彦左の正眼!

世の中、すっきり一刀両断!で始めたこのブログ・・・・、でも・・・ 世の中、やってられねぇときには、うまいものでも喰うしかねぇか〜! ってぇことは・・・このブログに永田町の記事が多いときにゃあ、政治が活きている、少ねぇときは逆に語るも下らねぇ状態だってことかい? なぁ、一心太助よ!! さみしい時代になったなぁ

三国史記

神々のふるさと、対馬巡礼の旅 ―― 番外編(神功皇后は実在した!―2)


神々のふるさと、対馬巡礼の旅 ―― 番外編(神功皇后は実在した!―1)


神々のふるさと、対馬巡礼の旅 ―― 1

神々のふるさと、対馬巡礼の旅 ―― 13(能理刀(ノリト)神社)


【神功皇后 摂政五年三月「誉田別皇子の立太子」】―(B)


「五年の春三月の癸卯(キボウ)の朔にして己酉(キイウ)に、新羅王、汗礼斯伐(ウレシホツ)・毛麻利叱智(モマリシチ)・富羅母智(フラモチ)等(ラ)を遣(マダ)して朝貢(ミツキタテマツ)る。仍(ヨ)りて、先の質(ムカハリ)
微叱己知(ミシコチ)伐旱(バッカン)を返(トリカエ)さむといふ情(ココロ)有り。是を以ちて、許智伐旱に誂(アトラ)へ、紿(アザム)かしめて曰(マヲ)さしむらく、「使者汗礼斯伐(ウレシホツ)・毛麻利叱智(モマリシチ)等、臣に告げて曰く、『我が王、臣が久しく還(カヘ)らざるに坐(ヨ)りて、悉くに妻子(メコ)を没(オサ)めて孥(ツカサヤツコ)と為せり』といふ。冀(ネガ)はくは、暫く本土(モトツクニ)に還り、虚実を知りて請(マヲ)さむ」とまをさしむ。皇太后、則ち聴(ユル)したまふ。因りて、葛城襲津彦(カヅラキノソツヒコ)を副(ソ)へて遣したまふ。共に対馬に到り、鋤海(サヒノウミ)の水門(ミナト)に宿る。時に新羅の使者毛麻利叱智等、窃(ヒソカ)に船と水手(カコ)とを分(ワカ)ち、微叱旱岐(ミシカンキ)を載せて新羅に逃れしむ。乃(スナハ)ちクサ霊(ヒトカタ)(注3)を造り、微叱己知(ミシコチ)の床に置き、詳(イツハ)りて病人(ヤミヒト)として、襲津彦に告げて曰く、『微叱己知、忽(タチマチ)に病みて死(ミマカ)らむとす』といふ。襲津彦、人を使して病を看しむ。即ち欺かれしを知りて、新羅の使者三人を捉(トラヘ)へ、檻中(ヒトヤ)に納め、火を以ちて焚(ヤ)きて殺しつ。・・・

 

と、新羅征服の際に新羅の実聖王が先代の奈勿王の皇子を人質(注2)として差し出したことが記され(A)その後、新羅王が、人質奪還を企てたことが記載されている(B)このA・Bの記述に着目して、「紀」の歴史書としての価値を評価し、三韓併合の事実云々につき考察を試みる。

 

(注1)         人質の人選(奈勿王の皇子)については、実聖王がかつて即位前、自身が奈勿王により高句麗へ人質に出されたことへの報復とも考えられるとの見方がある。

(注2)         クサヒトカタ:茅で作った人形。「礼記」檀弓の鄭玄注に「クサヒトカタは茅を束ねて人馬を為(ツク)る。之を霊(ヒトカタ)と謂ふは、神の類」とある。

 

(A)で神功皇后により征服されたとされる新羅王「波沙・寐錦(ハサ・ムキチ)」が、『三国史記』「新羅本紀」にある第5代「波沙・尼師今」(在位:西暦80112)の名と一致しており、互いの歴史書において双方の記述の信憑性という面での結節点ともなるべき具体的な人物名である〔「尼師今」は「寐錦」と同義で「王」の意〕。

 

・一方で、『三国史記』「新羅本紀」には、実聖尼師今(新羅第18代・実聖王)元年(402年)三月条に、「倭国と好(ヨシミ)を通じ、奈勿王の子未斯欣を以て質と為す」と、(A)と平仄の合う記述が存在する。ただ、『三国史記』は未斯欣を人質として差し出したのは実聖王元年(402年)としており、「三国遣事」は第17代・那密王(奈勿王)三十六年庚寅の年(391年)となっており、人質を差し出した王および年号が異なる形で記録が残されている。

 

また人質奪還について、『三国史記』は、巻三・訥祇(トギツ)麻立干(19代訥祇王:在位41745817代奈勿王の皇子)二年(418)条の「秋に王(訥祇王)の弟未斯欣、倭国より逃れ還る」と記述しており、年代的ズレはあるものの、そうした事実があったことについて、「紀」の(B)の記載と見事に対応している。しかも、(B)の記述の赤字の部分などは、国の正史としてはリアリティに溢れ、この事件が実際にあったとしか思えぬ具体的で詳細な描写となっている。

 

さらに、人質拠出の年代を「三国遣事」の391年と考えると、実は、かの有名な好太王(高句麗第19代広開土王)碑に刻まれる『百殘新羅舊是屬民由來朝貢而倭以耒卯年來渡海破百殘加羅新羅以為臣民』の碑文、即ち、『そもそも新羅・百残(百済)は(高句麗の)属民であり、朝貢していた。しかし、倭が辛卯年(391年)に海を渡り百残・加羅・新羅を破り、臣民となしてしまった。』とする新羅侵寇の年号、西暦391年に合致する。そのことは、「倭による新羅征服或いは侵寇」は絵空事であったとするより、事実である可能性が高いとする方が、文献上からは妥当であると考える。

 

ただ、彼我(日韓)で異なる部分の記述で、征服時の新羅王の違いからくる年代の違いが大きく、その点の問題は残る。即ち、「紀」では、第5代「波沙尼師今」(在位:西暦80112)、『三国史記』では実聖王元年(402年)、「三国遣事」は那密王(奈勿王)36年(391年)とあり、そこに300年ほどの大きな誤差が存在する。また、神功皇后が在位(201269)したとされる年代とも100年以上の差異があるが、「2運」下げした年代(321389年)を採用すると、それも誤差の範囲に入って来る。

 

その年代の誤差については、日韓史書のその他の記述との平仄を見る限り、この新羅王の「紀」の名前が誤記されたのだと考えるしかない。

 

 

3. 結論---神功皇后は実在した
 
 そして最後に、そもそも「神功皇后は実在したのか」であるが、日韓の文献や好太王碑文から新羅征服或いは侵寇の可能性が高いのであれば、倭に大軍事作戦を指導した王がいたとするのは、自然なことである。

 

 その指導者が女性であったか否か、しかも神功皇后という人物であったのかは、『三国史記』や好太王碑にも、一切、記述はない。ただ、「紀」の取り扱い方や、まさに対馬や壱岐、北九州に残された幾多の伝承の存在から、そうした女性の「大王」が存在したことは、限りなく史実に近いとするのが妥当である。また、神功皇后の出身は「息長氏」であり、「息が長い」氏族から、「潜水漁労」や鞴(フイゴ)を吹く「蹈鞴(タタラ)・製鉄」に関わる一族であったとの説もあり、神功皇后説話のなかに海人族に関わる話(住吉三神・阿曇磯良)が多いことも、実在を補強する材料とも云えるのである。

神々のふるさと、対馬巡礼の旅 ―― 番外編(神功皇后は実在した!―1)

神々のふるさと、対馬巡礼の旅 ―― 番外編(神功皇后は実在した!―2)


神々のふるさと、対馬巡礼の旅 ―― 1

神々のふるさと、対馬巡礼の旅 ―― 13(能理刀(ノリト)神社)


  これまで、この「対馬巡礼の旅」のなかで、神功皇后の伝承を数多く紹介してきた。そのことは、対馬がまるで神功皇后の伝承を載せて浮かぶ島のようにも思えてくるのである。

 

しかし、巷間云われるように皇后が単なる伝説上の人物で、記・紀で語られることがすべて神話で作りごとであるとなれば、対馬に伝わる伝承も実体の裏付けのない、大人が真顔で語るのも憚られる世迷言にもなりかねない。

 

 そこで、そもそも「神功皇后」なる人物は実在したのか、三韓併合などという歴史的事実が存在したのかという素朴な疑問に答えられなければ、対馬に伝わる皇后伝承も色褪せた不毛の作り話と看做さざるを得ず、ここらで、そういった点につき、触れておく必要があろう。

 

1. 神功皇后とは記・紀においてどのような人物として描かれているのか

 

神功皇后(在位201269年〔321389〕)は、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)の子の第14代天皇たる仲哀天皇の御后である。「紀」では、気長足姫尊(オキナガタラシヒメノミコト)、「記」では息長帯比売命(同左)と云う。父は息長宿禰王、母は葛城高ヌカ媛(カズラキノタカヌカヒメ)とされている。

 

「紀」における神功皇后の取り扱いは、摂政であるにも拘わらず独立した項目が立てられ、しかも相当数の頁が割かれている。なかでも、朝鮮半島との軍事抗争にはかなりの労力がかけられている。そして、神功皇后の在位期間が201269年と三世紀前半としていることが、魏志倭人伝で描かれている卑弥呼(景初2年(238年)以降に「親魏倭王」に任じられた)に擬せられる一つの要因となっている。

 

一方、「記」において、神功皇后は夫である仲哀天皇の項立のなかで語られ、独立した取り扱いとはなっていない。但し、仲哀紀のなかで肝心の天皇についての記述は冒頭の崩御の場面だけで、残り全ては神功皇后の事蹟に関することである。要は仲哀紀を神功紀と読み替えて欲しいと云っているようなものであり、その意味で、皇后に対する取り上げ方は、「紀」と同様に、朝鮮半島との確執の中心にいた人物として描かれていることは確かである。

 

 記紀において、神功皇后は、仲哀天皇が神託に背いたことで神の怒りに触れ、崩御した後、神託に沿って新羅親征を進め、それを完遂した人物として描かれる。そして、神が皇后自身に憑依する巫女的性格を色濃く持ち、しかも神の意思を体現し、実行する人物として描かれている。さらにこの話の中では、中臣烏賊津使主(ナカオミノイカツオミ)ではなく、武内宿禰が審神者(サニハ)としての役割を果たしている。

 

なお、皇后の在位期間で〔 〕内の年は、紀の干支と百済本記の干支による年次を2運(120年)繰り下げると、朝鮮半島の歴史上の出来事の年次と符合する。その「2運」下げした年次を参考として記載した。

 

2. 神功皇后は実在したのか、三韓征伐などあったのか

日・韓の正史である「日本書紀」と『三国史記(注1)』の中で新羅征伐に関わる記述を拾い、比較考量を行ない、神功皇后の実在および三韓征伐の史実につき検討する。

 

(注1)「三国史記」

高麗17代仁宗の命により作成された、三国時代(新羅・高句麗・百済)から統一新羅末期までを紀伝式で記述した朝鮮最古の歴史書(1145年完成)

 

まず、「紀」の「新羅親征」から見ていくことにする。

 

【紀:気長足姫尊 神功皇后 「神助により新羅親征】―(A)

「冬十月の己亥(キガイ)の朔(ツキタチ)にして辛丑(シンチウ)に、和珥津より発ちたまふ。時に、飛廉風(カゼノカミカゼ)を起し、陽侯浪(ウミノカミナミ)を挙げ、海中(ワタナカ)の大魚(オフヲ)悉(コトゴトク)に浮びて船を扶(タス)く。則ち大風順に吹き、帆舶波(ホツムナミ)に随ひ、艣楫(カジカイ)を労(イタツ)かずして、便(スナワ)ち新羅に到る。時に、船に随へる潮波(ウシホ)、遠く国中に逮(ミチイタ)る。即ち知る。天神(アマツカミ)地祇(クニツカミ)の悉に助けたまへるかといふことを。新羅王(コニキシ)、是に戦戦慄慄(オヂワナナ)きて厝身無所(セムスベナシ)。則ち諸人(モロモロノヒト)を集へて曰く、「新羅の国を建てしより以来(コノカタ)、未だ嘗(カツ)て海水(ウシホ)の国に凌(ノボ)るといふことを聞かず。若(ケダ)し天運尽きて、国、海と為らむとするか」といふ。是の言(コト)未だ訖(ヲハ)らざる間に、船師(フナイクサ)海に満ち、旌旗(セイキ)日に耀き、鼓吹(コスイ)声を起し、山川悉に振(フル)ふ。新羅王、遥に望みて、非常(オモヒノホカ)の兵(イクサ)将(マサ)に己が国を滅さむとすと以為(オモ)ひ、讋(オ)ぢて失志(ココロマト)ひぬ。乃今(イマシ)醒めて曰く、「吾が聞かく、東に神国有り、日本と謂う。亦(マタ)聖王(ヒジリノキミ)有り、天皇(スメラミコト)と謂ふといふことを。必ず其の国の神兵ならむ。豈兵(イクサ)を挙げて拒(フセ)くべけむや」といふ。即ち素旆(シラハタ)あげて自ら服(マツロ)ひ、素組(シロキクミ)して面縛(メンバク)し、図籍(シルシヘフミタ)を封(ユヒカタ)めて、王船(ミフネ)の前に降(クダ)る。

・・・・・ (中略) ・・・・・

爰(ココ)に新羅王波沙・寐錦(ハサムキチ)、即ち微叱己知・波珍干岐(ミシコチ・ハトリカンキ)(注1)を以ちて質(ムカハリ=人質)とし、・・・官軍(ミイクサ)に従はしむ」

 

と、出征の途上、対馬に寄り、和珥津から新羅へ向かったことが記されている。そして、対馬と半島との関係の中で皇后の名前が出てくる。

 

 この神功皇后の対馬寄港については、島内各所にさまざまな云い伝えや伝承地を残すが、これについては各々の由緒等において詳述する。ここでは、人質「微叱己知(ミシコチ)」の記述に着目し、実在云々の検討を進めてゆく。

 

(注1)         微叱己知・波珍干岐(ミシコチ・ハトリカンキ)

「微叱己知」は奈勿王(ナコツオウ)の子「未斯欣」(『三国史記』)のこと。次に記す「紀」のBの「微叱己知(シチコチ)」と同一人。「三国遺事」は「美海」、「未叱喜」とも。「波珍干岐(ハトリカンキ)」は新羅17等官位の第4「波珍飡(海干)」にあたる。〔以上、「紀」の注。P430

【2につづく】

最新記事
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

彦左衛門

livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
  • ライブドアブログ