三五十屋本店(信州そば)ーーグルメ蓼科8

★★★★

長野県茅野市蓼科高原4035(ビーナスライン沿い)

電話:0266-67-2116

 三五十屋は「みごとや」と読む。名前からしてなかなか、乙なものである。茅野方面からビーナスラインを登ってきて、蓼科湖を過ぎて、そう、三、四分ほどゆき、右に小さくUターンした右手、心もち低いところに三五十屋は建っている。道路沿いに縦長の看板が見えるが、その手前が駐車場となっている。

三五十屋表看板

三五十屋暖簾

入口より

 

 

 

  表の看板           暖簾        入口から奥の店内望む

 青い暖簾をくぐると、手前左に簡単なカウンターがあり、奥に畳敷きの座卓席がある。七、八名のグループで行って一緒に食事をしながら談笑も楽しめる。ゆったりとした空間である。

入口

テーブル

店内

 

 

 

  入口のカウンター    畳敷きの店内           席より外を望む

 メニューの数が多く目的に合わせた使い方ができるので、いろいろなグループでの利用に便利である。

メニュー

ざる蕎麦

ざる2

 

 

 

 豊富なメニュー        ざるそば                 腰のある蕎麦

 わたしは、もちろん信州蕎麦を素朴に楽しめる「ざるそば」(750円)を頼んだ。

腰のしっかりしたいつもの麺である。ほかに、カリッと揚がった「天ぷらざるそば(1600円)や「山菜そば」(840円)がある。それぞれに好みの蕎麦を注文したが、みんな「おいしい!」と喜んでいた。お腹が空いた人にはミニそば付きの天丼(1500円)や生姜焼き丼(1050円)もある。

天ざる

蓼科山

八ヶ岳遠望

 

 

 

  天婦羅ざるそば      蓼科山               八ヶ岳遠望

 しばらく寄ってなかったので味の方が心配であったが、昔ながらの信州そば処「三五十屋」の味は健在であった。やはり本物の味は旅人を裏切らないものである。満足!満足!