彦左の正眼!

世の中、すっきり一刀両断!で始めたこのブログ・・・・、でも・・・ 世の中、やってられねぇときには、うまいものでも喰うしかねぇか〜! ってぇことは・・・このブログに永田町の記事が多いときにゃあ、政治が活きている、少ねぇときは逆に語るも下らねぇ状態だってことかい? なぁ、一心太助よ!! さみしい時代になったなぁ

政権の正統性

菅直人氏が後継代表濃厚=「逃げ隠れ」する新代表で民主党は国民の信を問え

 鳩山総理の辞任表明を受け、早速、民主党の後任代表のポスト争いにマスコミの関心が移った。

 

 でも、ちょっと待って欲しい。

 

 支持率が下がって、政権維持が困難として、総理の首の挿げ替えを繰り返し、民意に基づかぬ自民政権に「正統性はない」と糾弾してきたのは、ほかならぬ民主党ではなかったのか。

 

 そして、自民党のそうした選挙によらぬ総理ポストのたらい回しに怒った国民が、308という空前の議席数を民主党に与え、政権交代を果たしたのは、つい9ヶ月前のことである。

 

 今日、岡田外務大臣、前原国交大臣らが「小沢一郎議員の影響排除」を前提として菅直人氏支持を相次いで表明、菅氏の民主党代表就任が濃厚となってきた。

 

 しかし、国民は自民党が行なった総理のたらい回しで、民主主義の原則にもとる政治の理不尽さに怒りを覚えてきたはずである。そして、今度は、鳩山首相の下で、嫌というほど「総理の資質」とは何かを学び、考えさせられたはずである。

 

「クリーンな政治」はもちろん大事である。だが、国を引っ張ってゆく総理大臣は明確な国家ビジョンと確固たる政治信条がなければ務まらぬことを、この8ヶ月の政治の迷走で知った。

また、米国との信頼をぶち壊した結果、先方の言うがままに普天間の共同声明を呑まされた。そして、日米地位協定の見直しなどどこかへ吹っ飛んでしまい、国益の毀損という大きな代償を払わされた。総理の資質が国家の将来を左右する極めて大事な問題であることをわれわれは痛感させられたばかりである。

 

 その総理の資質を菅という人物が備えているかと問われれば、私は即座に「NO!」と答えざるを得ない。その理由は大きく二つある。

 

 一つは、鳩山内閣のなかで副総理というNO2の立場にありながら、普天間問題に関し、「私は直接、普天間の問題には関わっていない」と、明言したことである。

 

 鳩山内閣が、いかに「最低でも県外」という首相自身の言葉で追い込まれていったとはいえ、安全保障という国の根幹に関わる沖縄問題の解決へ向けた政治課題について、「無関係だ」と洞ヶ峠を決め込む政治姿勢は、一国を率いて行く総理の資質としては、零点と言わざるを得ない。

 

 必死に一政治家としての安全保障の考え方を総理に訴え、助言すべきであった。ましてや、彼は副総理の地位にあったのだから。そういう意味では、副総理としてもすでに失格の烙印を私は押すしかなかったのである。

 

 第二に、旧聞に属するが女性問題で週刊誌に取り上げられた時の、菅氏の対応である。こうした時の対応は、ある種、その人間の本質に近い姿を見ることが出来ると私は考えている。ある意味、皮肉ではあるが危機対応能力にも相通じるものがあるとも考えている。

 

 そうした観点で、あの醜聞を思い起こすと、菅という人物が廊下の蔭だったかどこだったかコソコソと記者から逃げ隠れしていた写真の姿が、私の脳裡に色濃く焼き付けられているのである。

 

 その件では、「不適切な関係はない」と釈明した菅氏がお相手の女性を「愛人」と報じた週刊誌に対し法的手段を講じることもなく、何かウヤムヤのうちに終わらせてしまったようだ。いずれにしても、「クリーンな政治」を標榜するのであればなおさらのこと、堂々たる人生を歩む人物こそ、総理として、国民を引っ張ってゆく人物として、ふさわしいのだと思う。

 

 その意味で、内閣に難題が降りかかった際にも、自分の身に醜聞の疑いが降りかかった際にも同様に「逃げ隠れ」し、己の心情を明快に述べなかった人物は、とてもではないが、総理の資質を欠くと断定せざるを得ないのである。

 

 その一方で、やはり、ここは政治の常道として、総選挙によって民意を問うべきである。

 

もし民主党が新代表による総理を選んだとしても、国会召集の冒頭解散を断行し、衆参同日選挙で国民の信を再度問うべきだと考える。そのことこそが、民主党自身が糾弾してきた政権の正統性を与えるものであることは、彼らが一番よく知っているはずである。政権選択の総選挙こそが、次の政権に国を運営してゆく「正統性」を与える唯一の道であると信じるが、いかがであろうか。

安倍後継内閣が早急になさねばならぬこと3

安倍晋三総理大臣の突然の辞任表明で12日午後からこの日本は、上を下への大騒ぎとなった。自民党の有力者たちも記者の問い掛けに対し、言葉がすぐには口を突いて出てこないといった状況で、永田町の混乱振りがテレビを通じて国民の目の前に曝されることとなった。

 

また小沢一郎民主党代表も当日の記者会見では驚きと戸惑いの表情を隠さなかった。テロ特措法の延長問題で手ぐすねひいて政権交代のシナリオを練りに練っていたところに、正面の敵が忽然(こつぜん)と消え去ったのである。鳩山由紀夫民主党幹事長の「一番打者としてバッターボックスに入ろうと思った瞬間に、投手がいなくなった」との表現はまさに言い得て妙である。小沢代表は会見で「自民党の総裁が代わったからといって、民主党の考え方が変わることはありえない」旨の発言を行なったが、そのことは当然であり、事の道理でもある。

 

 一方、自民党は即日、次期総裁候補選びに向けて走り出した。そして安倍総理の辞任表明から一夜明けた13日、メディアも一斉に後継総裁が誰になるのか、その取材合戦はヒートアップしている。

 

 しかし、そもそも729日の参議院総選挙の自民党大敗を受けた衆参両議院のねじれ現象から政局は混迷を深め、今後の国会運営の見通しも定かでない状況にあった。そうしたなかでの辞任表明である。わが国の政治は一挙にその不安定さを増幅させることとなった。

このままの「ねじれ国会」の状態で自民党の後継内閣が出てきたとしても、今後、整斉と政策論議を闘わせることはきわめて難しいと言わざるをえない。

 

民主党は小沢代表の言うように「できるだけ早い機会に総選挙の実施」に持ち込むためあらゆる手段を弄してくることは必至である。北朝鮮の核保有問題やイラク戦争の帰趨、米国大統領選の本格化、温暖化防止、信頼を失墜した年金制度、格差社会の拡大等々、わが国をめぐる問題は内外を問わず山積している。その置かれている政治環境から一時の政治の空白、政策判断の猶予も許されないことは明らかである。

 

自民党内での総裁選日程決着に至る綱引きや駆け引き、さらには与野党ふくめたいたずらな「政局ごっこ」をする暇(いとま)は寸時もないと心得るべきである。政治の混乱を一刻も早く収拾し、内外の懸案解決にむけて議論を重ね、その成果をひとつひとつ挙げてゆくことこそいま政治に求められているもっとも大きな使命のはずである。要はあらたな政権はその拠って立つ正統性を具備してなければならないということである。

 

 そのためには、特にこうした唐突な形で首相が辞任した場合には、まず後継内閣の性格は選挙管理内閣でなければならぬ。そして速やかに衆議院の解散、総選挙を行なうことで国民に政権選択の道を与えるのが、議会制民主主義の本来の筋というものではなかろうか。今この時期、自民党政権の延命という党利党略だけで国民の意思をないがしろにしたまま、いたずらに政治の混乱を続けさせるべきではない。

 

国の主権者たる国民が総選挙によって選択した政権にこそ「正統性」が与えられる。ちょうど二年前の熱に浮かされたような郵政総選挙の結果は、そもそも安倍自公政権そのものに正統性を与えたものでなかったことは自明である。自民党は早急に選挙管理内閣を準備し、そのうえであらためて政権選択を国民に問うべきである。その結果が自民党政権になるのか、民主党政権になるのか、いずれにせよ総選挙によって選ばれた政権には、国会のねじれ現象が残るか否かに関わらず、その正統性が国民によって与えられたことだけは紛れもない事実なのだから。そうした国民の強い意思をたとえ自民党であろうが、民主党であろうが、無視することなどできようはずはないのである。安倍後継内閣のなさねばならぬことはただひとつである。


最新記事
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

彦左衛門

livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
  • ライブドアブログ