コキコキドライブ旅の4日目(金曜日 2021.11.12)にしていよいよ日本海側へ到達、能登半島を“ちょっと見”してから金沢には連泊することにしていた。

ダイワロイネットホテル金沢駅西口
ダイワロイネットホテル金沢駅西口 HPより
何せ、古希、古希ドライブ旅である。連日の車での移動、旅前半の疲れをこの金・土曜日でゆっくりとりつつ、ホテル内のコインランドリーで雨で濡れた服や汚れものの洗濯をすます。といっても細君がすべてやってくれたのであるが・・・、いつも申し訳ないと感謝している。

ホテルから金沢駅はすぐ
部屋から金沢駅がすぐ、真下に平岡野神社
投宿した「ダイワロイネットホテル金沢駅西口」は202012月に開業したばかりの金沢駅から徒歩4分のところにある新しいホテルである。

スーペリアツイン ダイワロイネットホテル金沢駅西口
ゆったりとしていましたよ! HPより
部屋はスーペリアツイン27屬鬚箸辰討い燭、ベッドもゆったり、トイレとバスもとても清潔で使いやすく、ビジネスホテルとしては充分である。

ダイワロイネットホテル金沢駅西口 バストイレがセパレートな設備
最近のビジネスホテルは気分が良い HPより
当日はしばらくベッドに寝転がってこれまでの疲れを癒した。

それから当夜のお目当てである鮨「歴々」へ向かった。

当初の予定では実は金沢市民の台所として有名な三百年の歴史を誇る近江町市場にある「歴々・近江町店」の予約をとっていたのだが、移動が大変だということでキャンセル、同系列の金沢駅店に飛び込んでみることにした。

鮨・歴々 金沢百番街あんと
「歴々」の金沢駅店
金沢駅構内には「金沢百番街あんと」という大きなショッピングモールとグルメ街があり、多くの人々でにぎわっている(写真はモザイクをかけるのが面倒なので、人が消えた瞬間を狙ったもの)

金沢百番街
「金沢百番街あんと」 土産・銘々菓子・グルメ街
鮨店・「歴々」の暖簾の前には二組ほど順番待ちの客がいたが、15分ほどで店内に案内され、カウンターに席がとれた。

駅中のお店ということで、お客の回転が速いようだ。わたしたちも電車の時刻はどうかと注文の前に訊かれた。客の都合に合わせて鮨を握ってくれるので、客も時間を気にせず安心していられるようだ。

わたしたちはとくに時間の制約もないので、まずは料理長厳選握り(12貫+のどぐろ手巻き(汁物付き)5,720)を頼んだ。

料理長厳選握り
料理長厳選握り
日本海の鮨である、「のどぐろ」ははずせないし、それを手巻きでというのだから堪えられない。

シャリが小さめで12貫といいながらペロリと平らげた。

何でしたかいのう・・・  おいしかった
どれも新鮮でおいしかった
そのあと、ちょこっと追加注文。そのなかで紹介したいのが、七尾湾でしかとれない珍品、「赤西貝」、コリコリして磯の香のするまさに絶品でありました。
七尾湾でしか獲れない赤西貝
幻の貝 赤西貝を握ってもらった
歴々のあと、明朝の「おめざ」を百番街で物色し、金沢の夜第一日目を終え、帰路についた。