彦左の正眼!

世の中、すっきり一刀両断!で始めたこのブログ・・・・、でも・・・ 世の中、やってられねぇときには、うまいものでも喰うしかねぇか〜! ってぇことは・・・このブログに永田町の記事が多いときにゃあ、政治が活きている、少ねぇときは逆に語るも下らねぇ状態だってことかい? なぁ、一心太助よ!! さみしい時代になったなぁ

おがわ

京都のそば処 おがわ(石臼挽き手打ちそば)

京都の蕎麦処「おがわ」=雅な京の爽やかさ!(2009.2.10)

京都市北区紫竹下芝本町25

075−495−8281

 

 しばらくぶりの「おがわ」である。

 

賀茂川葵橋から北を
 
葵橋からお奨めの風景を

 

 賀茂川にかかる葵橋からの絶景を堪能してからちょっとお昼には早めであったが、お目当ての「おがわ」へ直行した。

 


 
おがわ

 

 今回は、「おがわの蕎麦はおいしいよ」とこれまでさんざん聞かされてきた家内と娘を連れての訪問である。

 

ガラス戸を開けると、いつものように「いらっしゃいませ」との奥様の夕子さんの明るく元気な声が聞こえてきた。清潔感あふれる可愛らしい店内もいつもどおりである。椅子に腰を下ろしながら、「おがわ」の蕎麦の透明感、シャッキリ感は、こうしたお店の雰囲気からも生まれているのかも知れないと思った。

 

 

清楚な店内



 
かわいいお品書き

 

そしてわたしはまたも大好きな辛み大根の「おろし」蕎麦を注文。

 


 
準備万端

 


 
お蕎麦が来た〜!!

 

家内が「鴨なんばん」、娘が「鴨せいろ」である。

 


 
鴨なんばん



 
鴨せいろ

 

わたしは合鴨ロースの塩焼きを頼み、少し「〆張鶴」の昼酒と洒落こもうと探りを入れたが、女性陣からの「昨晩、お酒がすすみ過ぎたよね」との軽いジャブで、目論見は遭えなく玉砕。鴨の塩焼きをツマに「おろし」をいただきました。 ト・ホ、ホ、ホ、ホ・・・

。゜゜(´□`。)°゜
 これ、「おろし」の辛味による「涙」ではありません!

 


 
ジューシーな鴨の塩焼きです

 

 

家族に「おがわ」を紹介できて当初の目的を果たし、そして、このブログの掲載目的のご主人の幸伸(ユキノブ)氏の写真を一枚、カメラに収めさしていただき、喉越しスッキリの新蕎麦を堪能し、至極、満足の彦左衛門、京の一日でありました。

 

おがわの後主人小川幸伸さん
 
優しい目をされたご主人の小川幸伸さんです

 

シャイな幸伸さん、お写真ありがとうございました。素敵な写真が撮れたと自讃しておりますが、いかがでしょうか。

 

 


京都の蕎麦処「おがわ」=雅な京の爽やかさ!5

雅な京の爽やかさ!(´∀`*)「おがわ」


京都のそば処 おがわ(石臼挽き手打ちそば)(2010.12.11)


 

=京都のそば処 京都グルメ

 

★★★★★

 

京都市北区紫竹下芝本町25  0754958281


 
 約3年半ぶりに「おがわ」をたずねた。北山大宮交差点を堀川通り方向に東へ進み、北山通り沿い左側に懐かしい「おがわ」の控え目な引き戸を認めた。タクシーで向かうときは、「北山通り沿いで、北山大宮交差点を消防署の方へ曲がって、100M弱」と指示する方が住所を示すより分かりやすいそうです(タクシーの運転手さんの言)。


おがわのかわいい暖簾


店頭の凝った案内板?


屋根に鐘馗様が・・・


 今回は修学院離宮(3時拝観)へ向かうまで時間は十分! まだ、お客さんもわれわれ四人だけ。ウッキィ〜ウッキィ〜気分で(・∀・)、あの可愛らしいメニューを手に取る。メニューは品数において、「蕎麦」というコンセプト一本に絞った相変わらずの少なさであったが、そこにわたしはご主人の一途な「蕎麦」へのこだわりを感じるのである。

こじんまりとした店内


愛らしいメニュー

講釈はそれぐらいにして、四人でまず「合鴨ロース塩焼」(¥1,300)一人前、「焼きみそ」(¥350)と「そばがき」(¥1,000)を二人前?注文。もちろん、ふくよかな味わいの冷酒「〆張鶴(しめはりつる)」(新潟・宮尾酒造)もオーダー。

 そして・・・、しばらくして・・・、「来た〜!!」

 早速に色彩豊かなガラス製片口?に入れられたお神酒が・・・
胃袋と喉の方にはZ旗が翩翻(へんぽん)と翻(ひるがえ)り、戦闘用意、準備万端。「皇国の興廃!この一戦にあり」である。

 


 奥さまが選んだお神酒徳利とお猪口



おがわ奥様
奥さまの夕子さん

 そして、かわいらしい奥様が高島屋で求めたというお洒落なガラス製の片口?とお猪口で、〆張鶴を、う〜ん、まずは一献・・・。そして一献、続けて一献、そのまた一献・・・。「別のお銚子?片口も綺麗だよね」と、さらに一本追加・・・。う〜ん、もっと可愛いお銚子があるみたい・・・と、さらに一本(これぐらいで止めねば、これから拝観させていただく天下の修学院離宮が啼くというもの)。それから、お酒が廻ったところで、合鴨をもう一皿注文したっけかな?



合鴨ロース塩焼き


焼き味噌

辛味大根そば



 蕎麦は、「おろし(辛味大根)」(¥1,100)を頼んだ。前回のブログで確認してみたら、この前もこれを注文していたので、よっぽどわたしの好み、いやほろ酔いに合うのだろうとあらためて思った次第

 昼時のお神酒でほろ酔い気分のわたしに大根の辛味が胃袋を刺激し急激に収縮させる。そして蕎麦の匂いをおさえた淡白な味の腰のある麺がツルツルと喉越しに「雅な京の爽やかさ」を残してゆく。


女性陣は、温かい「鴨なんばん」(¥2,000)を注文。ぺろっと平らげる・・・、さっき合鴨ロースを食したばっかしだのに・・・。

 

(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?  

 予約の出来ぬ店だが、直前の電話で席が空いていることを確認していたので、心おだやかにお店へ向かった(昨年5月は電話せずに行ったため、休業日が木曜日に変更されていたのを知らず、お店が閉まっていた)。

そばがき善哉

最後に「そばがきぜんざい」(¥1,000)で、ゴチソ〜サマ!!で・し・た。


 そして薄味でおいしい漬物はすぐ近くの「とり山本店」のお漬物でした(オマケの情報です→おいしかったよ)。

 

( ´∀`)つ 

グルメ京都編――― おがわ5

グルメ京都編−−− おがわ(蕎麦)☆☆☆☆

 

京都市北区紫竹下芝本町25  0754958281

 

 

 


 京都で蕎麦というのも何だが、実はおいしい蕎麦屋がある。「おがわ」という若いご夫婦でやっておられるお店である。有名な「虚無蕎望なかじん」と異なって、あまり知られていないお店であるが、一度、訪ねる価値はある。

 

自家製の蕎麦粉を使った石臼挽きの手打ち蕎麦は、色も上品な肌白で太さも細身(田舎そばは太い)で、いかにも古都の雅(ミヤビ)の蕎麦だと納得してしまう。

 


そこでお洒落なガラス製の銚子と猪口で、温かい蕎麦がきと焼きみそを肴に冷酒をいただく。これが、実は絶品で京都のお昼のほろ酔いお奨めコースである。ついつい、お酒がすすんでしまうのが難点といえば難点であるが、これはわたしの性格上の難点であり、「おがわ」の問題ではない。(確かどなたかのブログで冷酒が美味しくないとか書かれていたが、呑ん兵衛のわたしには絶品としか思えぬ)

 


そしてほろ酔い気分のところに辛味大根のおろしそばは引き締まって腰がある以上に、あたしの気持ちをぎゅっと引き締めてくれる。大根おろしの辛味と一緒に蕎麦が喉をこすときシャキッと背筋が伸びるのである。そう・・・、午後の寺社巡りにあらたな力を与えてくれる。ちょっと、言い訳じみているかな・・・。

 


冗談はさておき、十分食通人の評価に耐え得ること、請け合います。

 


「虚無蕎望(コムソボウ)なかじん」は、わたしは蕎麦としては値段が高過ぎで、いま三つくらい・・・だ。そして蕎麦を食べるのにお店の講釈が多すぎて、まぁ一度行けば、もういっか!ってな感じである。味は蕎麦に色々混ぜ物をして面白いといえばいえるが、わたしはやはり蕎麦は単純なのがよい。


 

最新記事
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

彦左衛門

livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ