彦左の正眼!

世の中、すっきり一刀両断!で始めたこのブログ・・・・、でも・・・ 世の中、やってられねぇときには、うまいものでも喰うしかねぇか〜! ってぇことは・・・このブログに永田町の記事が多いときにゃあ、政治が活きている、少ねぇときは逆に語るも下らねぇ状態だってことかい? なぁ、一心太助よ!! さみしい時代になったなぁ

BarK6

京都の夜、“Bar K6” 朱色の物語に酔う

京都でアートな夜を、カクテルバー“K6”(2013.1.29)

中京区二条通木屋町東入ル東生洲町481 ヴァルズビル2

075-255-5009


われわれ夫婦は、今年の一月以来、久しぶりにK6を訪れた。

K6階段

割烹“まつおか”(東山区・075-531-0233)で“旅は道連れ”となったお嬢さん・Aさんをお誘いして、京都の夜をもう少し堪能しようと向かった。


店内に入ると、いつもの左手のカウンターに席は用意されていた。

名バーテンダーの澤真吾さんにAさんのご紹介をすませると、さっそく、オーダー。

K6・澤真吾さん
アートな腕を振るう・澤真吾氏

家内が注文したのが、え〜っと、名前が・・・、何しろ下の写真です。爽やか系の軽いカクテルだったかなぁ・・・。


リキュールと光のアート
光に浮かぶカクテルが京都の夜を彩る

そして、わたしがまず20116月に大震災を悼んで澤さんにつくっていただいた“鎮魂”をお願いした。 

光にうかぶ”鎮魂”

深遠で厳粛な雰囲気を醸し出す不思議なカクテル・・・“鎮魂” 。いろんな思いのこもった一杯である。


この透明でどこかさみしげなブルー・・・。

鎮魂
いろんな思いのこもったカクテル”鎮魂”です

海の深みと透明感が意匠された”鎮魂”


そして、当夜、K6デヴューのAさんに、京都の一人旅の想い出に、ひとつ貴女のカクテルをオーダーしなさいと慫慂(しょうよう)した。


京都のひとり旅で何がもっとも印象に残ったのか、それをイメージして澤さんにオーダーしなさいと云うと、しばらく間をおいて「上賀茂、下鴨神社で雨にあったが、雨に煙った緑の繁みのなかに鮮やかに映える朱の色が瞼に焼き付いている」という。


そこで、“神秘的な朱色の世界”というお題で、新作のカクテルをお願いした。若いお嬢さんが京都の上賀茂神社、下鴨神社をひとり彷徨し、いつしか紡ぎ出されていった素敵な物語・・・


澤さんがじっくりと彼女の話に耳を傾け、それから顔を伏せ、しばし熟考する。


手がグラスへ向かい、そしてリキュールのボトルへと伸びる・・・

バーカウンターに嵌め込まれたライトの上に、新作のカクテルがそっと置かれる。

ライトに浮かぶヴェルミオン・ロマン(朱色の物語)

“ヴェルミオン・ロマン”(フランス語)こと、”朱色の物語”の誕生である。命名はAさんと相談し、行ったものです。澤さん、これから、これでお願いします。

ヴェルミオン・ロマン(朱色の物語)
”ヴェルミオン・ロマン”こと、”朱色の物語”の誕生である!!


写真の出来がいまひとつで、その瞬間の感動をうまくお伝えすることが出来ぬのが残念であるが、見事な作品である。

もちろん、Aさんも大感激で、自らのためだけに創られた“ヴェルミオン・ロマンに、そっと口唇をつけていた。


最後に、この一月のお題で生まれた飛龍をほうふつとさせる名作・“天橋立”をいただき、素晴らしい出逢いのあった京都の思い出深いひと夜も終焉の時を迎えたのである。

龍が昇るカクテル”天橋立”


タクシーで帰るAさんを見送り(家内は何かあったらと、タクシーのナンバーを確認しておりましたなぁ)、われわれ二人は人気もなくなった木屋町通りを下り、押小路へと入り、ホテルへと仲良く歩いて帰って行ったのでありました。

中央の明るい個所がK6
人影の消えた交差点・写真中央の明るい個所がBar K6です

 

そして、Aさんとはひと月後に松本の“レストラン澤田”で再会することとなるのである。それはまた別の機会に、アップしましょう。

割烹やました(後編)――「Bar K6」5

割烹やました(後編)――「BAR K6

 

「K6」京都市中京区木屋町二条東入るヴァルズビル2F

電話:075−255−5009

 

割烹やました-----京都グルメ編

葵祭り、割烹やましたへ 前篇

 

 「やました後編」と銘打ったのは、「やました」で旬の料理に舌鼓を打った後に行ける粋なお店を紹介したかったからである。前編で記した大将から紹介された大将らもたまに顔を出すと云うお店である。

K6外側階段

大人の雰囲気

カウンター

 

 

 

 

 

 

 

 

K6への外階段   オレンジ色の店内   大人のムード


 

 「やました」から木屋町通りを北へ2分ほど歩き二条通りに突き当たったところのヴァルズビル二階にBar「K6」はある。ホテルフジタの西隣になる。外階段を昇り薄暗い店内に入ると、カウンターとオレンジ色の照明に浮き上がった棚に色とりどりのボトルが列んでいるのが目に入る。淡くオレンジ色のベールをかけたような大人の雰囲気に満ちた小洒落た店である。入った瞬間の印象は「グ~!」であり、「大将もやるじゃ〜ん!」であった。

 

 マスターの坪倉さんに名前を告げると、カウンターに二つ席が用意されていた。ちゃんと予約の電話が入っていた。ちょっとしたことで気分はさらに「グー!」になる。カウンターには二組ほどの先客がいたが、常連さんであろう。静かに語り合う姿はお店の雰囲気を大切にしているようで、その気持ちが伝わってきて嬉しい。

 

 家内はBarなんて久しぶりとカクテルが欲しいと云い、若い女性の好む「バイオレットフィズ」なぞを注文した。わたしはバランタインをロックでと洒落て見た。そのあと、わたしも「バイオレットフィズ」なるものを頼み、家内は「ピニアカラーダ」とかいうカクテルをオーダーした。ホワイトラムとパインジュースとココナツミルクを組み合わせたものだそうだ。「K6」ではこれに細かく刻んだ林檎を入れていたが、ちょっと呑ましてもらったところ、結構、「イケタ」。

カクテル2

グラス

カクテル1

 

 

 

 

 

 


 

ピニアカラーダ           グラス       カクテル

 

「K6」の名前の由来について訊ねた。オーナーが求める理想のBARのコンセプトが6つあり、それを意味する言葉がKの頭文字を持つ6つの英単語で表せるのだという。それを目標にしたお店造りということで、「K6」としたとのこと。

そして「6つのK」とは、KINGKEYKNOWLEDGEKOHINUR(「コ・イ・ヌール=光の山」=ビクトリア女王所有のダイヤモンド),KALEIDOSCOPE(万華鏡)と、6つ目に名誉、ノアと云われたが、いま思い起こしてみてもKが頭につく該当する英語を探すことが出来ない。ともあれ6つのKを目指した店づくりを理想としているということである。

 

 京の夜も更け店内はまたわれわれだけとなり、さすがに退散することにした。マスターに外までお見送りいただいた。高瀬川の暗がりに和船がぼ〜っと浮かぶ。そして暖簾を仕舞った「やました」の前で灯を落とした町屋通りに入り、心地よい夜風を頬に受けながらぶらぶらと歩いた。

 

高瀬川の和舟

暖簾を入れたやました

灯の落ちた町屋通り

 

 

 

 

 

 


 

高瀬川に浮ぶ和舟  暖簾を入れた「やました」 灯の落ちた町屋通り

 

ホテルの入口近く暗闇のなかバイクを置いて近寄ってきた背の高い不審な男性が声を掛けた。「いま、お帰りですか」と、聞き覚えのある声色である。

何と、「やました」の松岡君であった。時刻は日付も変わった12時過ぎである。わたしたちに気づき、わざわざ挨拶に来てくれたのである。われわれお客が帰った後も後片付けなどでこんなに遅くなるのだと、改めてお客をもてなす仕事と云うのは隠れたところでこうした努力があるのだと、当り前のことを知らされたものである。

 

 京都最後の夜に思いがけず「やました」の松岡君にお会いでき、「また、来るね!気をつけてお帰り」と挨拶ができたことは、なんとも心温まる気分であった。最後までハプニングに満ち、ワクワクし、そしてすこしロマンチックですてきな「やました」の夜でありました。

 

 そして次にK6を訪ねるときに、最後のKは何だったかを確かめようと思う。

 

人気ブログランキングへ

 


最新記事
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
記事検索
livedoor プロフィール
livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
  • ライブドアブログ