彦左の正眼!

世の中、すっきり一刀両断!で始めたこのブログ・・・・、でも・・・ 世の中、やってられねぇときには、うまいものでも喰うしかねぇか〜! ってぇことは・・・このブログに永田町の記事が多いときにゃあ、政治が活きている、少ねぇときは逆に語るも下らねぇ状態だってことかい? なぁ、一心太助よ!! さみしい時代になったなぁ

上御茶屋

後水尾上皇を巡る人物と建築物 2の8 ――修学院離宮・上御茶屋5

2の8 修学院離宮・上御茶屋・隣雲亭

 

【隣雲亭(りんうんてい)】

 

 御成門を抜けて白い砂利敷き(白川石?)の階段をゆっくりと上ってゆく。両脇にあるのは高さ1m余の刈込に過ぎないのだが、足元に目が行くためか視界は見事に遮蔽されるから不思議だ。そして人一人が漸くといった狭隘な道幅からくる閉塞感とも相俟って、客人はただ一心に頂上を目指すといった心持ちになる。

 

上御茶屋御成門内側より

上御茶屋御成門を内側から

 

だからこそ標高149mの高処に建つ隣雲亭の小さな前庭に一歩をしるしたときの得もいわれぬ安堵感と開放感は格別である。下御茶屋から標高差40mを上り来た雅人にとって比叡下ろしの涼風は、一服の茶のもてなしのように思えたのではなかろうか。それは心憎いばかりの演出であり、後水尾上皇は希代の舞台演出家と評するのが適切なのかも知れない。

浴龍池の堰堤を望む

隣雲亭から西浜堰堤を望む

 

隣雲亭への階段
隣雲亭への階段

 

隣雲亭への階段混ぜ垣

階段両脇の混ぜ垣

 

 隣雲亭は簡素過ぎるほどに簡素に造作されている。二の間の3畳、一の間の6畳それに4畳の板の間が浴龍地に向けた表側に直列にならび、洛中市街に向けて全面が開放されている。裏側に控えの間として8畳と6畳二間が用意されている。小高い丘の上に風が吹き通り、夏でも居心地の良い建屋となっている。

隣雲亭室内

隣雲亭の簡素すぎる室内

 

 隣雲亭の廻り縁の下敷きは、以前は白漆喰でぬられ一二三(ひふみ)石が埋め込まれていたが、拝観者が靴の踵で傷つけることが多く、修復が頻発し、今ではセメント敷きとなっている(宮内庁職員の説明では、結構、悪戯が多かったとも)。

一二三石

セメント敷きとなった下敷きの一二三石

 

一二三石
色の調和が崩れた一二三石

 

 埋められた石は、漆喰の時代は一つ石が赤、二つ石は青、三つ石が黒色の組み合わせとなっていたが、現在はご覧のようにその調和は崩されている。拝観者のマナーの悪さがこうした日本人の繊細な伝統の風雅といったものを壊してゆくのであって、残念でならない。まぁ、眺望にばかり目を奪われずに、足元もじっくりと見つめて見るとよい。

 

「一二三石」の解釈については、曼殊院門跡の39代門主で天台宗の碩学といわれた故山口光円師(1891-1972)が「天台にいう『一心三観』の法門から、景色の実相をながめる嗜好に見えてくる。一二三石とは空観(くうがん)、仮観(けがん)、中観(ちゅうがん)で、この三つが一つの白いしっくいでつらなり一心のしっくいは、三観という三つのものの真の見方となり、広範な景色は、その実相をあらわしてくる」と語っておられるが、凡人のわたし如きはその御説明をご紹介するのが精一杯である。

 

 

【2-9につづく

【2-7にもどる

後水尾上皇を巡る人物と建築物1にもどる

 

 

後水尾上皇を巡る人物と建築物 2の7 ――修学院離宮・上御茶屋5

2の7 修学院離宮・上御茶屋・大刈込(おおかりこみ)

 

【大刈込】

 

後水尾上皇のこの離宮造営の真骨頂が「水」にこだわった「浴龍地」と「大刈込み」という構築物にあると言えば言い過ぎであろうか。

剪定された大刈込(堰堤上の並木の向うに浴龍池)

 

 

「水」に異様なこだわりを示す後水尾上皇は、この修学院の地において、比叡山山頂付近に源を発する音羽川(延長5.4km 高野川に合流)から分かれた谷川の水を堰き止め浴龍池と呼ばれるいわばダムを造ったが、そのダムの決壊を防ぐため周りには高さ15m、延幅200mにおよぶ大規模な土堰堤(えんてい)を築いた。

 

土壌を固めたうえに四段の石段を組み上げ強度を保たせたその法面(のりめん)は、針葉樹類(24種)、常緑濶葉樹類(1123種)と落葉樹類(1320種)の多種多様の樹木を植えた混ぜ垣で覆い隠し、無粋となりかねぬ堰堤の景観を「緑の大構築物」へと変貌させた。その構想や壮大であり周囲の「自然との共生」を目指したものと見える。下御茶屋から見上げても、その丘の上にまさか舟遊びの出来る宏大な池が広がっていようとは思いもつかない光景なのである。

大刈込の上の堤道と浴龍池

 

いかにも自然な丘に見えるのだから、その隠された趣向へのこだわりは常人の及ぶところではない。そして幡枝離宮(はたえだりきゅう=その上御茶屋の庭園が後の圓通寺の庭園である)という修学院離宮の前に上皇が営んだ洛北の山荘が庭園造営に不可欠の「水」という要素において大きな欠点を有していたことを思い起こすのである。

 

さらに比叡山を借景とする圓通寺の枯山水平庭にある4、50種類の樹木で造られた高さ1.6mの「混ぜ垣」のことに思いがゆくのである。

 

そうした意味でも後に拝観する「桂離宮」とはコンセプトにおいて本質的に異なっていると言える。

 

「大刈込の樹種」

(参照:「修学院離宮上之御庭大刈込の樹種」丹羽鼎三著)

 

1.針葉樹類(24種)

1.マツ科---杉・檜・樅 2.櫟(いちい)科---らかん槇

 

2.常緑濶葉樹類(1123種)

1.  モチノキ科---いぬつげ・くろがねもち・そよご・まめつげ・もちのき

2.  イバラ科---かなめもち

3.  ヒイラギ科---ぎんもくせい・ねずみもち・ひいらぎ

4.  ツバキ科---さかき・さざんか・もくこく

5.  ハヒノキ科---くろばひ

6.  スイカズラ科---さんごじゅ

7.  シャクナゲ科---しゃしゃんぼ・もちつつぢ

8.  クスノキ科---しろだも・やぶにくけい

9.  グミ科---つるぐみ・なわしろぐみ

10. キョウチクトウ科---ていかかづら

11. モクレン科---びなんかづら

 

3.落葉樹類(1320種)

1.  イバラ科---うらじろのき・かまつき・ざいふりぼく

2.  カエデ科---おおもみじ・こはうちはかえで

3.  キク科---こうやぼうき

4.  シャクナゲ科---かくみのすのき・こばのみつばつつぢ・なつはぜ

5.  ヘンルウダ科---からたち

6.  ユキノシタ科---こあじさい

7.  スイカズラ科---こつくばねうつぎ・やまうぐいすかぐら

8.  穀斗(かくと)科---こなら

9.  ニシキギ科---こまゆみ

10. ウコギ科---たかのつめ

11. クスノキ科---だんこうばい・やまかうばし

12. ミヅキ科---はないかだ

13. クマツヅラ科---むらさきしきぶ

 

後水尾上皇を巡る人物と建築物---2の6 にもどる

後水尾上皇を巡る人物と建築物---1 にもどる

【2の8につづく】

浴龍池

大刈込

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

彦左衛門

livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ