彦左の正眼!

世の中、すっきり一刀両断!で始めたこのブログ・・・・、でも・・・ 世の中、やってられねぇときには、うまいものでも喰うしかねぇか〜! ってぇことは・・・このブログに永田町の記事が多いときにゃあ、政治が活きている、少ねぇときは逆に語るも下らねぇ状態だってことかい? なぁ、一心太助よ!! さみしい時代になったなぁ

危機管理

松下電器欠陥石油温風機回収、「時は金なり」?2

松下電器欠陥石油温風機回収、「時は金なり」?

 

 松下電器産業の欠陥FF式石油温風機の回収が、経済産業省の「緊急回収命令の発動」から1年経って、まだ全体の3割にあたる4万台が未回収であるとして、同社に対してさらに回収を急ぐよう指導したと、お昼のNHKニュースが伝えた。正直、ほとんど終わった話だと思っていたので、同社のリコール対応のあり方に強い関心をもった。

 

 この石油温風機は1985年から1992年までの間に製造されたもので、平成17年1月、2月、4月に合計3件の一酸化炭素による中毒事故が発生(内1件は1名死亡)、経産省の指示により4月21日、同社は社告を行ったうえでリコールを開始した。しかし、11月に4件目の事故が発生、同月29日付で消費生活用製品安全法第82条の規定に基づき、該当する製品の回収又は点検及び改修、危険性の周知等必要な措置をとるよう同省の「緊急命令」を発動されたものである。

 

 その時点での対象製品の販売台数は152,132台である。そのうち措置済み台数は55,499台(回収率36%)、未対応のものが96,633台であった。今日のニュースによれば、この一年間で56千台が回収され、まだ4万台が未回収ということである。当該製品の発売時期から推測して、最も新しい製品でもすでに14年、古いものは21年の年数が経過しており、既に廃棄処分されているものも相当数あるのかも知れぬ。しかし事故が起きれば死亡事故につながる欠陥を抱えた製品である。最悪の場合、まだ4万台もの危険な石油温風機が一般家庭等で使用されていると想像すると、一日も早い回収に尽力すべきである。

 

 この一年間の松下電器の対応を見ていると、同社が人命にかかわる重要性をどの程度認識しているのか分かりかねるところがある。現在、この欠陥温風機の回収に際し、引き取り代金5万円を渡すと、同社のHPに記載されている。わたしはこれを見て、同社の危機管理に首を捻らざるをえないのである。もし、不幸にもまた死亡事故でも起きれば、同社のこれまでのリコール対応の遅さは大きく批判され、それによる企業イメージの悪化は計り知れないものがある。そう考えれば一刻も早い製品回収を望むのは、同社の人間もおそらく同様であろう。

 

 わたしが松下電器の人間であれば、企業の人命重視の姿勢、危機管理の観点からも、早期回収策として引き取り代金の大幅引き上げを提案する。たとえば「1台当り30万円を支払う」と言えば、不謹慎かも知れぬがちょっとした臨時収入である。わたしは早速に物置や押入れその他考えつくあらゆる場所を探すこと請け合いである。30万円×4万台=120億円。最大で120億円の負担で松下電器は人命重視の姿勢や企業の危機管理のあり方を世にアピールでき、しっかりとしたコーポレートガバナンスを示す絶好の機会を得ることができるとも言える。

 

05年度の同社の売上高は88,943億円、税引き前利益は3,713億円である。また広告宣伝費としてトヨタの1,029億円に次ぎ日本第2位の792億円もの巨額の金額を計上している。その同社にとって、120億円という数字は決して大き過ぎることはないと考える。さらに一台50万円として200億円。この金額でも大「松下電器産業」の人命重視の姿勢をアピールする数字としては決して高くはないと思うが、経営陣はいかがお考えであろうか。危機の時間を金で買う、まさに「時は金なり」である。

 

人気ブログランキングへ

京王線脱線事故に見た危機管理3

京王線脱線事故に見た危機管理

 

27日午後1112分ごろ京王線下高井戸駅と桜上水駅間の踏み切り内に立ち往生した乗用車と高幡不動行き普通電車が衝突した。

 その夜会食を終えたわたしは1120分過ぎに京王線新宿駅の改札口に辿り着いた。電車が不通となった直後で乗客の固まりが改札口内外にそこかしこにでき始めたところであった。構内アナウンスで「接触事故が起こり、列車ダイヤが混乱している」「新宿・下高井戸間でピストン運転をしている」との情報が伝えられていた。その区間より遠方に住むわたしは、さてどうしたものかと迷い、中央線か小田急線かどちらかで途中まで行き、そこからタクシーで帰宅するしか方法がないかなどと酒のまわった脳みそで考えていた。新宿から直接タクシーで帰宅となると料金も馬鹿にならない。しかし深夜にしかも酒の入った身体でほかの線に乗り換え、遠回りして最寄駅と思われるところへ向かい、そこでさらにタクシーに乗って自宅へ戻ることを考えたとき、さすがにどっと疲労感がわたしを襲った。「こんな夜中に」、いくら仕事とはいえ深夜まで飲み過ぎた自分の不摂生をとがめることはせず、正直、京王電鉄に舌打ちしたものである。そして「えいっ!タクシーで帰ろう」足は地上のタクシー乗り場に向かいかけた。

 そのとき「タクシーでお帰りの方は、必ず領収書またはレシートをいただいてください。料金を払い戻します」と、アナウンスの声が聴こえた。わたしは、それは助かったと階段を昇り、すでに40人ほど列ぶタクシー乗り場の列の最後尾についた。最前方を見ると、タクシーが一台もいない。しばらくして一台、そして一台やってくるといった状態で、珍しく空車が少ない。急ぐ人はすでにどんどんタクシーで帰っていたのだろう。10分ほどして後ろを振り返ると、50人どころでない人がわたしの後ろに連なっている。バブル以来、久しく目にせぬ光景であった。しかし人情とは不思議で現金なものである。これが自腹でタクシー帰宅となれば、こんな深夜にこんなに待たされてと、怒りが猛烈にこみ上げてくるはずだが、列んでいる人の表情も心なしかゆったりとしているように見えた。結局、私の帰宅は午前1時過ぎと、午前様であった。

 しかし、電車が不通となったわずか10数分後にはタクシー代まで負担すると決断した危機管理が、乗客の心理的ストレスや肉体的疲労はもちろん、企業の対応への不満を相当部分軽減するのに大きな効力を発揮したと感じた。そして通常見られる改札口での駅員とのトゲトゲしいやりとりやいざこざもほとんど耳にせず、見ることもなく緊急時の危機管理の見本を見せられたような気がした。これは現場独自の判断でできるはずはなく、そうした危機管理マニュアルが日頃から整備徹底されている証であると、沿線住民としては少し誇らしく思った。

もちろん衝突現場近くの住民の方々の衝撃と今後への不安が通り一遍でなく、大きいことは想像に難くないが、こうした危機管理ができる企業であればこの事故を契機にそうした安全対策もしっかりやってくれるのではないかと感じたものである。

 

人気ブログランキングへ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

彦左衛門

livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ