2009年は民主党による政権交代、米国ではオバマ政権の発足などいろいろ、この国の形が変わるような大きな出来事がありました。

 でも、今日は2009年の大晦日です。年の最後の日くらいは、浮世のそうした騒々しさを忘れ、自分の来し方行く末をゆっくりと見つめ直してみたいものです。

 2009年12月31日の空はぬけるように蒼穹です。これまでのさまざまな由なし事をおもいっきり呑み込んでくれるような、すばらしい空です。

大晦日の青空

 そしてこの一枚の写真は家内が12月20日に秩父の巡礼の途上に撮ったものです。カラスウリの朱色が鮮やかで、冬ざれた景色のなかにも心をいやしてくれるものを残してくれている、そんな日本の原風景をもう一度、思い出してくださいと、荒んだ社会に生きる私に問いかけているようで、心に沁みたものです。

秩父の烏瓜


 一年間、ありがとうございました。来る2010年・寅年がみなさまにとり、良き年になりますようお祈り申し上げます。