彦左の正眼!

世の中、すっきり一刀両断!で始めたこのブログ・・・・、でも・・・ 世の中、やってられねぇときには、うまいものでも喰うしかねぇか〜! ってぇことは・・・このブログに永田町の記事が多いときにゃあ、政治が活きている、少ねぇときは逆に語るも下らねぇ状態だってことかい? なぁ、一心太助よ!! さみしい時代になったなぁ

後水尾上皇

後水尾上皇をめぐる人物と建築物−3の1 桂離宮(創建者と完成者)

  さて、アップの順序が後先になったが、桂離宮をめぐる人物と後水尾上皇との武家政権にもてあそばれた数奇な関わりについて、述べておこう。

 桂離宮は、八条宮智仁(としひと)親王(1579-1629)とその子智忠(としただ)親王(1620-1662/第1王子)の親子二代にわたって、途中の中断をふくめ約半世紀(1615-1662)をかけ建設が続けられ、完成をみた宮家の別荘である。

 

一方の修学院離宮は、造営開始が桂離宮より30余年遅れたものの、後水尾上皇の手により1655-1663年の短期間で造営、完成を見た離宮である。

 

 桂離宮の創建者である八条宮智仁親王は、第106代・正親町天皇の第5皇子である誠仁(さねひと)親王(1552-1586)の第6皇子である。

 

その兄たちに、第107代・後陽成天皇(誠仁親王第1皇子)、第170世天台座主や曼殊院門跡にもなった良恕(りょうじょ)法親王(出家後に親王宣下を受けた者/同第3皇子)、織田信長の猶子(ゆうし/養子/養父が後見人)となった邦慶(くによし)親王(同第5皇子)がいる。

 

良恕法親王の付弟(後継の弟子)が、八条宮智仁の第二王子で、法親王にとって甥にあたる、曼殊院中興の祖と言われる第29世門跡良尚(りょうしょう)法親王である。

 

 第108代・後水尾天皇(生没1596-1680/在位1611-1629)との関係でいうと、八条宮智仁親王は後水尾天皇の叔父にあたり、智忠親王は従弟にあたる。

 

 後陽成天皇は、豊臣秀吉の意向で後継天皇に第一皇子の良仁(ながひと)親王が定められていたものを、秀吉の死後、自身の意思で実弟の八条宮智仁親王へ皇位を譲ろうと画策した。そのすぐ上の兄、邦慶(くによし)親王も、織田信長の猶子であったため、武家の容喙(ようかい)を嫌悪した後陽成天皇は、皇位継承の対象から外していた。

 

 しかし、徳川の時代が明確になるとともに、周囲の延臣や徳川幕府の反対に会い、家康の推す第3皇子、政仁(まさひと)親王(後水尾天皇)に、不本意ながら皇位をゆずることとなった。

 

 こうした経緯から、武家政権の皇位継承権への容喙を嫌う後陽成天皇と後水尾天皇の実の親子でありながらの不幸な仲違いが始まったのである。

 

 徳川政権が確立してゆくなかでの天皇家と武家との根深い確執が、皇位継承に暗い影を落とし、そこに関わる幾多の人間の人生をもてあそぶこととなった。

 

 徳川政権が確立していなければ、天皇となっていたであろう「八条宮智仁親王」、さらにはその人の嫡男として皇統に名を列ねたであろう「智忠親王」と、徳川家康の後押しで天皇となった「後水尾天皇」という、叔父、甥、そして従兄弟の関係にある、政略にもてあそばれた三人の人物が、現世利益やさまざまな思いを胸に抱き、17世紀の前半に造営を企図、心を引き継ぎ、そこで余生を送った建築物が、桂離宮と修学院離宮なのである。

 

 人工美の極致ともいわれる桂離宮。洛北の大自然を取り込んだ雄大な修学院離宮。その二つの建築物には、それぞれの造営主の「天皇」という皇位をめぐる争いにもてあそばれた人間の宿命が、いやでも反映されているように思えてならぬのである。

 

 次から拝観のコース順に写真を参照しながら説明をしてゆくことにする。

後水尾上皇を巡る人物と建築物 2の3=修学院離宮(中御茶屋へ)5

ブログネタ
修学院離宮 に参加中!

2の3 中御茶屋(なかのおちゃや)=中離宮 (楽只軒・客殿)


 【本来の修学院離宮の姿と後水尾上皇の造営コンセプト

 

 中御茶屋はそもそも後水尾上皇が造営した離宮を構成する構築物ではない。「2の1 沿革」のなかで引用した「修学院離宮の歴史」(宮内庁監修)で述べられているように明治18年(1885年)林丘寺門跡から境内の半分が楽只軒(らくしけん)、客殿とともに宮内省に返還されたので、離宮に編入したものである。昭和39年(1964年)上・中・下の各離宮の間に展開する8万?に及ぶ水田畑地を買い上げて付属農地とし、景観保護の備えにも万全を期して今日に至って」おり、上皇の離宮造営の構想にはなかった構築物であり、上皇が離宮として使用したものではない。


赤松並木の間から見える田畑
赤松並木から垣間見える買い取った田畑


 

 つまり創建当時の修学院離宮は、下御茶屋と上御茶屋という二つのゾーンとそれを結ぶ畦道から構成された構築物と庭園であった。したがって後水尾上皇との関係において離宮を語るときには、この中御茶屋をはずして評論するのが適当である。

 

その視点で上御茶屋との対比において下御茶屋の意味を問い直して見る、また下御茶屋との対比における上御茶屋の位置づけを考えて見るのも一興ではなかろうか。わたしには、幕府と相対峙した不屈の人物、後水尾上皇がさまざまな思いの中で造営に全精力を尽した修学院という離宮本来の姿が、そのことでより鮮明に浮かび上がってくるように思えるのである。

 

 

上御茶屋でいまわれわれが目にできる建屋は寿月観のみである。しかし、現在では名を残すのみであるが、創建時には最大の建物であった「彎曲閣(わんきょくかく)」や「蔵六庵(茶室)」、「御清所(台所)」とともに相応のもてなしのできる機能は整えられていたという。

 

 また宮内庁職員の案内によると、現在の離宮は周囲に境界としての垣根が厳重に設けられているが、明治に入り離宮が宮内省の所管となるまでは全周にわたる垣根は存在せず、洛北の自然と一体となったいたってのんびりとした開放的な山荘であったという。

 

 そうした話も参考に離宮のコンセプトを考えると、下御茶屋では厨房を備えた宿泊設備も整えられた彎曲閣で、はるばる洛北のはずれまで足を延ばしてくれた賓客を心ゆくまでもてなしたのではなかろうか。そして寿月観から東山の頭上にかかる名月をめでたに違いない。

 

 そして名月を堪能した翌日にでもハイキングのような感覚で、上御茶屋へと畦道を上り、隣雲亭(りんうんてい)で眼下に洛中の街並み、西方に西山の連山、その奥に突き出る愛宕山の山頂を眺めて自然の大パノラマを満喫し、雄滝の落水の音に清涼感を覚え、窮邃亭(きゅうすいてい)で乾いた喉を潤したのではなかろうか。
 


西山愛宕山を望む


隣雲亭(上御茶屋)から見る西山連峰

 

 さらに浴龍地(よくりゅうち)で船遊びに興じ、疲れては万松塢の御腰掛けでひと時の休息をとったのであろう。夕日が西山にかかる頃、大刈込みの堰堤の上に当たる西浜の小径から夕日にきらめく下御茶屋を見下ろし、その向こうに広がる洛中の街並みや西山連峰の景観を目にし、自然との一体感を全身で感じ取って、下御茶屋へと下っていったのであろう。 

浴龍池

隣雲亭からの浴龍池

 

 そう想像してみると、下御茶屋の今はない彎曲閣もふくめその造園形式は大自然との対比において、敢えてこじんまりとさせかつ人工的なものであったのではないかと考えられる。

 

 そう考えると、寿月観へ至る池を配した小さな庭園の意味がより鮮明に理解できる。

この修学院離宮は下御茶屋の人工美と上御茶屋の自然美という対比で造られたと、考えたくなるのである。畦道というなんの作為もない、しかしどこか「能舞台」に至る一の松、二の松、三の松を配した「橋懸り」のような一本道を通じ、その対極の世界を東西にしかも高低差をもたせて対置させた。貴人には40mの高低差はきつい。また上御茶屋の御成門に入ってから隣雲亭に至る小経は両脇に垣根が迫り、狭隘感を客人に抱かせる。またその急勾配が喉の渇きをいっそうつのらせたことだろう。

 

 だからこそ人ひとりの幅しかない最後の石段を登り終え、隣雲亭の縁側に腰を掛けた時、眼前に広がる大パノラマは、それまでの小経との対比においてその開放感という一点で効果は抜群であろう。また客人の頬を撫でる比叡下しの涼風は至上のもてなしに思えたことであろう。

 

 この心憎いばかりの「対比」の演出が、この修学院離宮を造営した後水尾上皇のコンセプトだったのではなかろうか。それはまた叔父にあたる八条宮智仁親王が30年程前に造営した「桂離宮」という人工美の極致との「対比」、「対抗心」でもあったのではないのか。

 

 そしてその「対比」こそが、後水尾上皇が内奥に秘めた性格、「強い執着」そのものだったのではなかろうか。

 

【2の4につづく】
後水尾上皇を巡る人物と建築物 1 にもどる


中離宮表門

中御茶屋表門

後水尾上皇を巡る人物と建築物 2の1 =修学院離宮5

後水尾上皇を巡る人物と建築物 1 へもどる
 

2の1---修学院離宮の沿革と拝観留意事項


 総門
工事中の総門
総門より修学院道を
総門から修学院道を 
総門拝観者集合場所
拝観者集合場所(総門前)




?沿革
 後水尾上皇には徳川幕府への反骨姿勢や皇位後継問題にからむ後陽成天皇への根深い思いなど粘着質の強いかつ苛烈な意志力を感じる。そうした人物がその造営に甚だしいこだわりをみせた離宮のひとつが修学院離宮である。

 

 修学院離宮の(わたしの撮った写真による)拝観前にその沿革について記すが、宮内庁監修の小冊子「修学院離宮」(平成18年版)の「修学院離宮の歴史」にわかりやすく記載されているので、それを忠実に以下に引用させていただく。

 

「修学院の名は、10世紀後半ここに修学院という寺が建立されたのが始まりであった。南北朝時代以後この寺は廃絶したが、地名は修学院村として残った。修学院離宮は、桂離宮におくれること30余年、明暦元年から2年(西暦16551656年)にかけて後水尾上皇によって造営工事が起こされ、万治2年(1659年)に完成した山荘である。離宮の造営より早く上皇の第一皇女梅宮が得度して、現在の中離宮付近の円照寺に草庵を結ばれていたが、早くから別荘としての適地を探しておられた上皇は円照寺を大和の八嶋に移し、上【かみ】と下【しも】の二つからなる御茶屋を建設した。幕府との間に緊張が続いた時代であっただけに、短期間にこれほど大規模な山荘を造営し得たことは一つの驚異でもある。中【なか】の御茶屋は創建当時の山荘にはなかったものであるが、上皇の第八皇女光子【みつこ】内親王(朱宮【あけのみや】)のために建てられた朱宮御所に東福門院(後水尾上皇の皇后、将軍徳川秀忠の娘和子)亡き後の女院御所の建物を一部移築して拡張した。上皇崩御の後、光子内親王は落飾得度してこれを林丘寺【りんきゅうじ】となされた。明治18年(1885年)林丘寺門跡から境内の半分が楽只軒【らくしけん】、客殿とともに宮内省に返還されたので、離宮に編入したものである。昭和39年(1964年)上・中・下の各離宮の間に展開する8万?に及ぶ水田畑地を買い上げて付属農地とし、景観保護の備えにも万全を期して今日に至っている」【】は筆者の注

 

?拝観にあたっての留意事項

 参観者入口で宮内庁職員のチェックを受け、参観者休所でビデオにより数分間、拝観コースや建築物等の説明を受ける。その後、職員の先導により総面積54.5万?、標高差40mの宏大な苑内拝観がスタートする。苑路約3km、所要時間約1時間20分のコースである。当日(117日土曜日)の参観者はおよそ30名弱でした。

 

 修学院離宮は西から東に約40mの標高差があるので、中御茶屋に向かう松並木以外は全般的に登り坂か反対に下り坂という高低差がある。したがって1時間20分の徒歩による踏破には、かなりの体力と脚力が必要となる。実際に杖を携行していたわたしは、入苑の際に職員から「起伏のある3kmだが大丈夫か」と念押しをされた。ちなみに3年2か月前(200511月)の参観の際には、杖を携行していたが何も言われなかったので、やはり足元不如意と見られる歳になったのだと、年齢を実感させられたものである。もちろんわたしは昂然と「大丈夫!前回も回っているから」と、言い放った。3年前などと言わぬのは当然のこと。

 

参考のために申し上げると、後でアップする「桂離宮」は飛び石伝いに歩く行程が多いので、歩きやすさの面から見れば修学院離宮(基本的に砂利道)のほうが平易である。ただ高低差と苑路距離の面で、桂川沿いの平坦地に建つ桂離宮(参観距離約1km)に較べ、修学院離宮はやはり脚力がしっかりしていないと、後半、歩くのに一生懸命で、景色をゆっくり見る余裕がなくなるという情けない結果となる。

 

 今回も参観の後半、足を痛めた老夫婦(奥様が杖携行)が汗をかきながら景色を愛でる姿は、ちょっと可哀想であった。かく言うわたしも下御茶屋から雄滝に下る急坂以降は何のことはない必死の「八甲田山行軍」であった。1月というのにしっかりと汗をかかせていただきました。と言うことで、足元不如意の参観希望の場合は、事前に宮内庁にご自身の状態をよくお伝えしたうえで、大丈夫と判断されて行かれることをお奨めする。折角の名園拝観が、嫌な思い出にならぬよう入念な準備と調査が必要である。

 

周遊コース途中で引き返す方も実際にいらしたとのことだが、職員が先頭に一人(この方が説明者)、最後尾に一人という見学単位で、途中リタイアということはつまり休所に戻らねばならず、職員の人手やショートカット出来ぬ回遊式庭園の特徴から自他ともに多大な負担をかけることになるので、申込み前の周到な事前ヒアリングがことさらに必要と言う理由なのである。

 

 桂離宮は滑りやすい飛び石注意(雨天は危険)でハイヒールは避け、歩きやすく滑りにくい底の靴がよい。

 修学院離宮は起伏があり距離もあるので、足に負担のかからぬ靴がよく、自身の脚力・体力で大丈夫かを入念にヒアリング(既見学者・宮内庁)しておくと安心。

 

 前置きが長くなったが、それでは苑内、まず下御茶屋に入ってゆくことにしよう。

 

後水尾上皇を巡る人物と建築物 2の2 下御茶屋につづく

 

  


 

後水尾上皇を巡る人物と建築物−−−1=修学院離宮・圓通寺・桂離宮・曼殊院5


修学院離宮 浴龍池と万松塢(ばんしょうう)


浴龍池


桂離宮 左:古書院 右:月波楼


桂離宮

 

 
1.後水尾上皇をめぐる人々

 修学院離宮を造営した後水尾上皇
15961680は、昭和天皇が薨去(こうきょ)されるまでは、神話時代を除く歴代天皇のなかで最長寿を誇った天皇である。享年85歳であった。京都東山区泉涌寺(せんにゅうじ)山内町の真言宗泉涌寺内の月輪陵(つきのわのみささぎ)に葬られている。

 

 後水尾上皇は徳川幕府草創期に「勅許紫衣法度」や「禁中並公家諸法度」を無視し、高僧に紫衣着用の勅許を与えた「紫衣(しえ)事件」(1627)を起こすなど、朝廷支配を強化する幕府に対し激しく抵抗した気骨あふれる天皇として有名である。また長寿とともに34名もの皇子女に恵まれるなど、そのエネルギッシュな生命力と旺盛な精力も特筆されるところである。

 

 その後水尾上皇は後陽成天皇(15711617)の第3皇子であったが、その皇位継承にいたる経緯は簡単なものではなかった。豊臣政権から徳川幕府へと激動の時代にあって武家と朝廷との確執のなかで、さまざまな人物、政権の思惑のなか紆余曲折を経て定まったものである。

 

その経緯を概観すると、そもそも後水尾上皇の父たる後陽成天皇は時の権力者である関白豊臣秀吉の意向によって皇位後継者を第1皇子の良仁(ながひと)親王(後の覚深法親王=仁和寺第21世門跡)と定められていた。しかし秀吉の死後、天皇は自らの意思による譲位を望んだ。そして弟の八条宮智仁(としひと)親王(桂離宮造営)への皇位継承を画策したが、周りの廷臣や徳川幕府の反対から、家康の推す第3皇子である政仁(ことひと)親王(後水尾天皇)を後継者として立てることにしぶしぶ同意させられたのである。

皇位継承者の政仁親王(後水尾天皇)が実子であるにもかかわらず、後陽成自身の思いに沿わぬ譲位となった結果、後陽成天皇の後水尾天皇に対する思いは複雑で、結局、親子の関係は冷え、著しく不仲なものとなった。

 

後水尾天皇の方も父への思いは氷のように冷たく、深い遺恨を残すものであったと考えられる。その思いの表れが、父に対する諡号(しごう=死後にその徳を称えて贈る称号)の贈与のなされ方である。なんと父の諡号に、暴君との理由から退位を余儀なくされたとされる陽成天皇(869949の「陽成」の加後号「後陽成」を選んだのである。そして自分自身は陽成天皇の父である清和天皇(850881)の御陵に因んだ異名「水尾」帝の加後号「後水尾」を贈らせるという過去に例のない(父子逆転の)ことを行なったのである。後水尾上皇の父に対する並々ならぬ屈折した思いと遺恨の根深さを感じずにはいられないのである。

 

現在、「京都御所」「仙洞御所(後水尾上皇)」「桂離宮(八条宮智仁親王)」「修学院離宮(後水尾上皇)」は、皇室用財産(所有者は国)として宮内庁が管理(拝観許可必要)し、拝観には事前許可が必要とされている。その四つの建築物が、豊臣政権から徳川幕府へと武家社会の基盤が確固たるものになってゆく時代、その流れに抗(あらが)った天皇たち、その歴史に弄(もてあそ)ばれた結果の親子関係の感情のもつれや皇位継承者からの離脱といった人生模様の図式の中で、生み出され、また存在したことに、わたしは何か不思議な縁を感じさせられるのである。天皇になっていたかも知れぬ桂離宮造営者の八条宮智仁親王と天皇になった修学院離宮造営者の後水尾上皇。その数奇な叔父・甥の関係にある二人が日本を代表する構築物を造り出したのである。

 

 そうした縁も踏まえて、それではまず、修学院離宮から拝観してゆくことにしよう。

後水尾上皇を巡る人物と建築物 2の1 修学院離宮につづく



 

最新記事
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

彦左衛門

livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ