彦左の正眼!

世の中、すっきり一刀両断!で始めたこのブログ・・・・、でも・・・ 世の中、やってられねぇときには、うまいものでも喰うしかねぇか〜! ってぇことは・・・このブログに永田町の記事が多いときにゃあ、政治が活きている、少ねぇときは逆に語るも下らねぇ状態だってことかい? なぁ、一心太助よ!! さみしい時代になったなぁ

中田英寿

中田英寿の孤独1

 

5日、日本サッカー協会(JFA)の川淵三郎会長(キャプテン)がロイターのインタビューに対し、「中田英寿はチームのほかの選手と意思を通じさせることができなくなっていた。彼はW杯で持てるすべてを出したが、無視されていた部分もあった。彼自身、どうやって意思疎通させていいか分からなくなっていた」と語った。(ロイター)

 

Wカップドイツ大会の一次リーグ最終のブラジル戦で、試合終了後、ピッチに仰向けに寝転がり、天を仰いで涙をこらえようとしていた中田英の姿が、まざまざとまた私の瞼に浮んできた。

 

つねに「天才は孤独」「先駆者は愚かな民に排斥(ハイセキ)される」と言われるが、川淵キャプテンの言葉を聴いて、わたしは二つの意味で悲しみといおうか、この日本人のどうしようもない狭量さに愛想がつきてしまった。

 

ひとつは、Wカップ日本代表の選手たちについてである。彼らは当然、プロである。勝つことを求められているサッカーのプロフェッショナルである。勝つために何が必要で、そのためには何をしなければならぬか、何を我慢し、やってはならぬかを熟知していたはずである。

 

だが、彼ら(英を除く代表選手)はプロではなかった。プロフェッショナルとして当然やるべき、勝利という目的へ達成するやらねばならぬことに、子供じみた個人の感情を持ち込んでしまった。世界の最高峰の選手が集うWカップで、「組織の勝利のために個を殺す」ことは、当たり前すぎるほど当り前のことであろう。個人的嫌悪感や感情を殺して、強力なリーダーシップの人間の下で結束せねば、トップレベルのチームに勝利など覚束ない。現に、ドイツ大会は日本代表は赤子の手を捻られるようにして惨敗した。

 

川淵キャプテンの話を聴いて、選手間に予想以上の感情の亀裂があったことに、この代表選手たちの子供じみた心の狭量さを感じた。勝つための鉄の意志。こんな言葉・心持ちは日本のプロスポーツ選手にはまったく持ち合わせようのない、哲学的精神なのであろう。技術がどうこうの前に、精神的な闘う者としての成熟度が、あまりに低レベルであると言わざるを得ない。これはサッカーのみでなく、野球やほかのスポーツでも当てはまる。TVでちょっと持て囃されて一流になったと勘違いする。その程度のやわな精神構造で世界で通じようと考えることが甘え以外の何ものでもないのだろう。

 

もうひとつは、この発言をしゃーしゃーとして恥じぬ川淵キャプテン以下日本サッカー協会の面々たちの、どうしようもない無能力さである。気がついていたのであれば、人事権、資金などまさに協会が合法的に有する権限で、結束力欠如の要因排除に縁の下で最大限の努力と工夫をするのが、役員、指導者たるものの最も大切な役割ではなかったのか。まるで評論家、部外者のように語る人に、今後の日本のサッカー界を任す気にはならぬし、この人たちが居座る限り日本サッカー界に将来はないのだと思う。

 

中田英は、日本に戻ってくるのだろうか。帰ってくる必要はない。こんな狭量で、無責任な国など強靭な精神力を身につけた彼なら捨て去ることができる。そのほうが彼の持てる力、サッカーに限らず素晴らしい才能を存分に発揮し、世界に貢献することができると強く思った。

中田英寿は、真正の「プロフェッショナル」5

23日午前4時過ぎから、眠い目をこすりながらワールドカップ、日本ブラジル戦を見た。前半34分の玉田圭司選手によるゴール。一瞬、わたしは夢を見た。もしかすると、セレソン(ポルトガル語で「代表」の意味)ことブラジルからもう一点取れるかもしれない。この試合の必要条件を日本の観客は、視聴者はもちろん知っている。ロナウジーニョ、カカ、アドリアーノ、そしてロナウドと「マジカルカルテット」を擁する世界最強と謳われるカナリア軍団から先制点をもぎ取った(日本戦にアドリアーノは出場してなかったが・・)。ブラジル戦日本先発代表

 

しかし、前半ロスタイム46分のロナウドのヘディングによる同点ゴールから、ハーフタイムをまたいで、まさにセレソンの怒涛の攻勢に変わっていった。ロナウドは日本チームを「動転」させるゴールを決めた。後半、53分、59分のゴールに続き、81分にロナウドが、ワールドカップ歴代通算得点記録の14点目【ゲルト・ミュラー(ドイツ)】に並ぶ4点目を叩き込み、ゲームセット。後半の45分は日本チーム・国民ともに世界のトップレベルとは何かを、これでもかこれでもかというほどに、脳裡(のうり)に叩き込まれた気の遠くなるような時間であった。日本選手はブラジルの中盤のパス回しに、爪の先すら触れることを許されなかった。

 

そうしたなかで、わたしは画面の中に中田英寿の姿を探し続けた。画面の外にいても、彼のこのワールドカップにかける気迫が伝わってきていた。わたしには、そう思えたのである。前半のロスタイムのブラジルの同点ゴールの瞬間に中田英寿は汗を滴らせながら天を仰いだ。

 

オーストラリア戦、クロアチア戦と中田はピッチ上で咆え続けた。獲物を狙う獰猛な野獣のように、その瞳は炯炯(けいけい)と輝き、その大きく開かれた口は、獲物を食い千切らんとするようかのように狂暴に見えた。本当にどこか物狂いしているようであった。

 

そして、ブラジル戦を終えて、一人ピッチに仰向けに寝転がり、タオルを半分ほど顔に被せ、目を閉じていた、その孤独な姿は私の瞼を離れることはない。彼の脳裡には何が浮んでいたのか。

 

チーム内に響く中田に対する不協和音。コーチでもない、キャプテンでもない中田がピッチ内で選手たちに叱責の声を飛ばす。わたしにその姿は、生死をかけた戦場で咆える将軍のように見えた。兵士たちを守るために咆えている。民を守るために兵士の背中を打擲(ちょうちゃく)している。自身の脆弱(ぜいじゃく)な戦力を知り尽くしているからこそ、反って、その姿は寂しげで孤独で、悲愴感に満ちていた。

 

世界のトップレベルを知る男は、日本のメディアのお祭り騒ぎも、くだらぬ質問もすべて遮断して、勝負というall or nothingの世界をひた走ってきた。そして、その日、ある節目の時が来たのだと思う。

 

ピッチに寝転ぶ彼の心に何が去来していたのか。ドルトムントの空は英寿の瞳に何を語りかけてきたのか・・・。

 

「孤高」と口にするのは容易(たやす)い。しかし、世界の最高水準を目指す怖さを知る男が見せる、「孤高」を保つ姿は壮絶であり、そして、哀しくも美しい。一流というものを追求するのは、どんな世界も一緒であると感じた。周りの評判や気持ちを斟酌する余裕などない。大衆に迎合する意味などまったくない。気持ちに一瞬でも隙を見せれば、瞬時に切っ先鋭く、斬り殺され、その世界から抹殺されることをその人間は一番よく、知っているからだ。

 

プロフェッショナルとは、そういうものだ。孤高に耐えられぬ人間が一流のレベルを目指す資格も権利もない。

 

その意味で中田英寿は、真正の「プロフェッショナル」であり、本物の「ヒーロー」であると感じた。

  


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

彦左衛門

livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ