彦左の正眼!

世の中、すっきり一刀両断!で始めたこのブログ・・・・、でも・・・ 世の中、やってられねぇときには、うまいものでも喰うしかねぇか〜! ってぇことは・・・このブログに永田町の記事が多いときにゃあ、政治が活きている、少ねぇときは逆に語るも下らねぇ状態だってことかい? なぁ、一心太助よ!! さみしい時代になったなぁ

国営昭和記念公園

さぁ、行こう昭和記念公園・シャーレーポピーの花がいま盛り!!

5月18日の日曜日、久しぶりにグループホームから帰ってきた娘と一緒に、いま盛りだというポピーを見に立川の昭和記念公園を訪れた。

シャーレーポピー

いま、ポピーが見ごろだと家内がいうので、出不精のわたしと娘に、「お天気もいいし、その下で食べるソフトクリームはおいしいわよ」との、まさに甘言につられて、三人で出かけた。


立川口から入場したが、ここからの景色はいつも素晴らしい。

立川口カナール

カナールといって、英語のCANALは運河を意味するが、造園用語では“静水をたたえた水路のことだそうで、ヨーロッパの整形庭園で大いに発達し、フランスのヴェルサイユ宮苑の十字形のグラン・カナールが有名”とのこと。


そこを過ぎて広々とした“みんなの原っぱ”へ向かうと、その入口付近で、“第10回ドッグランフェスタ”が催されていた。

第10回ドッグランフェスタが開催されていました

たくさんの大人たちが芝生の上でご自慢の愛犬と戯れる姿につい笑みがこぼれた。


その“みんなの原っぱ”の西側・“原っぱ西花畑”には、5月上旬まで見頃と案内されていた“アイスランドポピー”がまだたくさん花を咲かせていた。

ポピー、ポピー、ポピー

黄色、オレンジ、白といった色とりどりポピーが一面に咲く様は見事である。

ポピーの花

オレンジのポピーが生き生きとしていた。きれいである。

ポピー、気持ちよさそう・・・

青い空の下に色鮮やかな花の絨毯を無造作に広げているようで、とても贅沢な気分になった。


原っぱを斜めに横切り、もう一つのポピーの花壇・花の丘へ向かう。

原っぱで思い思いに楽しむ人々

膝に優しい芝生の上を歩きながら四方に目をやると、家族連れや若い仲間たちが思い思いに、五月晴れの休日を楽しんでいた。

みんなの原っぱでは凧揚げ

凧揚げに興じる家族も数組いたが、広大な原っぱである。糸が交錯し、こんがらがるような光景は見当たらない。なんとも気持ちのよい景色である。


そして、お目当てのシャーレーポピーが咲き誇っている花の丘へ到着。

シャーレーポピー

丘の斜面一面に真っ赤なシャーレーポピーが敷き詰められるようにして、満開の花を見せている。

青い空に赤いポピー。

丘一面にシャーレーポピー

道沿いの人々はそこここで記念写真や芸術写真を撮ることに余念がない。

真っ赤な花の丘

花の丘に植わるポピーの間に細い道が設けられているが、そこを歩く人々は花の海をかき分けて泳いでいるようにも見えた。


こちらも、ちょっとアーティスティックな写真を・・・

シャーレーポピーの丘です

まぁ、周り中、即席玄人カメラマンだらけなのであります・・・


やや強い日差しの当日、5月の風がとてもさわやかで気持ちがよく、思いっきり背伸びをし、空を見上げる。新緑と青い空。わたしの大好きな景色である。

お天気最高でした

それから“こもれびの丘”の樹林の細い径をそぞろ歩いて、休憩所へ向かう。お約束のソフトクリームのお時間が来ていたのです。

木漏れ日の径

娘に「ソフトへ突撃だ〜」と声をかけると、それまでのトボトボとした歩調に活気が戻ったようで、木漏れ日が落ちる径をしっかりとした歩幅で踏みしめ始めたのだから、ソフトクリーム!怖るべしである。

木漏れ日の丘を歩く

“こもれびの丘”を抜けたところの“森の家”で、わたしは懐かしいきゅっと冷えたラムネを、ダイエットにいそしむ娘は念願のソフトを家内とシェアしていただきました。


そして、軟弱二人組は、ここから立川口まで歩いて戻るのは苦しいと山ガールもどきの家内に嘆願し、園内を走る”パークトレイン”に乗せていただきました。

園内を走るパークトレイン

出口まで5月のそよ風に頬をなぶらせながら、気持ちよくこのポピーを愛でるプチ・ハイキングを終えることが出来たのであります。

そんなこんなで、5月の休日、安上がりで贅沢な時間を過ごしました。













昭和記念公園の“Winter Vista Illumination”でクリスマス・イブはいかが?

DSCF4816
光の競演・・・

「国営昭和記念公園Winter Vista Illumination」は、日本を代表するイルミネーションとして「日本夜景遺産」の「ライトアップ夜景遺産」に認定されている(日本夜景遺産事務局主催)。

DSCF4807
ミントグリーンに光るキング・オブ・シャンパン・グラスツリー
ビッグリース

12月25日(日)まで開催されているので、恋人たちはいうまでもないが、家族や友達と一緒に今年は mas Eve の夜をこのWinter Vista Illuminationの光の下で過ごしてみたらいかがであろうか。

赤色に変わったキング・オブ・シャンパングラスツリー
DSCF4808
水面に映るイルミネーション

あまりにも色々なことのあり過ぎた2011年。

DSCF4812
銀杏並木のイルミネーションの下に連なるミニシャンパン・グラスツリー
ミニシャンパン・グラスツリー
DSCF4858
銀杏並木のイルミネーション

疲れ切った心に滋養を与える意味でも、mas Eveの夜くらい、美しい灯りの下でおだやかな時を過ごしても、きっと神様は許してくれるだろうと信じている。

DSCF4793
シャンパン・グラスツリー
DSCF4813
大噴水のライトアップ
大ケヤキのイルミネーション

イルミネーションの点灯は1700から2100までで、最終入園は2050である。通常入園は930から1630までであるが、1630以降はイルミネーション開場のみの開園となっている。そして、16時以降は立川口ゲート・立川口駐車場のみが使用される。

DSCF4834
グランドイルミネーション
DSCF4856
まるで勝韮蹌瓧鵑量襪某兇詈汗磴里茲ΑΑΑ

Merry Christmas to you and enjoy your life more !

最新記事
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

彦左衛門

  • ライブドアブログ