彦左の正眼!

世の中、すっきり一刀両断!で始めたこのブログ・・・・、でも・・・ 世の中、やってられねぇときには、うまいものでも喰うしかねぇか〜! ってぇことは・・・このブログに永田町の記事が多いときにゃあ、政治が活きている、少ねぇときは逆に語るも下らねぇ状態だってことかい? なぁ、一心太助よ!! さみしい時代になったなぁ

八坂の塔

京都のロケ地めぐり--- 3 =法観寺(ホウカンジ)・八坂の塔

京都のロケ地めぐり 1 =鴨川の飛び石

京都のロケ地めぐり--- 2 = 巽橋・白川一本橋(行者橋)

京都のロケ地めぐり―――4=南禅寺水路閣

龍馬伝、京都を歩く

八坂の塔は京都東山を代表する五重塔である。その高さは東寺の54.8m、興福寺の50.8mに次ぐ日本で三番目の46mの高さを誇る。東大路通りから緩やかに上る八坂通りに入る。そこからの五重塔をちょっと見上げる構図が映画やテレビドラマでよく、目にするカットである。下の写真で「あぁ、ここね」とうなずく方も多いのではないだろうか。

八坂の塔へ近づくショット

近づいた

ぐっと近づいた 

坂の塔という名を誰しも一度は耳にしたことがあると思うが、法観寺(ほうかんじ)というお寺にある塔だということを知っている人は意外に少ないのではなかろうか。わたしも実はどこのお寺かは知らなかった。法観寺と言われてもピンと来なかったのである。

八坂の塔を仰ぐ

境内の紅葉

塔内の大日如来

心柱を巡り安置された五大力尊のひとつ

塔内

塔内の壁画

当寺の正式名称は「霊應山八坂法観禅寺」という。由緒書に「寺伝によれば、聖徳太子が如意輪観音の夢告により五重の塔を建て、仏舎利三粒を納め法観寺と号したという(五八九年)またこの創建には古くから八坂郷を拠点としていた渡来系豪族狛人・八坂造がかかわるものと推測される(六七八年)」と記されている。

境内より塔内を

二階より心柱を


塔の二階より

洛中を俯瞰 

往時は延喜式7ヶ寺のひとつに数えられるほどの大伽藍を擁する寺であったというが、現在は小さな境内に八坂の塔と太子堂、薬師堂の二つの小さなお堂が配置されているのみである。

薬師堂

太子堂

境内

ただ、八坂の塔の中心礎石は、「創建当初のもので、円形舎利孔、石蓋孔、凹柱座のある三段式で、白鳳の様式を留め、日本での舎利信仰の原点とされている。殊にこの心礎には全国で僅か二例という古い石蓋を今日も存している」と由来書で紹介されており、その歴史的価値は大きい。

心柱の礎石

白鳳様式の中心礎石(円形舎利孔・石蓋孔・凹柱座)
また、境内には八坂稲荷尊天社があり、そこに木曽義仲の首塚がある。少し分かりにくいので丁寧に見る必要。
 

八坂稲荷尊天社

駒札

木曾義仲の首塚(左)と藤原教子の墓(右) 

朝日将軍、木曾義仲の首塚:左奥のお墓です

木曾義仲は近江粟津で討たれたがその首が家臣の手によってこの法観寺の地に葬られたという。その傍らには第58代光孝天皇(在位884887)の外祖母藤原教子の墓もある。光孝天皇の御代に藤原氏(基経・藤原道長の4代前)は初めて関白に就任した。

京都、2010年、紅葉も見納め

12月初旬、京都を訪れた。紅葉はすでに盛りを過ぎ・・・と思いながら洛中を巡ると、いやいや、結構、のんびりした観光客に最後の紅葉を鑑賞させてくれるスポットがあった。


【12
5日時点の太秦・紅葉情報】
●蚕の社[木嶋坐天照御魂神社(コノシマニマスアマテルミタマ・ジンジャ)]は名残の紅葉

 紅葉  蚕の社
蚕の社・鳥居の向こうに紅葉が・・・

境内に残る紅葉
境内にまばらな紅葉
境内にまばらな紅葉
空ら水路に落ちた紅葉
空ら水路に落ちた紅葉 


●広隆寺の紅葉もあとわずか・・・。新霊宝殿前の真紅の紅葉が印象的であった

 広隆寺
広隆寺

境内に散り敷くモミジ葉
紅葉も終わり
講堂の紅葉も終わり

わずかに残る五葉の紅葉

新霊宝殿前の紅のモミジ
旧霊宝殿前の紅葉
旧霊宝殿前の紅葉 
 

 

【126日時点の紅葉情報】

●上賀茂神社の紅葉は名残の紅葉・・・でした

 

上賀茂神社参道の紅葉
紅葉も見おさめ
名残の紅葉 

上賀茂神社の紅葉も終わり 
紅のモミジも僅かに
紅のモミジも僅かに

 
下鴨神社の糺(タダス)の森はまだまだ黄葉・紅葉が盛りで十二分に楽しめた。

  下鴨神社大鳥居
下鴨神社大鳥居

糺の森の紅葉は盛り

紅葉真っ盛り

陽光と紅葉

鮮やかな紅葉

 
法然院の山門を額縁とする紅葉も圧巻であった。

  

法然院山門前の紅葉

頭上の紅葉

苔むす山門

山門を額縁に黄葉 

 
銀閣寺の紅葉も峠をこえて、紅葉の残り香のよう・・・

 

銀閣と紅葉

銀閣に紅葉

向月台に紅葉 

銀沙灘の向こうに名残の黄葉 

 
127日時点の紅葉情報】
●南禅寺の紅葉は終わり・・・

南禅寺三門

法堂前の紅葉も終わり


歩きまわってやはり紅葉も終わりかと思いきや・・・、南禅院に入ると・・・

亀山天皇分骨所後背の紅葉

鮮やかすぎる紅葉

本堂に黄葉 


南禅院の紅葉はまだまだキレイ!


南禅院の紅葉の最盛期には、この庭は数珠つなぎの拝観者の列。今の時期がかえって落ち着いて紅葉を鑑賞できるのだとか。
 何だか得した気分です。


●八坂の塔・法観寺で珍しい九葉紅葉を観ました!(紅葉には三葉、五葉、七葉、九葉とあるが、通常よく目にするイロハ紅葉は五葉が多い)。

 

八坂の塔

九葉の紅葉

九葉の紅葉 


境内の紅葉の鮮やかな紅が素晴らしい!

 

法観寺境内の紅葉

境内の紅葉

見事な紅葉 


2010
年、今年最後の紅葉だより、京都からのレポートでした!!

最新記事
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
livedoor プロフィール
livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
  • ライブドアブログ