彦左の正眼!

世の中、すっきり一刀両断!で始めたこのブログ・・・・、でも・・・ 世の中、やってられねぇときには、うまいものでも喰うしかねぇか〜! ってぇことは・・・このブログに永田町の記事が多いときにゃあ、政治が活きている、少ねぇときは逆に語るも下らねぇ状態だってことかい? なぁ、一心太助よ!! さみしい時代になったなぁ

テポドン2号

北朝鮮のミサイル発射の意図5

「北朝鮮のミサイル発射の意図」

 

北朝鮮は5日午前3時32分から8時17分の間に、6発のミサイルを順次発射した。その内、3発目が米国アラスカを射程距離内に収めるテポドン2号、その他がノドンあるいはスカッドミサイルと思われるとの政府発表であった。そして、6発いずれもが日本海上に着弾したとのことである。

 

テポドン2号への燃料注入疑惑に始まった一連の北朝鮮の国際社会への挑発行為は、とうとう射程距離6千キロのテポドン2号を含む6発ものミサイル連続発射という事態にエスカレートした。刻々とミサイルの発射弾数が増えていく報道を聴きながら、わたしは、ある種、戦争が勃発したかのような錯覚に陥った。そして、「戦争」とは意外とこうした日常的な雰囲気の中から、ふわっとした感覚で始まっていくのかも知れないと思ってみたりした。

 

ところで、今回の北朝鮮の意図はどこにあるのか。なぜ、国際間で孤立を深めるような行為を敢えて今朝、行なったのか。

 

ひとつは、燃料注入を完了していたテポドン2号の処理の問題がある。

つまり、瀬戸際外交と称される「テポドンを発射するぞ、発射するぞ」と、脅迫することで、米朝二国間会議開催を勝ち取ることを狙った。米国によるマカオの金正日(キムジョンイル)秘密預金封鎖に猛烈な危機感を抱き、恐怖感を覚えているように見えた。最近の焦燥感を募らせた米朝二国間協議開催への北朝鮮の異常なこだわり、焦燥感が、それを如実に物語っていたと言える。

 

しかし、結局、米国から寸分の譲歩すら獲得できなかった。まさに瀬戸際戦術の失敗である。一旦、注入した燃料を抜き取る作業はより高度な技術が必要と言われている。米国に対して振り上げた拳をどのような形で、降ろしたらよいのか。その答えが、今回のミサイル連続発射という稚拙な行為だったのではないのか。

 

 米国の譲歩が引き摺り出せなかった北朝鮮が、燃料抜き取りという形で引き下がる政治的選択はなかった。ましてや、燃料抜き取りの過程でテポドンが誘爆するようなことにでもなれば、国威は失墜し、燃料注入を命じた金正日は軍部からの信頼を一挙に失う懸念があった。金正日の独裁体制に大きな亀裂を生じさせ、体制崩壊の危機となる。

 

 もし、二国間協議が開催の運びとなった場合、燃料抜き出し失敗の際は、自爆処理をしたとでも言い逃れをすれば、国威は失墜しない。

 

二つ目は瀬戸際外交の間合いをもう一段詰める、非常に危険な賭けに出たという見方である。

 

この見方は日本を含め国際社会にとって最も危険極まりない北朝鮮の選択である。その先には、「核実験」しか残っていないからである。今回の連続ミサイル発射はそこへ向う道筋の単なる一里塚でしかなく、これから下されるであろう国際社会の経済制裁を受けて、必然的に「核実験」という無謀な選択に突っ走ることが、容易に予想される。わが国は首筋にナイフどころではなく、マシンガンをつきつけられることになる。そして、東アジアの政治的安定に大きな歪みが生じ、国際情勢に不穏な空気が充溢することになる。こうなった時に、軍事的に独立していない日本は大きな危険に曝されるとともに、まだ東アジア諸国との間に、平和的枠組みでの秩序を構築できていないわが国は、ますます米国への従属を強いられていくことになる。つまり米国隷属化の道を歩まざるを得なくなるのである。

 

今、私の脳裡には不吉な考えが浮かんでいる。北朝鮮は、国連の緊急安保理で国際的な経済制裁網を敷くことが決定された場合を想定して、既に「核実験」の準備を終了しているのではないか。安保理採択と同時に、核実験を決行する。北朝鮮ならそれくらいの先読みをした外交戦略で来ることは、充分想定できる。小泉総理のこの5年間に東アジア政治の平和的枠組みの構築は、靖国問題で大きく後退こそすれ、前進は全くなかったといってよい。日本がこうした丸裸の状態で、核実験という緊急事態を迎えれば、わが国は米国に対しBSE問題で輸入反対どころの話でなく、何でもアメリカの云うことを聴くから、国を守って欲しいと跪(ひざまず)くしかないのである。まさに、米国の属国になることを選択する道しか残されていないのである。

 

三つ目は、米国の独立記念日である7月4日という日に狙いを定め、合わせて、米航空宇宙局(NASA)時間の4日午後2時38分(日本時間5日午前3時38分)という、スペースシャトル「ディスカバリー」の打ち上げ時間に米国に照準を合わせてミサイルを発射、米国民に恐怖感を覚えさせようと考えた。勿論、米国の譲歩を引き出すためである。あまりに子供じみて馬鹿げているが、白馬に乗って駆ける金正日、映画の演出が好きだという金正日を思い起こせば、この三つ目の意図もあながち漫画チックだと云って笑うことも出来ない。

 

 それほどにこの北朝鮮という国は不気味で狂気の存在であることを、われわれは片時も忘れてはならぬと思った。

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

 

北朝鮮は本当に変われるか 金正日「延命工作」全情報

 

金正日最後の賭け―北朝鮮の胎動

北朝鮮のテポドン2号発射準備完了1

「北朝鮮のテポドン2号発射準備完了」

 

北朝鮮ミサイル、すでに燃料注入の可能性…韓国通信社

【ソウル=平野真一】韓国の聯合ニュースは18日、ワシントン発で、複数の外交消息筋の話として、北朝鮮が発射準備を進めているとされる長距離弾道ミサイル「テポドン2号」に、すでに燃料を注入した可能性があると報じた。

ミサイル周辺に数十基の燃料タンクがあるのが衛星写真で確認されたという。同ニュースによれば、ある消息筋は「ミサイルに燃料タンクが装着されたと聞いた」と発言。別の筋は「ミサイル周辺に燃料タンク数十基があり、燃料をミサイルに注入した可能性もあるが、断定はできない」と述べたという。

(読売新聞) 6月18日20時28分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060618-00000012-yom-int

 

 大河ドラマ「功名が辻」を見終えた午後8時45分のNHKニュースで、「北朝鮮は発射準備を進めている模様で、ミサイル発射の可能性は否定できない」と報じ、そのうえで、「日本に着弾する可能性もゼロとはいえない」と報じた。

そして、すぐに画面は変わり、今夜十時からのワールドカップ、クロアチア戦まであと一時間と昂揚するサポーターの映像を伝えた。

 

わたしは、その能天気な映像と事の軽重をまったく無視したNHKの報道姿勢に「えっ!」と、驚くとともに、この国の平和ボケとあまりの危機意識への鈍感さに開いた口がふさがらなかった。可能性がゼロでないということは、日本のどこかの町にミサイルが落ちると言っているのである。

 

サッカーの試合とこのテポドン2号の報道は、誰が考えても異質のニュースである。報道は、先の着弾の可能性に触れたのちに、サッカーのニュースなどではなく、こう伝えるべきなのではないか。

「可能性がゼロではないが、万が一発射された場合も、迎撃ミサイルで打ち落とす準備は完了している」あるいは「日本へ向けて発射されたとしても、日本海上で打ち落とせると当局(防衛庁)筋は語っているので、大丈夫である」と。

 

「可能性がゼロでない」という報道の意味、政府筋の発言の重さをどのように国民に伝えるか、NHK内部で激論は闘わされたのだろうか。

わたしはこの文言を伝えたNHKの本意と、かれら自身、報道機関の究極的な使命は何たるかわかっているのだろうか。テポドン着弾に触れて、すぐに能天気なサッカーのサポーターの映像を流すその神経というか、事態の理解、重み、弛緩しきった報道姿勢が、この報道機関はわかっているのか、本当に呆れてものも言いたくなくなってきた。

 

 NHKって報道機関は、必要なのだろうか・・・。真面目に考えてしまう。日常性に埋没し、惰眠をむさぼる報道機関に、国家の危機に関する情報収集を期待せざるを得ぬ国民の不幸を心底、情けなく思った。

 

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

彦左衛門

livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ