彦左の正眼!

世の中、すっきり一刀両断!で始めたこのブログ・・・・、でも・・・ 世の中、やってられねぇときには、うまいものでも喰うしかねぇか〜! ってぇことは・・・このブログに永田町の記事が多いときにゃあ、政治が活きている、少ねぇときは逆に語るも下らねぇ状態だってことかい? なぁ、一心太助よ!! さみしい時代になったなぁ

フランス料理澤田

三城(さんじろ)【信州蕎麦】―― 信州・松本グルメ5


澤田(フランス料理)ーーグルメ信州(松本)

 

松本市大手3丁目3番−5号(電話:0263-35-0234

営業時間11:3015:00

定休日:日曜日

   

  

 晩夏の頃、松本にあるフランス料理の老舗「澤田」を訪ねた。前週の黒姫でのホームコンサートでオーナーである澤田宗武氏とご一緒した際に、翌週、一年ぶりに「澤田」の味をお店のほうで堪能したいと約束していたからだ。

 

 あのアンティークな店内で「澤田」の味を十二分に堪能した後に、澤田さんと、そう一時間ほどだろうか諸々とお話をさせていただいた。当日は市内のホテルに宿泊することを話したところ、翌日のお昼に是非、行って欲しいおいしい蕎麦屋があるという。見せられた名刺を見てわたしは、「えっ!」と声をあげた。お店の変わった名前と特徴ある字体に覚えがあったからである。

 

 澤田さんに「このお店、東京に支店がありますか?」と訪ねたところ、二年前に東京のお店をたたみ、女将の故郷である松本に戻ってこの地にお店を開いたのだと言う。

 

 わたしはダイヤモンドホテル(千代田区麹町1−8)の前にあった「三城(さんじろ)」には8年程前にある方に連れられて行って、その後3回ほどだが訪ねていた蕎麦屋であった。ふくよかな女将のこだわりを活かした独特の店造りとその雰囲気に圧倒された記憶がよみがえって来た。

 

????????

????

???????????????????

 

 

 

 

 

 

 

 

  翌朝、11時半に予約を入れ、早速、店に向かった。松本の「三城」は、前日、たまたま立ち寄った四柱(よはしら)神社(松本市大手3-3-20)に隣接し、大名通り側に面して松本城まで四百メートルほどの至近の場所に立っていた。古い蔵?を改造した店内の奥に半蔵門のお店にあったあの大きなテーブルがど〜んと置かれている。そして席に着くと、しばらくして片口に入れられた常温の日本酒、「岩波」がお通しの漬物と一緒に運ばれてきた。「岩波」をゆっくり嗜(たしな)む。杯が空になる。ふた皿に分けられた薬味と一枚の蕎麦が運ばれてくる。蕎麦の歯ごたえ感のあるコシも味も以前のままだ。蕎麦湯が運ばれてくる。そして、最後にあのふくよかな花豆煮が出てくる・・・。

 

????Ρ?????

???

????

 

 

 

 

 

 

 

 

 その一連の流れもスタイルも、和服姿の女将のたたずまいも、以前と何も変わっていなかった。一番乗りだったこともあり、店の静寂がどこか茶室に入り、お点前を待っている時間のように思えた。店内には半蔵門時代よりも確かにゆったりとした時が流れているようだ。

 

その「時」の移ろいがやけに愛おしい。わたしは歳を取った・・・・・。

 

「三城」は女将の故郷、信州、松本にあるのが似合う。

 

 

 

 

人気ブログランキングへ

 

澤田(フランス料理)ーー信州・松本グルメ5

三城(さんじろ)【信州蕎麦】―― 信州・松本グルメ

長野県松本市沢村2-1-2 tel:0263-32-0786 ★★★★★

 
「まつもと市民芸術館」で行われている「まつもとオープンカレッジ連続講座2007」(信州大学人文学部主催)の「ヴィーン音楽物語」のレクチャー&コンサートに参加した。

 当日は「シューベルトとその仲間たち」という演題で船津恵美子氏の楽しいお話と山中和子氏らによるピアノ連弾曲の素晴らしさを堪能した。クラッシクというと、とかく堅苦しいものと思われがちだが、シューベルトの時代に音楽はまさに団欒のひとつであったことを、ある種アクロバティックなピアノの「連弾曲」を聴きながら知らされた。そして、夕方に公演は終わり、同行した知人がかねて予約していてくれた「澤田」へ一緒に向かった。

 
まつもと市民芸術館の正面からから国道143号線にほぼまっすぐ入り、信州大学病院手前を左折して800mくらいの道路右手に瀟洒なたたずまいで松本でも老舗中の老舗であるフランス料理「澤田」はある。出迎えをいただいたオーナーの澤田宗武氏のおもてなしは信州の夜風ともあいまって心地よい。

まつもと市民芸術館ピアノ

夜澤田花壇正面

夜澤田正面

 

 

 

 



当日のメニューは前もってこちらの常連である方が頼んでいてくださったものである。味ももちろんのことながら店内のレトロな雰囲気にマッチした目を奪うテーブルセッティングやオーナーとお嬢様の心のこもったサーブには、五つ☆を優に超えるものがあった。それは久しぶりに伝統あるフランス料理店に巡り会った瞬間であった。

テーブルセッティング

前菜1

フォアグラとグリュレ

 

 

 

ソルベ

和牛塩焼き包み焼き

和牛レアー

 

 

 

青いバラ

ワイン

オーナー澤田宗武氏とお嬢様

 

 

 


















オーナーの澤田宗武氏とお嬢様

 

 



長年の友人とこうした遠い見知らぬ土地で、素晴らしいフランス料理店で楽しく語らい、素晴らしいワインと料理に舌堤を打てたことの幸せを実感しながら、家内の運転で家路についた。長野自動車道を車内より写したら、光の芸術が偶然楽しめた。それはその夜の心地よく酩酊したわたしの心の中を映し出したようで、奇妙に感動したものである。そしてまた松本を訪れるときには必ず「澤田」を訪ねようと思ったのである。

夜の長野自動車道

 

夜の長野自動車道、茅野方面へ

 

 




当日のメニュー(わざわざお嬢様に手書きしていただいたものである)

・クルジェットとトマトのマリネ

・フォアグラのクレームブリュレ

・フォアグラソテーとドライフルーツソース

・ブルーベリーのソルベ

・ブッフドコックドセル(和牛の塩パイの包み焼き)

・パッションフルーツとマンゴムース


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

彦左衛門

livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ