彦左の正眼!

世の中、すっきり一刀両断!で始めたこのブログ・・・・、でも・・・ 世の中、やってられねぇときには、うまいものでも喰うしかねぇか〜! ってぇことは・・・このブログに永田町の記事が多いときにゃあ、政治が活きている、少ねぇときは逆に語るも下らねぇ状態だってことかい? なぁ、一心太助よ!! さみしい時代になったなぁ

桂離宮

後水尾上皇をめぐる人物と建築物−3の1 桂離宮(創建者と完成者)

  さて、アップの順序が後先になったが、桂離宮をめぐる人物と後水尾上皇との武家政権にもてあそばれた数奇な関わりについて、述べておこう。

 桂離宮は、八条宮智仁(としひと)親王(1579-1629)とその子智忠(としただ)親王(1620-1662/第1王子)の親子二代にわたって、途中の中断をふくめ約半世紀(1615-1662)をかけ建設が続けられ、完成をみた宮家の別荘である。

 

一方の修学院離宮は、造営開始が桂離宮より30余年遅れたものの、後水尾上皇の手により1655-1663年の短期間で造営、完成を見た離宮である。

 

 桂離宮の創建者である八条宮智仁親王は、第106代・正親町天皇の第5皇子である誠仁(さねひと)親王(1552-1586)の第6皇子である。

 

その兄たちに、第107代・後陽成天皇(誠仁親王第1皇子)、第170世天台座主や曼殊院門跡にもなった良恕(りょうじょ)法親王(出家後に親王宣下を受けた者/同第3皇子)、織田信長の猶子(ゆうし/養子/養父が後見人)となった邦慶(くによし)親王(同第5皇子)がいる。

 

良恕法親王の付弟(後継の弟子)が、八条宮智仁の第二王子で、法親王にとって甥にあたる、曼殊院中興の祖と言われる第29世門跡良尚(りょうしょう)法親王である。

 

 第108代・後水尾天皇(生没1596-1680/在位1611-1629)との関係でいうと、八条宮智仁親王は後水尾天皇の叔父にあたり、智忠親王は従弟にあたる。

 

 後陽成天皇は、豊臣秀吉の意向で後継天皇に第一皇子の良仁(ながひと)親王が定められていたものを、秀吉の死後、自身の意思で実弟の八条宮智仁親王へ皇位を譲ろうと画策した。そのすぐ上の兄、邦慶(くによし)親王も、織田信長の猶子であったため、武家の容喙(ようかい)を嫌悪した後陽成天皇は、皇位継承の対象から外していた。

 

 しかし、徳川の時代が明確になるとともに、周囲の延臣や徳川幕府の反対に会い、家康の推す第3皇子、政仁(まさひと)親王(後水尾天皇)に、不本意ながら皇位をゆずることとなった。

 

 こうした経緯から、武家政権の皇位継承権への容喙を嫌う後陽成天皇と後水尾天皇の実の親子でありながらの不幸な仲違いが始まったのである。

 

 徳川政権が確立してゆくなかでの天皇家と武家との根深い確執が、皇位継承に暗い影を落とし、そこに関わる幾多の人間の人生をもてあそぶこととなった。

 

 徳川政権が確立していなければ、天皇となっていたであろう「八条宮智仁親王」、さらにはその人の嫡男として皇統に名を列ねたであろう「智忠親王」と、徳川家康の後押しで天皇となった「後水尾天皇」という、叔父、甥、そして従兄弟の関係にある、政略にもてあそばれた三人の人物が、現世利益やさまざまな思いを胸に抱き、17世紀の前半に造営を企図、心を引き継ぎ、そこで余生を送った建築物が、桂離宮と修学院離宮なのである。

 

 人工美の極致ともいわれる桂離宮。洛北の大自然を取り込んだ雄大な修学院離宮。その二つの建築物には、それぞれの造営主の「天皇」という皇位をめぐる争いにもてあそばれた人間の宿命が、いやでも反映されているように思えてならぬのである。

 

 次から拝観のコース順に写真を参照しながら説明をしてゆくことにする。

後水尾上皇をめぐる人物と建築物−3の2(桂離宮・松琴亭までの径すじ)

1.  御幸門と表門

桂離宮の正門(御成門)は、離宮の北側にある「表門」であるが、天皇の御幸ほか特別な時以外に使われることはない。一般の拝観者は西側の「黒御門」と呼ばれる門から入苑する。

桂離宮黒御門
参観者入口の黒御門
 

実はわたしは桂離宮を3回拝観しているものの、表門を、いわゆる表から見たことがない。いつも、苑内の「御幸門」から内側を見るのみである。次回は黒御門から「穂垣」に沿い北上し、正真正銘の「表門」を見て来よう。


桂離宮の黒御門から表門へ向けての穂垣
この穂垣沿いに行って右折すれば、表門

右奥に隠れて参観者休所
黒御門を入り、右手奥に隠れて参観者休所

住吉の松
入苑してすぐに「住吉の松」
 

「表門」は門柱が檜の丸太で造られ、両の戸は磨き竹を詰んで頑丈に造られているが、御幸道の両脇に植わる松の古木や紅葉、混ぜ垣の外にのぞく竹林とよく馴染んだ落ち着いた古色を見せている。


御幸門より表門内側を
御幸門より表門(御成門)の内側を見る

桂離宮御幸門
御幸門

御幸門
木皮付き丸太の柱
 

「御幸門」は木皮剥き出しの丸太の柱とケタで支えられている。屋根は茅葺切妻型の簡素な造りとなっている。

 

2.    外腰掛と延段

見学はいったん御幸門、表門内側を拝観し、その後、御幸道の中ほどを左に折れ、紅葉山の名のつく離宮苑内へと入ってゆく。

御幸門から苑内への径
御幸道

そこに、松琴亭茶室へ招ぜられる客の休処、細い皮付き丸太柱で茅葺寄棟を支える「外腰掛」がある。前面と向かって右側面が開放された造りで、左側面には砂雪隠が設けられている。


参観者でいっぱいの外腰掛
参観者でいっぱいの外腰掛

外腰掛前面には、自然石と切り石を組み合わせた「行の延段」が北へ向かって真っすぐに伸びている。手前には、石灯篭、枡形を組み合わせた蹲と勾玉型の自然石が配置され、その三つの造形を目で追った先に、一直線の延段が敷かれている。その企みは見事と言うしかない。ただ、わたしには、やや、技におぼれたしつこさが鼻についた。


外腰掛横のツクバイと灯篭
石灯篭と枡形蹲と自然の勾玉石

外腰掛前の延段
行の延段(自然石と切り石で組まれている)

苔庭の水抜き
そこかしこに水抜きの穴が・・・
 

桂離宮の延段は、ここの「行の延段」に加え、笑意軒の前面の自然石のみで造られた「草の延段」、御車寄せの畳石の「真の延段」の三つ存在する。石畳の石組み一つにも、精神世界を表象する心憎い細工が施されていることには、感嘆せざるを得ない。

 

この「真・行・草」の延段は、修学院離宮の隣雲亭の、あの何気ない「一二三(ひふみ)石」が表わす「天台にいう『一心三観』の法門から、景色の実相をながめる嗜好に見えてくる。一二三石とは空観(くうがん)、仮観(けがん)、中観(ちゅうがん)で、この三つが一つの白いしっくいでつらなり一心のしっくいは、三観という三つのものの真の見方となり、広範な景色は、その実相をあらわしてくる」(曼殊院第39代門跡故山口光円師)、「空・仮・中」の世界と、その深みにおいてかなり異なるように思えるが、いかがであろうか。


修学院離宮隣雲亭の一二三石
修学院離宮の隣雲亭のタタキの「一二三石」 


外腰掛の前方には島津家から寄贈されたという蘇鉄の樹が植わっている。日本の美の極致と称される「桂離宮」の苑内で出会う最初の風景に、蘇鉄はいかにも不似合いと感じる。創建当時は貴重であったが故に蘇鉄が高貴な者の証であったとは言え、いつ見ても、この光景はどうもわたしの心にしっくりなじまない。


島津家寄贈の蘇鉄
蘇鉄の山
 

3.    松琴亭への小径

飛び石伝いに小暗がりを抜けると、小さな石橋と手前横手に「鼓の滝」が涼しげな水音を立てている。

飛び石
松琴亭へつづく飛び石

鼓の滝
鼓の滝

州浜から松琴亭を望む
眼前が開け、松琴亭が見える

州浜と天の橋立
突端に灯篭が立つ州浜と天の橋立に見立てた石橋

そして、前面が開け、突端に灯篭を立てた州浜が広がり、さざ波がたつ池面へと視線がたどる。その先には天の橋立に見立てた石橋がかかり、ちょっと左に目を転じると「松琴亭」が一望できる。松琴亭には池沿いの飛び石の小径を踏みしめながら、ゆっくりと歩を進める。


松琴亭石橋手前の灯篭

松琴亭側から石橋を
松琴亭に架かる石橋(松琴亭側から)

松琴亭から州浜方向を
松琴亭から今まで歩いてきた池畔の径と水景色

秋の松琴亭
秋の松琴亭

石橋手前から松琴亭を
参観者は外から見学
 

松琴亭へ架けられた見事な石橋の手前に、灯篭がさりげなく配されている。飛び石に注意を注ぎ過ぎると、見落としてしまうので、できるだけゆっくりと景色を愉しみながら、歩きたいものである。

 

後水尾上皇を巡る人物と建築物 2の1 =修学院離宮5

後水尾上皇を巡る人物と建築物 1 へもどる
 

2の1---修学院離宮の沿革と拝観留意事項


 総門
工事中の総門
総門より修学院道を
総門から修学院道を 
総門拝観者集合場所
拝観者集合場所(総門前)




?沿革
 後水尾上皇には徳川幕府への反骨姿勢や皇位後継問題にからむ後陽成天皇への根深い思いなど粘着質の強いかつ苛烈な意志力を感じる。そうした人物がその造営に甚だしいこだわりをみせた離宮のひとつが修学院離宮である。

 

 修学院離宮の(わたしの撮った写真による)拝観前にその沿革について記すが、宮内庁監修の小冊子「修学院離宮」(平成18年版)の「修学院離宮の歴史」にわかりやすく記載されているので、それを忠実に以下に引用させていただく。

 

「修学院の名は、10世紀後半ここに修学院という寺が建立されたのが始まりであった。南北朝時代以後この寺は廃絶したが、地名は修学院村として残った。修学院離宮は、桂離宮におくれること30余年、明暦元年から2年(西暦16551656年)にかけて後水尾上皇によって造営工事が起こされ、万治2年(1659年)に完成した山荘である。離宮の造営より早く上皇の第一皇女梅宮が得度して、現在の中離宮付近の円照寺に草庵を結ばれていたが、早くから別荘としての適地を探しておられた上皇は円照寺を大和の八嶋に移し、上【かみ】と下【しも】の二つからなる御茶屋を建設した。幕府との間に緊張が続いた時代であっただけに、短期間にこれほど大規模な山荘を造営し得たことは一つの驚異でもある。中【なか】の御茶屋は創建当時の山荘にはなかったものであるが、上皇の第八皇女光子【みつこ】内親王(朱宮【あけのみや】)のために建てられた朱宮御所に東福門院(後水尾上皇の皇后、将軍徳川秀忠の娘和子)亡き後の女院御所の建物を一部移築して拡張した。上皇崩御の後、光子内親王は落飾得度してこれを林丘寺【りんきゅうじ】となされた。明治18年(1885年)林丘寺門跡から境内の半分が楽只軒【らくしけん】、客殿とともに宮内省に返還されたので、離宮に編入したものである。昭和39年(1964年)上・中・下の各離宮の間に展開する8万?に及ぶ水田畑地を買い上げて付属農地とし、景観保護の備えにも万全を期して今日に至っている」【】は筆者の注

 

?拝観にあたっての留意事項

 参観者入口で宮内庁職員のチェックを受け、参観者休所でビデオにより数分間、拝観コースや建築物等の説明を受ける。その後、職員の先導により総面積54.5万?、標高差40mの宏大な苑内拝観がスタートする。苑路約3km、所要時間約1時間20分のコースである。当日(117日土曜日)の参観者はおよそ30名弱でした。

 

 修学院離宮は西から東に約40mの標高差があるので、中御茶屋に向かう松並木以外は全般的に登り坂か反対に下り坂という高低差がある。したがって1時間20分の徒歩による踏破には、かなりの体力と脚力が必要となる。実際に杖を携行していたわたしは、入苑の際に職員から「起伏のある3kmだが大丈夫か」と念押しをされた。ちなみに3年2か月前(200511月)の参観の際には、杖を携行していたが何も言われなかったので、やはり足元不如意と見られる歳になったのだと、年齢を実感させられたものである。もちろんわたしは昂然と「大丈夫!前回も回っているから」と、言い放った。3年前などと言わぬのは当然のこと。

 

参考のために申し上げると、後でアップする「桂離宮」は飛び石伝いに歩く行程が多いので、歩きやすさの面から見れば修学院離宮(基本的に砂利道)のほうが平易である。ただ高低差と苑路距離の面で、桂川沿いの平坦地に建つ桂離宮(参観距離約1km)に較べ、修学院離宮はやはり脚力がしっかりしていないと、後半、歩くのに一生懸命で、景色をゆっくり見る余裕がなくなるという情けない結果となる。

 

 今回も参観の後半、足を痛めた老夫婦(奥様が杖携行)が汗をかきながら景色を愛でる姿は、ちょっと可哀想であった。かく言うわたしも下御茶屋から雄滝に下る急坂以降は何のことはない必死の「八甲田山行軍」であった。1月というのにしっかりと汗をかかせていただきました。と言うことで、足元不如意の参観希望の場合は、事前に宮内庁にご自身の状態をよくお伝えしたうえで、大丈夫と判断されて行かれることをお奨めする。折角の名園拝観が、嫌な思い出にならぬよう入念な準備と調査が必要である。

 

周遊コース途中で引き返す方も実際にいらしたとのことだが、職員が先頭に一人(この方が説明者)、最後尾に一人という見学単位で、途中リタイアということはつまり休所に戻らねばならず、職員の人手やショートカット出来ぬ回遊式庭園の特徴から自他ともに多大な負担をかけることになるので、申込み前の周到な事前ヒアリングがことさらに必要と言う理由なのである。

 

 桂離宮は滑りやすい飛び石注意(雨天は危険)でハイヒールは避け、歩きやすく滑りにくい底の靴がよい。

 修学院離宮は起伏があり距離もあるので、足に負担のかからぬ靴がよく、自身の脚力・体力で大丈夫かを入念にヒアリング(既見学者・宮内庁)しておくと安心。

 

 前置きが長くなったが、それでは苑内、まず下御茶屋に入ってゆくことにしよう。

 

後水尾上皇を巡る人物と建築物 2の2 下御茶屋につづく

 

  


 

名勝嵐山の桂川は変幻自在――古都散策5

(彦左の正眼サイト内の写真等一切のコンテンツの転用を禁止します)

名勝嵐山の桂川
は変幻自在――古都散策

 

 京の名勝、嵐山の麓を流れる桂川は、淀川水系に属する全長107劼琉豕蕾論遒任△襦

 

 実はこの川はその名称において一本の河川でありながら、南丹市美山の佐々里峠を源流とする上流部から淀川に合流するまでの下流部にいたり、いくつかの名称を有す珍しい川なのである。

渡月橋

 

渡月橋遠望

 

 

 

 

 

 行政上の名称は「桂川」ひとつの名称で統一されているのだが、古来、流域毎にそれぞれの通称で呼びならわされてきた。その習慣といおうか、その呼び名は今日でも地元の人のなかに息づいている。以下に上流部から順に名称を並べてみる。

 

 上桂川(かみかつらがわ) → 桂川(かつらがわ) → 

 大井川(おおいがわ) → 保津川(ほづがわ) → 

 大堰川(おおいがわ)→ 桂川(かつらがわ)

 

 というふうに、変幻自在に名称を変えるのである。まるで流域の景勝の地に合わせ、身にまとう衣も替えるがごとくにである。古都の雅(みやび)になんともふさわしい趣向とも見られなくもないのである。

 

 誰もが知っている渡月橋の真下を流れている川の名称は、桂川ではなく「大堰川(おおいがわ)」である。現に、渡月橋の東岸袂(たもと)に「大堰川」の石碑が建っている。「あれっ!」と、感じた人たちも多いのではなかろうか。嵐山→渡月橋→桂川は、京都の代表的景勝地をあらわす連想ゲームのようなものである。ところが、渡月橋の真下を流れる川の通称は「桂川」ではなく「大堰川」。

大堰川・保津川境の大堰

 

保津川・大堰川の境の堰(せき)

 

 

 

 

 

実はこの「大堰川」は渡月橋のすぐ上流の堰(せき)とすぐ下流の堰の間だけの、わずか2劼曚匹寮邏擇量松里砲垢ないのである。古代、葛野川(かどのがわ)と呼ばれた暴れ川(現、桂川)を治めるため、この地域の支配者である秦(はた)氏が六世紀頃、下嵯峨から松尾にかけて大堰を築き、治水に貢献したのだそうだ。その偉業に敬意を表し、いまだ「大堰川」と呼びならわしているのかも知れないと想いを馳せるとき、悠久の歴史を誇る都人の矜持のようなものを感じずにはいられぬのである。

大堰川と渡月橋

 

大堰川と渡月橋

 

 

 

 

 

そして亀岡からの16劼砲錣燭觀銘の流れを舟下りする「保津川下り」も、やはり「桂川下り」ではどうも渓流下りとしての名称としては語感が悪く、趣に欠ける

保津川下りの小舟

 

 

保津川下りの小舟

 

 

  

 

桂離宮古書院・新御殿 

桂離宮の古書院・中書院・新御殿 

 

 

 

 

桂離宮松琴亭

 

桂離宮の松琴亭室内

 

 

 

 

 

そして渡月橋下流に位置する桂離宮のすぐ東を流れるその川は、名月の景勝地に冠される「桂」という「川」でなければならぬ。そう!その名称はまさに「桂川」なのである。先人たちの心もちの豊かさには感服!!



古都散策--桂離宮5

桂離宮−−−古都散策 

 昨年十一月の桂離宮の散策である。紅葉には早いと思っていたので、ことの外、その紅が美しく、目と心に焼きついた。森閑とした庭を巡り、日頃の慌ただしさを暫し、忘れた。  

 そして入場の予約時間に少し間があったので、離宮南にある饅頭屋中村軒で名物の麦代餅(ムギテモチ)とお薄を一緒に戴いた。その味は古都の味わいであった。

桂離宮1

 桂離宮2

最新記事
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

彦左衛門

livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
  • ライブドアブログ