住所:〒382-0005 長野県須坂市新田町2588

fax026-245-8721


623日、信州は須坂にある藤沢農園からおいしい“佐藤錦”が届いた。同封された御手紙に「今年はさくらんぼにとって良い気候の為、豊作になりました」とあった。  

藤沢農園から届いたさくらんぼ
藤沢農園から初夏の風とともに、さくらんぼが届きました

早速に大粒になったつややかなサクランボを口にした。甘くてちょっと酸味の効いた、まさに初夏の味覚である。

箱いっぱいのサクランボ
箱いっぱいの佐藤錦です

「おいしい」、「おいしいね」の合唱に、サクランボも喜んでいるのだろうか、食べるほどに甘味が増し、そのなかにほんのりとした酸味を残す絶妙の“爽やかさ”を届けてくれる。

豊作の佐藤錦・つややかな紅いさくらんぼ
今年の出来はよいという、この艶がたまらない
2011年のさくらんぼ
2011年の佐藤錦です・・・、ちょっと紅味が今年と違います

昨年の夏に黒姫の山中和子氏のホームコンサートへ向かう途中、須坂市にある藤沢農園を訪ねた。ここ数年、季節ごとの旬の果物をお願いしている果樹園である。


藤沢農園の前庭

その季節はちょうど桃の季節であったが、藤沢英明さんと奥様の道子さん、それから英明さんの御両親に歓待いただき、お母様から次から次に様々な種類の桃の試食を勧められ、その実直で豪胆とも思える桃の振舞い方に、「これは試食などではなく、豪勢なピーチパーティーだなぁ」と思ったものである。

  
これって、試食というより、ピーチ・ビュッフェっていったほうが・・・・。写真の他にももっといただきました・・・


桃でお腹一杯になったところで、英明氏がとても広い果樹園を案内してくださった。


ぶどう畑

桃畑

プラムはもう収穫が終わっていました・・・・、これは収穫されなかったのですね・・・

桃はほんとうにおいしそうでした・・・

その日のあまりの暑さとわたしの足が悪いのもあり、見学は半時間ほどの一部の個所で失礼したが、その時の英明さんの熱っぽい語り口から果物に対する深い愛情と自然を相手とすることの厳しさを知った。と同時に、自然に向き合う敬虔な姿にある種の感動を覚えた。英明さんが開設しているブログ“FARM 2 FARM”にその思いが日々つづられているので、ぜひ、閲覧していただくとよい。季節感満載のブログです。

藤沢農園パンフレット
藤沢農園のパンフレットです。訪問するのにこの地図があれば迷いません

その藤沢農園から届いたサクランボ!!

今年のさくらんぼは一段とおいしそう
大粒でとてもおいしいサクランボ!!
コンポートに盛りつけられた佐藤錦
コンポートにサクランボはよく似合います

コンポートへ盛りつけられたつややかに紅い“さくらんぼ”を見ていると、まるで信州の初夏の風がわが家の居間を吹き抜けているかのようなそんな爽快感にとらわれたのである。


・・・そして・・・8月には瑞々しい”黄金桃”が・・・、もう今から待ち遠しい・・・わたしである。