彦左の正眼!

世の中、すっきり一刀両断!で始めたこのブログ・・・・、でも・・・ 世の中、やってられねぇときには、うまいものでも喰うしかねぇか〜! ってぇことは・・・このブログに永田町の記事が多いときにゃあ、政治が活きている、少ねぇときは逆に語るも下らねぇ状態だってことかい? なぁ、一心太助よ!! さみしい時代になったなぁ

ころぼっくるひゅって

2014年、車山肩 “ころぼっくる”に信州の夏がきた〜!!

7月31日、まだニッコウキスゲも少しは残っているだろうと家内が言う。

0・ニッコウキスゲ

天気も良し。早速、車山肩の“ころぼっくる”へと向かう。

1・ころぼっくる
車山肩にある”ころぼっくる・ひゅって”

昨年は久方ぶりのニッコウキスゲの満開だったが、今年はそこまではないとニュースで聴いていたので、時季もずれていることもあって期待せずにいつもの“ころぼっくる”のココアを楽しみに車山肩へとドライブ。


途中、富士見台に寄って、ニッコウキスゲを気持ち楽しむ。

2・ところどころにニッコウキスゲ
遅咲きのニッコウキスゲが鑑賞できた

やはり、時季も遅れたし、昨年までの花がつかなかったとのことで、まぁ、こんな程度と二人、納得。

3・富士見台のニッコウキスゲ
チラホラとニッコウキスゲ

でも、やはり霧ヶ峰のニッコウキスゲは高原の夏の到来を告げるにふさわしい鮮やかな花である。


今年は6月の佐渡へ渡り、大野亀のトビシマカンゾウの群生も鑑賞できた。ニッコウキスゲとトビシマカンゾウ、一日花という儚くも逞しい美しさに心躍らせた年でもあった。

大野亀のトビシマカンゾウ
日本海に落ち込むようにして咲くトビシマカンゾウ

この日、コロボックルのテラスは夏休みをたのしむ家族でいっぱいであった。

4・コロボックル・テラス
突端左手の指定席もいっぱい

そこで、われわれはまずは腹ごしらえと山小屋のなかのテーブルに陣取る。

5・ころぼっくる小屋の内
寒くなると、ここでココアを飲みます

名物の厚切りトーストとココアをいただく。トーストにわたしはハチミツ、家内はシナモンとお好みのオプションである。

6・ココアと厚切りトースト
トーストは三枚切りくらいでしょうか、なにしろ分厚い

お腹がいっぱいになったころ、ちょうどわたしの指定席があいた。

7・ころぼっくる指定席
この突端が堪らない

早速、そちらへ席を移動する。何ものも遮るもののない目の前に広がる車山湿原。

8・車山湿原

生命力をみなぎらせた青々とした夏草が一面に繁茂する湿原、そして、草原がなんとも心地よい。


このテラスの突端のテーブルに坐って、ゆっくりと草原に目を這わせる。


ゆっくりと瞼を閉じる。


すると、草原からわたって来るそよ風が私の胸へ跳びこんで、肺を浄めては背中へとすっと抜けてゆく。

閉じていた目を開け、上方に視線を投げやる。


そこにはなだらかな喋々深山の稜線が心を和ませてくれる。まるくておだやかなわたしの大好きな稜線である。

9・喋々深山

上空に雲が流れる。当日は雲量が多く、すかっと青空と云う訳にはいかなかったが、この開放感はたまらない。


鶯の啼き声が静謐の高原に響き渡る・・・・・


高原に光が満ちる。雲間から真夏の太陽が顔を出したのだ。

夏空の青が深みを増した。その群青に真っ白な夏雲が映えてきた。

10・ころぼっくるの夏

今年も“ころぼっくる”の夏がやって来たのだ。高原の涼しさを運ぶそよ風を胸いっぱいに吸い込み、大きく背伸びをした。


2014年の信州の夏、まさにいまが旬である。




“ころぼっくるひゅって”、手塚宗球さんのご冥福を祈る

ころぼっくるひゅって=景観保護と自然の営み(2008.6.23)

手塚宗求さんが9月12日にお亡くなりになっていたことを今日知った。


蓼科山と車山と”ころぼっくるひゅって”
蓼科山と車山頂上と”ころぼっくるひゅって”

今年、私は7月1日の足首の剥離骨折のため、猛暑の7、8月の二ヶ月、蓼科へゆくことができなかった。というより、通院以外に自宅を出ることがなかった。

高原とカルピス
いつもの席でカルピスを


車山肩にある“ころぼっくる”はこのブログでも何回かご紹介しているが、ご主人の手塚宗球さんとは一度だけ、テラスでゆっくりお話を聴く機会を得た。

コロボックルヒュッテ
ころぼっくる

その時、変遷してゆく山の環境をひどく憂い、自然保護活動を地道に続けられているご様子、自然保護の考え方も人それぞれで、一言で環境保護活動と括れぬ難しさがあることなど貴重なお話をうかがえたが、今にしてみれば、もう何度かお話をせがんで聴いておけばよかったと後悔するしかない。

骨折の直前、6月27日にレンゲツツジ鑑賞の際に“ころぼっくる”を訪ねたが、手塚さんのお姿はお見かけしなかったように思う。人も多かったし・・・

レンゲツツジと車山肩
”ころぼっくる”下のトレッキングコースからレンゲツツジと高原を

そう言えば最近は高齢者の登山ブームで平日に“ころぼっくる”を訪ねる方々が多く、なかなか落ち着いてテラスでぼ〜っとする機会も少なくなり、従って手塚さんにゆっくりお話をお聴きするなどという暇も場所もなかったような気がする。

ノビタキとレンゲツツジ
ノビタキとレンゲツツジ

どうも年内に“ころぼっくるひゅって”を訪ねるのは難しそうである。蓼科へ行けるのが多分11月の下旬頃になりそうで、もうその頃は車山肩も寒くて路面凍結の惧れも出てくるので来年の春まで待たねばならぬのかと懸念している。 


でも気温の温かな日に当るのであれば、今年中に何とか一度、お伺いしたいとも思う。


いつもの突端の席からテラスと小屋を

そしてテラスのいつもの席に坐り、宗球さんのあの優しい笑顔を想い出しながら、温かいココアをいただきたいと願っている。

コロボックル・ホットココア
いつもおいしいホットココア、ありがとうございました・・・


手塚宗球氏、享年80歳であった。心よりご冥福をお祈り申し上げます。 合掌。

ころぼっくるひゅって=景観保護と自然の営み5

ころぼっくるひゅって

景観保護と自然の営み

 

 信州霧ケ峰高原の車山肩にある「ころぼっくるひゅって」はオーナーである手塚宗求(むねやす)氏が24歳のとき(1956年)に創立した山小屋である。

ころぼっくる途中風景

看板

玄関

 

 

 

 

 

 

 ころぼっくるへ     看板     ヒュッテ入口

 

 わたしは「ころぼっくる」のオープンテラスの一番先端に位置するテーブルに陣取って熱いココアを呑むのが好きである。その席に先客があるときなどは、後ろのテーブルでじっと空くのを待って、移動するのが常である。

 

 なぜなら、前面に視界を遮るもののないそのテーブルに肘をつき、眼前に展がるなだらかな草原にぼんやり目を投じるのがとても気持ちがよいからである。そして車山肩のなだらかな稜線の上空をゆったりと流れるさまざまな姿の雲を眺めるのが、何にもまして大好きだからである。

テラスより

カップと空

テラスと草原

 

 

 

 

 

 

 

草原テラスより   ココアと空    オープンテラス

 そして、この6月はレンゲ躑躅(つつじ)の満開を是非見ようと思い立ち、「ころぼっくる」を訪れた。事前に手塚氏に電話で模様を確認し意気込んで訪ねたのだが、花の心はやはり移り気で数日早すぎた。残念!(手塚氏から「一日の気温によって開花の時期は簡単にずれてしまうため、この日というのは難しい」と云われていた)

レンゲ躑躅

蕾

ころぼっくる遠望

 

 

 

 

 

 

レンゲ躑躅     まだまだ蕾     ヒュッテ遠望

当日はテラスから草原のなかにオレンジの色取りを拾い取ることはできるのだが、ここに至る途中の標高の少し低い山肌に群生するレンゲ躑躅がかなり花を開花させていたのに比べると、まだ蕾の状態で色はややくすんで見えた。この週末あたりには多分、草原は青い空の下、上品なオレンジ色のベールを一面に装うことになるのだろう。想像するだけで、胸がすかっとする光景である。

 

 のんびりとした時を過ごした帰り際、手塚氏と少し雑談をさせていただいた。同氏は「この季節が一年で一番好きだ」という。「とくにこの時期の薄暮、テラスからひとり眺めるなだらかな高原の風景は素晴らしい」と語った。そのときの瞳は自然のなかに生きる少年の目のように澄んだ輝きを放って見えた。

 

その少年の瞳に陰りが差したのが景観保護と自然との共生の問題に話がおよんだときである。「最近、この草原地帯に森林が侵蝕してきている。それをどうするか」という問題が発生しているというのだ。地元の自然保護グループの間でもそれぞれその対応につき意見が異なり、難しい問題となっているという。

ここ霧ケ峰は八ヶ岳中信高原国定公園の中心に位置する。ニッコウキスゲなど様々な高山植物が群生するが、高地であるにもかかわらずなだらかな稜線を持つ高原とも相俟って、ここの特色ある景観を形造り、それが大きな観光資源となっている。

 

森林が侵蝕してくるとそうした高山植物の植生が荒らされ、霧が峰の美しさが損なわれてゆくことになる。また、わたしの愛するテラスからのなだらかな高原の稜線も高い木々が育つことによって、その景観のよさは失われる。現在、手塚氏のグループはその稜線については木々を刈り取るなどの景観保護に努めているという。

 

しかし、自然保護グループのなかにはすでに大きく侵蝕してきた森林をも伐採し草原の景観を旧来の姿に復すべきという考えを有するところもあり、そこまで踏み込むべきか悩ましい問題であると語られた。

 

わたしは京都の借景の名所である圓通寺を拝観した際、「洛北の地、圓通寺--失われゆく借景に自然との共生の難しさを痛感」(2008.5.18)というタイトルのブログのなかで「生活水準や生活環境の向上を図ろうとすることは、人間としてある意味当然の願いではある。しかしそれは同時に自然と共生して進められてゆくものでなければならない」と記した。借景という自然の美しさと開発をともなう人間生活の向上とのバランスをどうとってゆくのか、現実的には非常に難しい問題であると感じたところを述べた。

 

今回の「ころぼっくる」の話は、皮肉にもそれとは逆のケースに当たるのではないのかと考えさせられた。

 

人間にとって美しいと感じられる景観を守るために、自然の摂理であろう森林の侵食、つまり植生の自然な変遷を人の手によって切断、停止、捻じ曲げてしまうことの是非は如何という命題である。

 

もちろん答えはそう簡単ではないのだと思う。たぶんどっちかと云った二者択一の答えでもないのだろうと思う。では、具体的にどうしたらよいのか。

 

いまわたしは何の答も有していない。ただ、「自然の声に真摯に耳を傾け」、「自然と共生する人間の営み」とは何かを真剣に考え続けてゆくしかない。

 

便利さという文明の追求による行き過ぎた自然破壊に目を向け、地球こそ偉大な生命体であるという当然のことを再確認し、文明神話への過信を見直すべき時がやってきていることだけは確かなことであるのだから。

 

風呂敷を広げて言えば、大きな自然の摂理のなかでわれわれ人類も生の営みを継続しているのだという「当たり前」のことを見つめ直し、われわれの営みの在り方を変えてゆく必要がある。

 

それは「言うは易く、行なうは難き」、きわめて悩ましく苦痛を伴う問題である。さらにスピードアップして具体的かつ実効性のある議論をかさねる必要がある。

 

この続きは次回「ころぼっくる」に行ってから、述べることにしよう・・・。          ココア

 

大好きなココア!

 

人気ブログランキングへ
最新記事
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
livedoor プロフィール
livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
  • ライブドアブログ