彦左の正眼!

世の中、すっきり一刀両断!で始めたこのブログ・・・・、でも・・・ 世の中、やってられねぇときには、うまいものでも喰うしかねぇか〜! ってぇことは・・・このブログに永田町の記事が多いときにゃあ、政治が活きている、少ねぇときは逆に語るも下らねぇ状態だってことかい? なぁ、一心太助よ!! さみしい時代になったなぁ

ニッコウキスゲ

ニッコウキスゲ 7月20日七分咲き=車山肩

2010年夏、ニッコウキスゲ、開花せず!!

満開までもう一声、蓼科のニッコウキスゲ

 

 

 二〇〇八年の蓼科は久しぶり暑い夏を迎えている。じりじりと肌を射す夏本番の陽光は、何か久しぶりのような気がする。

 7月20日、ニッコウキスゲはもう見ごろ、満開に違いないと、ウッキ!、ウッキ!の気分で車山へ向かった。

 白樺湖を過ぎて、車山への上り坂に入ったところで、そのウキウキ気分は一挙に吹き飛んだ。な〜んと車、車、車・・の大渋滞ではないか。わたしのふやけた脳みそに残された記憶によれば、あのバブルの時代でもこの場所からの渋滞は覚えがない・・・。

嘘だろ〜

渋滞車から白樺湖

大渋滞

 

 

 

  嘘だろ〜        渋滞の車から白樺湖  Uターン!!     

 3時にあるご家族とホテル・ハイジでお茶の約束をしていた。その時、午前11時ちょっと前・・・。ここからだと車山肩まで・・・、う〜んっと、いや帰りも渋滞すると考えると・・・、う〜んっと。ということで、今回の目的のニッコウキスゲ鑑賞は、一応、お預けにしてUターンの大英断を家内が下した。

 遅めの朝食だったので、久しぶりに蓼科牧場へ向かい、そこでちょっとインチキだが、ニッコウキスゲを見た。ケーブル乗り場の脇の一画に4坪ほどのニッコウキスゲやハクサンフーロなど園芸コーナーがあった。いざというときのために、そこで写真をとったが、標高が低いと、すでにニッコウキスゲの満開は過ぎ、花は精彩を欠いていた。

蓼科山と夏雲

夏、満開!

蓼科牧場ニッコウキスゲ

 

 

 

  蓼科山と夏雲     夏、満開!       蓼科牧場にて

 途中、プール平の村の温泉(わたしが勝手につけた名前で歴(れっき)とした公営温泉)でひと風呂浴び、ハイジに向かった。それでも十分時間は間にあった。

蓼科温泉

ティーガーデンより

 

 

 

 プール平公営温泉   ガーデンよりホテル・ハイジ

ティー・ガーデンで久しぶりに会うご家族と尽きぬ話・・・。時間は午後6時。尽きぬ話を無理やり跡切れらせて、別れた。

「今から行きましょう!」と家内がまた大英断!(明日の朝早く、行けばいいかななんて、朝が弱いはずのわたしは考えていたが・・・)

「これからで暗くならないか?」と、暗に面倒くささを表明したが、却下。一路、大門街道へ出て、車山を目指した。降りて来る車が当然多い。こんな時間に山を目指す乗用車は車山へ宿泊する観光客くらい・・・。

 そして昼の渋滞は嘘のようにノンストップで車山肩についた。

満開までもう一声

まだ七分咲き

一輪浮かぶ

 

 

 

  満開までもう一声     七分咲き       ニッコウキスゲ一輪

薄い霧に浮かぶニッコウキスゲ

薄暮と霧

 

 

 

  暮れなずむ丘    五里霧中のニッコウキスゲ

 いろいろあったが、この日のニッコウキスゲは、満開にいま一歩。なかなか、タイミングが難しい。しかし、暮れなずむ丘に立ち、人影もまばらな中に咲いているニッコウキスゲの景色は、これはこれで一興だと思った。

 今回は、「ころぼっくるひゅって」に寄ることもせず、急速に陽を落とす車山から退散することとした。何せ、霧が出てきたので、帰りの運転がこわ〜い!から・・・。安全運転で帰りましたとさ・・・。

 この週末は本当に一番の見ごろかも・・・。先週も、なんかそんなこと書いてしまったよね・・・。秋の空と女心とニッコウキスゲの満開日ほど移ろい易いものはないのだそうだ・・・、そんなこと、と〜い昔に高校の先生が教えてくれなかったっけ・・・。   おしまい!

人気ブログランキングへ

ニッコウキスゲの満開は?---蓼科車山肩5

車山肩(霧ヶ峰湿原)のレンゲツツジは今が盛り(2012.7.3)

2010年夏、ニッコウキスゲ、開花せず!!


今年は遅い、ニッコウキスゲ---蓼科車山肩

 

 家内が友人たちとニッコウキスゲを見に、蓼科へ行った。

下の写真は7月10日の蓼科の車山肩の状態である。ここ1週間ほどの開花は遅々として進んでいないとのことである。今度の3連休あたりは一番の見ごろかもしれない。

ニッコウキスゲ二輪

車山肩のニッコウキスゲ2

車山肩のニッコウキスゲ

 

 

 

  ニッコウキスゲ二輪  まばらに咲くニッコウキスゲ まだ黄色はわずか   

 ビーナスラインの途中にニッコウキスゲのひと月ほど前の高原の主役であったレンゲツツジがひとつ咲き残っていたという。この写真を見るにつけ、季節の変わり目の早さを実感する反面、生物の営みは自然環境と協調してゆくのが摂理であることを知らされた気もした。

蓼科山と白樺湖

ハクサンフウロウ

前の主役レンゲツツジ

 

 

 

 蓼科山と白樺湖      ハクサンフーロ   レンゲツツジが残っている  

 気温や湿度などの微妙な変化と共に己の春秋を副える。それが自然本来の謙虚な姿であるのだという当たり前の事実を知る。

人気ブログランキングへ

蒼穹2

アルバムに埋もれし憩いの空

 長野県の車山肩にはもう二十年近く足を運んでいる。いつも、コロボックルと云う山小屋のテラスのテーブルに坐ってご主人手作りのホットココアを呑むのが楽しみである。そして、テラスから見る車山の稜線の上に果てしなく広がる青空、そのなかに浮かぶ雲の流れをぼんやりと目で追うゆったりとした時間がこの上もなく贅沢で、私の心を癒してくれる。

稜線の空    蓼科の空             

 

 

 

 そして、車山肩の丘陵にこれでもかと咲き誇るニッコウキスゲの乱舞を目にする七月が徐々に近づくにつれ自分の心の中を爽やかな高原の涼風が通り過ぎるようで、今年もまた早、 春がやってきて、そして初夏、盛夏・・・、それから初秋・・・、そして真っ白なすべての善悪をも覆いつくす雪景色とともに厳しい冬が巡ってきて、季節はまた移ろっていくのだ・・・、と自分の人生の四季と重ね合わせながらアルバムに目を落としている。

ニッコウキスゲ

 

ニッコウキスゲ

 

 

 

 

 この四季と云う自然の織りなす物語に、もっと人間は素直に耳を傾けねばならぬと手元のアルバムは語りかけているように思えてくるのである。



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

彦左衛門

livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ