アルバムに埋もれし憩いの空

 長野県の車山肩にはもう二十年近く足を運んでいる。いつも、コロボックルと云う山小屋のテラスのテーブルに坐ってご主人手作りのホットココアを呑むのが楽しみである。そして、テラスから見る車山の稜線の上に果てしなく広がる青空、そのなかに浮かぶ雲の流れをぼんやりと目で追うゆったりとした時間がこの上もなく贅沢で、私の心を癒してくれる。

稜線の空    蓼科の空             

 

 

 

 そして、車山肩の丘陵にこれでもかと咲き誇るニッコウキスゲの乱舞を目にする七月が徐々に近づくにつれ自分の心の中を爽やかな高原の涼風が通り過ぎるようで、今年もまた早、 春がやってきて、そして初夏、盛夏・・・、それから初秋・・・、そして真っ白なすべての善悪をも覆いつくす雪景色とともに厳しい冬が巡ってきて、季節はまた移ろっていくのだ・・・、と自分の人生の四季と重ね合わせながらアルバムに目を落としている。

ニッコウキスゲ

 

ニッコウキスゲ

 

 

 

 

 この四季と云う自然の織りなす物語に、もっと人間は素直に耳を傾けねばならぬと手元のアルバムは語りかけているように思えてくるのである。