2013年の車山のニッコウキスゲはここ30、40年のなかでまさに当たり年であると、富士見台の茶屋の主人はいう。

富士見台の駐車場から登ってきます
富士見台の駐車場から登ってきます

空に向かい歩く
駐車場より夏空を目指す
ニッコウキスゲを鑑賞する人々
富士見台上でニッコウキスゲを楽しむ人々

私たちも車山を訪ね始めて20余年が経つが、これほどニッコウキスゲが咲き誇っているのを目にしたのは初めてである。

車山高原、一面のニッコウキスゲ
車山高原のゲレンデを埋め尽くすニッコウキスゲ

ここ10年ほどは鹿害で花芽を食い荒らされ、満足に開花を迎えることが難しく、寂しい高原の夏が続いたものだ。


あざみ  コバイケイソウとニッコウキスゲ
あざみ                      コバイケイソウとニッコウキスゲ

そうした事態を受けて、行政の協力も仰ぎ、ここ数年で電気柵を設置し、ニッコウキスゲの群生地を囲い込み鹿の侵入を防ぐ対策を打った。

電気柵の注意書き
車山肩、電気柵がここまであります

下の写真で電気柵を設けない左側はほぼニッコウキスゲはゼロです。芽が食い尽くされてしまっています。

車山肩 右:電気柵あり 左:柵なしでニッコウキスゲ咲かず
車山肩 電気柵の有無でまったく異なるニッコウキスゲの開花状況

それでも柵を掻(か)い潜ったり、飛び越えて来る鹿を、地元の方々が自主的に夜間見回りを続け、その被害をできるだけ少なくしてきたという。

ニッコウキスゲより茅野市街を
富士見台上より茅野市街を見る

ニッコウキスゲに緑響く
富士見台 ニッコウキスゲに緑響く

そして、2013年夏、この複雑な気候も寄与したのだろう、ここ3、40年のなかで、最高のニッコウキスゲの開花に辿り着いたという。

車山高原の斜面いっぱいにニッコウキスゲ
車山高原、久しぶりのニッコウキスゲの競演です

能書きはこれだけにして、ニッコウキスゲがよく似合う高原の夏を、じっくりと写真で楽しんでいただきたい。

青空の下、ニッコウキスゲ
富士見台上に広がるニッコウキスゲ
ニッコウキスゲと夏空

私たちは7月16、17日の二日にわたって車山へ出かけたが、特に天気の良かった17日には、夏空とニッコウキスゲの黄色のコントラストを思う存分に楽しんだ。

高原に夏来る
高原に夏来る・富士見台
満開のニッコウキスゲ

電気柵がせっかくの景観を邪魔して、少々、景観を損ねることは我慢せざるを得ないが、富士見台は大外を電気柵が囲い、見物客はその柵内の一本道から両脇に咲き誇るニッコウキスゲを見ることが出来るため、その迫力は群を抜く形となっている。

ニッコウキスゲと蓼科山
ニッコウキスゲと蓼科山
ニッコウキスゲに夏雲が湧く
ニッコウキスゲには夏雲が似合う

車山肩、ニッコウキスゲの開花、蕾もまだまだあります
車山肩ニッコウキスゲ、まだ蕾もたくさん・・・

このニッコウキスゲの盛りはあと1週間ほどと思われる。お時間のある方は、ぜひ、お出かけになることをお勧めしたい。近年、稀に見る素晴らしい景観であること請け合いである。