理」に身を焦がしたその骨太に掲げたお題目が、現在、どのような結果となっているのか。分かりやすい所から、総括を始めていきたい。まず、前回掲載した冷厳な経済指標の実績と、以下の骨太の方針をじっくりと見比べて欲しい。「改革」に踊り、「改革は国民の痛みを伴う」に納得して、痛みをこらえてきた従順な国民にこれから小泉劇場が結果として何をもたらしてくれたのかを、順を追って詳らかにしていきたい。

 

2001年度〕(竹中大臣)

    2003年度まで(のちに2004年度まで)を成長なしの集中調整期間とし、それ以降の経済成長を軌道に乗せることを主眼とする

 

        国債発行30兆円以下

        不良債権処理の抜本的解決

        郵政民営化の検討

        5年間での530万人の雇用創出

 

2002年度〕(竹中大臣)

          2010年代初頭に国と地方を合わせた基礎的財政収支(プライマリーバランス)黒字化を目指す

 

2003年度〕(竹中大臣)

        「三位一体改革」で地方補助金を4兆円削減し一定割合を税源移譲

        一般小売店での一部医薬品販売など規制改革の推進

 

2004年度〕(竹中大臣)

        地方へ3兆円税源移譲

        2005年に郵政民営化法案提出

        社会保障制度見直し開始

        デフレからの脱却を確実なものとする

 

2005年度〕(竹中大臣)

        政府のODAの戦略的拡充

        公務員の総人件費削減・定員の純減目標

        市場化テストの本格的導入

 

2006年度〕(与謝野大臣)

    成長力・競争力の強化

        アジア諸国を中心とした経済連携協定(EPA)交渉の促進

        3年間で100のモデル商店街を選び、中小小売業を重点支援

 

    財政健全化

        2011年度に国・地方の基礎的財政収支を黒字化(必要対応額=16.5兆円、歳出削減策=11.4兆〜14.3兆円)

        10年代半ばに国・地方の債務残高の対GDP比を安定的に引き下げ

        社会保障の安定財源として消費税を検討

        国の資産を約140兆円規模で圧縮

 

    安全・安心の確保など

        フリーターにも国家公務員への就業機会を提供

        正規・非正規労働者間の均衡処遇を目指す

        少子化対策の抜本的な拡充、強化、転換

 

イ砲弔鼎

 


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

彦左衛門

livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ