彦左の正眼!

世の中、すっきり一刀両断!で始めたこのブログ・・・・、でも・・・ 世の中、やってられねぇときには、うまいものでも喰うしかねぇか〜! ってぇことは・・・このブログに永田町の記事が多いときにゃあ、政治が活きている、少ねぇときは逆に語るも下らねぇ状態だってことかい? なぁ、一心太助よ!! さみしい時代になったなぁ

源融

能・「融(とおる)」 六条河原院の縁の地を歩く 壱


友枝昭世の第13回厳島観月能「紅葉狩」の夜

能・発祥の地、新熊野神社(いまくまのじんじゃ)を訪ねた

国宝の北能舞台(西本願寺)を拝観しました!

中天の満月に水上能「融」を愉しむ=パルテノン多摩



陸奥のしのぶもぢずり誰ゆえに乱れそめにしわれならなくに

(河原左大臣:小倉百人一首)

 

塩がまにいつか来にけむ朝なぎにつりする舟はここによらなむ

(業平朝臣:続後拾遺和歌集)
 

印月池に架かる侵雪橋
六条河原跡地といわれた枳殻(きこく)亭、印月池に架かる侵雪橋 


 源融(
822895)は嵯峨天皇の第8皇子として、後宮・大原全子(おおはらのまたこ)との間に生まれ、838年に臣籍降下し、正四位下、源朝臣姓を賜った(17歳)。藤原道長の舅である源高明(たかあきら)とともに、源氏物語の光源氏のモデルと目される人物としても名高く、また世阿弥の傑作の呼び声高い「融」はまさに彼の栄枯盛衰の人生を描いたものである。

 

融は872年、51歳で左大臣にまで昇りつめたが、子どものいない陽成天皇の皇位継承の資格があるとして、その後嗣を狙った。しかし、時の実力者であった太政大臣藤原基経が、第54代仁明天皇の第三子で、時に55才となる時康親王を推し、結果として同親王が第58代光孝天皇として即位した(在位884887年)。

 

その時の基経とのやり取りが「大鏡」に次のように記されている。

 

 融「近き皇胤をたずねば、融らも侍るは」。基経「皇胤なれど、姓賜ひてただ人にて仕へて、位につきたるためしやある」

 

 つまり、藤原基経は「臣下になって、皇位に戻った例がこれまであったか、ないであろう」と、云って融の野心を打ち砕いたというものである。

 

 ところがその三年後、光孝天皇の病が重篤になった際、基経は臣籍降下した第7皇子の源定省(さだみ)を皇嗣に推挙。定省は基経の異母妹の尚侍藤原淑子の猶子で、その意味で基経との関係は深かったものの、融を廃除した理由と首尾一貫する話ではなかった。基経は天皇の崩御後、形式を整えるために定省を親王へ復し東宮となしたうえで、即座に即位させ宇多天皇として擁立した。その時の融の心境がいかばかりであったかは、想像に難くない。

 

そうした藤原氏との抗争に敗れてからは、世を厭い、隠棲、風流を友として一生を過ごすことになる。

 

六条河原院がいつ頃に造営されたかは定かでないが、貞観6年(864)に中納言、陸奥出羽按察使(あぜちし)に任ぜられて(43歳)陸奥との関わりができたことを考えると、それ以降に造られたとするのが自然であろう。ただ、「続日本後紀」などの記述から、任国へ赴任することを免除された「遥任(ようにん)」であったと言われており、塩竃の絶景を実際に一度も目にしたことがないのかどうかははっきりしない。

 

陸奥のしのぶもぢずり誰ゆえに乱れそめにしわれならなくに

 

河原左大臣(源融)が詠み人のこの小倉百人一首は、陸奥国信夫(しのぶ)郡(福島県北部、福島盆地の西半分)の信夫山辺りにちなむ短歌である。

 

また多賀城市の浮島には、「大臣宮(おとどのみや)」の跡(JR東北本線高平踏切の南東に、かつて「大臣宮(おとどのみや)」と呼ばれる小高い丘があり、「大臣宮」と刻まれた石柱が立っていた。大臣とは源融との伝承があった)が、存在していたことや、別名、源融神社と称する浮嶋神社(ご祭神:奥塩老翁神・奥塩老女神)など、塩竃への道筋に源融にまつわる神社や伝承が残っている。

 

そうした事柄を総じて見たとき、源融が千賀の浦にたたずみ、湾内に浮かぶ籬島を遠景に、藻塩を焼く紫煙がたなびく光景を目にしたに違いないと想うのが、いかにも風雅であり、また興趣が増すというものでロマンがあって心地よい。

能・「融(とおる)」 六条河原院の縁の地を歩く 弐

能・「融(とおる)」 六条河原院の縁の地を歩く 参

中天の満月に水上能「融」を愉しむ=パルテノン多摩5


能・「融(とおる)」 六条河原院の縁の地を歩く 壱

友枝昭世の第13回厳島観月能「紅葉狩」の夜

能・発祥の地、新熊野神社(いまくまのじんじゃ)を訪ねた

国宝の北能舞台(西本願寺)を拝観しました!


水上能を堪能=観世流「融」


 パルテノン多摩・きらめきの池に特設された能舞台で水上能が催された。
5日午後5時半開演に合わせて、観客が雲の流れのはやい天上の舞台を目指してぞくぞくとパルテノンの大階段を上ってゆく。
 

開演前の空、雲が速い
雲の流れがはやい

パルテノン多摩の水上能へ向かう観客
       天上の舞台を目指す観客         

開演前能舞台
きらめきの池に設営された能舞台

 

開演に先立ち、観世流能楽師の河村晴久氏が能の見方をわかりやすく解説してくれた。観世流では橋懸りから見て脇柱方向が東の方角と見立てるという。したがって月が東に昇る仕草はその方向に目をやるのだそうだ。そして時間とともに月の位置が変わる様を、徐々に右手に目をやることによって表現するという。そして幕口の方向に月が隠れることになる。当日は野外舞台である。実際の方位は反対であり、「本日は、実際には幕口の方向に月が昇ります」と、観客の笑いを誘った。

 

開演前の観客席観客席
日も落ち開演を待つ観客席

 

当日の演目・演者は以下のとおり。 

 

仕舞:「野宮」 河村晴道  「天鼓」林喜右衛門


 狂言:「狐塚」 シテ/太郎冠者 茂山正邦 
         アド/次郎冠者 茂山童司 

  アド/主人 松本薫


   能
:「融 舞返」 前シテ/汐汲の翁・後シテ/源融の霊 
                        河村晴久

             ワキ/宝生欣哉

             アイ/松本薫

          
                     笛/藤田六郎兵衛 小鼓/大倉源次郎
                     大鼓/助川治

           

          地謡 河村浩太郎 味方團 河村和晃 
  林喜右衛門 田茂井廣道 河村和重

 

 まだ明るい夕方、多摩丘陵の高処にあるパルテノン多摩。周辺の木々の緑も濃い。ニイニイ蝉がかしましい。宵の気配が迫ってくる頃、ツクツクボウシの鳴き声がまざってきた。南の空に宵の明星がひとつ明るく輝く。まだ、自然の野外装置は夏模様である。 

いよいよ開演
いよいよ開演である

南の空に宵の明星能舞台と望月

南空に宵の明星が輝く(左)・舞台頭上に望月が昇る(右)

 


 

 狂言が始まってしばらくした頃、ふと気づくと蝉の鳴き声は舞台から去り、秋の虫が一斉に涼やかな鳴き声をあげていた。きらめき池に設けられた能舞台は秋一色に染め上げられてきた。

 

 20分の休憩をはさみ、いよいよ、「融」の舞台が始まった。汐汲みの翁が登場し、ここ荒れ果てた六条河原の院が塩釜の浦に似せ造園されたとの謂れを語る頃、わたしの正面に雲ひとつ見えぬ夜空に満月が木の梢越しに昇って来た。水上能のみでなく、観月能も堪能することとなったのである。

 

望月

みごとな望月、これは観月能でもあった・・・


水面に映る舞台と樹影
水面に映る能舞台と緑の樹影

 

能舞台頭上の満月
公演終了後の舞台

 

 3時間におよぶ水上能。自然の季節感を実感しながら、河村晴久氏の早舞いと亀井広忠氏の打つ大鼓のカーンという音、裂帛の気合はまさにこの夜の圧巻であった。わたしはいつしか舞台に引き摺りこまれていた。晩夏と初秋のはざまのひと夜、蝉の声、コオロギの声、宵の明星、満月・・・、多摩丘陵で過ごした最高の夜でした。

最新記事
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

彦左衛門

livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ