彦左の正眼!

世の中、すっきり一刀両断!で始めたこのブログ・・・・、でも・・・ 世の中、やってられねぇときには、うまいものでも喰うしかねぇか〜! ってぇことは・・・このブログに永田町の記事が多いときにゃあ、政治が活きている、少ねぇときは逆に語るも下らねぇ状態だってことかい? なぁ、一心太助よ!! さみしい時代になったなぁ

August 2013

2013年・真夏の御射鹿池(みしゃかいけ)で涼風に游(あそ)ぶ

ブログ「彦左の正眼」の一切の写真・記事等の転用を禁じます。

2010年、御射鹿(みしゃか)池の紅葉、見頃は10月23日
御射鹿池――二〇〇九年盛夏の候
御射鹿池(みしゃかいけ)−−新緑の候(2008.6.21)

盛夏の一日、御射鹿池(みしゃかいけ)を訪れた。


御射鹿池

かねてからの懸案である御射鹿池の四季の写真を取りそろえたいのだが、やはり、冬の雪の積もる御射鹿池には、この年齢(とし)になると、運転してあのヘアピンカーブを昇ってゆくことはむずかしく、いまだその夢を果たせずにいる。


そこで、天気も良いので、また真夏の季節の御射鹿池へちょっと足を伸ばした。

青空の下、御射鹿池

これだけ暑いのだから、観光客もそうはいまいと高をくくって行ったのだが、いやいや、結構、酔狂な人たちが、猛暑の日差しのなか、写真撮影に余念がありませんでしたなぁ。

そこでわたしも、定番の白樺を左に置いた構図で一枚、パチリ!

真夏の御射鹿池

湖面に映る緑影も一枚・・・

緑映える

さらに湖面に目を凝らすと・・・鴨の親子だろうか三羽が湖面を滑ってゆくではないか。そこで一枚・・・

三羽の鴨が湖面を滑る

それから夏空を大きく配したのを・・・

真っ青な空

いやはや、同行の家族は、カメラに目を貼りつけるわたしを尻目に、しっかりと己の眼(まなこ)で、このミラーレイクの絶景を愉しんでおりました。

白樺のある風景

なるほど、その方が瞼にはよくよく残るのだろうと思いもしたが・・・

でも、ブログにはやはり、写真がないとねぇ〜。

しかも、見てごらんなさい・・・人っ子一人いないようでしょう。本当はこちら側に20名ほどの酔狂人がいるんですよ・・・。

真実はやはり己の眼で確かめぬと分らぬということ・・・、いや、御射鹿池はいつの季節も美しく、湖面を渉る涼風がこの猛暑日のつづく日々には殊の外、心地よいのでありました。

“北斗市明野サンフラワーフェス2013”で向日葵(ひまわり)に遊ぶ

山梨県北杜市明野町浅尾5259-950(会場最寄り住所)



かねて、真夏の向日葵の群生を見たいと願っていた。

真っ青な空に、ギンギンの太陽、その下に咲く誇る大輪の向日葵・・・

向日葵

まぁ、真夏の定番料理のような光景であるが、一度はそうした定食も経験すべきと、山梨県は北斗市明野のひまわり畑をようやく、この夏、訪ねることが出来た。

明野ひまわりフェスティバル

お盆も過ぎた時期だったので、明野サンフラワーフェス2013”の会場も、見ごろはメイン会場のほぼ一か所といった状態であったが、かろうじて向日葵の群生を満喫することが出来た。

見ごろのサイトは数少なくなっていました

会場にはまだ多くの観光客がおり、向日葵畑に足を踏み入れ、夏の一日を愉しんでいた。

ひまわり畑で遊ぶ人

回れ右!

全員、まわれ右!!

シンボルマークのハートのひまわり畑が見られたのも、うれしかった。

ハートのマーク

上から見たのではわからなかったが、ひまわり畑に分け行ってみると、ブラドレッドシェードという品種のえんじ色の向日葵が、ハートの正体であった。

ハートの形はブラドレッドシェードというひまわりで出来ています

黄色のいわゆるわたしが向日葵と思っている品種は、ハブリットサンフラワーという何だかハイテク技術のような名前が冠されていた。

大輪のひまわり・ハイブリットサンフラワー

惜しむらくは天候であったが、真っ青な夏空とはいかず、そこここに厚い雲も見え、そのすき間にもうっすらと雲がかかっていた。

山並みを背景にひまわりの群落

しかし、真夏の太陽が雲間から顔をのぞかせると、目の前のひまわり畑は一斉に生気を取り戻し、向日葵の顔が面をあげたようで、畑一面が極彩色の黄色の世界へと一変する。

一面のひまわり

真夏の光と向日葵が織りなす色と光の競演は見事である。

もっと青空だったら・・・

その一瞬を狙い、イメージに近い、定番ショットの写真を撮ってみた。

ひまわりと夏空

色々と試みるが、やはり基本は自然環境。いいショットには手間と時間がかかることを知らされた一日でもあった。

来年は、真っ盛りの時期にやって来て、複数のゾーンの向日葵を訪ね歩きたいと思った。


 

白樺湖畔に旨い“ダッタンそば”を発見、その名は“きみまち庵”=蓼科グルメ30

茅野市北山3419-1・筺0266-68-3273


8月のお盆明け、久方ぶりに白樺高原の御泉水自然園を訪れた帰り、かなり遅めのランチとなった。

御泉水自然園
御泉水自然園

息子夫婦が蕎麦が食べたいというので、女神湖近辺を探すものの準備中などめぼしそうな蕎麦屋へは入れず、仕方なく、大門街道沿いで適当なところへ入ろうと白樺湖へ向かった。


せっかくなのでいつもと違う景色を楽しみながら行こうと、白樺湖南岸コースを回遊した。


池の平ホテル側から湖畔の道へ入り、のんびりと湖の景色を眺めながらドライブ。

白樺湖畔にあります
白樺湖畔道路沿いにある”きみまち庵”

するとこの時間で営業中の蕎麦屋がひとつ、ふたつと出現するではないか。息子夫婦も娘も、もう湖畔の景色などどうでもよい、「おなかが減った!!」との嘆声が上がる。


それでは次に現れる蕎麦屋へ跳び込もうと、もうグルメがどうこうのと御託を述べる暇はない。駐車場のゆったりとした“きみまち庵”なる蕎麦屋へ車を停めた。

きみまち庵の幟が目印
駐車場に入りやすいです

この出合い頭のすばらしき勇断?が、この怖そるべき“ダッタンそば”とのすばらしき遭遇となったのである。

ダッタンそばの看板を掲げる”きみまち庵”
きみまち庵店頭

お店は小体であるが、店内は明るく思った以上にゆったりしている。

真夏の日差しを葭簀で遮る店内
真夏の日差しを葭簀でさえぎるものの、明るい店内

突当りの壁に“ダッタンそば”なる大きく目立つ垂れ幕があった。

明るい店内にダッタンそばの垂れ幕

そこで、“ダッタンそば”についてちょっと学習。

ダッタンそばの説明書き
テーブル上にあります

『「韃靼(だったん)ソバ」とは中国やネパール等の標高の高い地域で主に栽培されているもので、韃靼民族が好んで食していたことからこの名がつけられたとされている。強い苦みを伴うため別名「苦ソバ(にがそば)」とも言われている。信州そばの国だより』のだそうだ。


『 ルチンは穀物ではソバだけに含まれており毛細血管に弾力を持たせ血圧を下げる作用があるとされている。その(ダッタンそばに含まれるルチンの)量はなんと普通ソバの約100倍である。信州そばの国だより』と、効能も素晴らしい。


この“きみまち庵”では、小麦粉2割、ダッタンそば粉8割が、味と香りのバランスが良いということで、いわゆる二八そばを提供しているという。

ダッタンそば
ダッタンそば

さらにダッタンそばが敬遠される由縁となる、苦み、いわゆる“苦(にが)ソバ”の汚名?を返上できる信州長和町産のダッタン蕎麦を使用しているのだそうだ。


要は、栽培方法はよく分らぬが、信州小県(ちいさがた)郡長和(ながわ)町の農事組合法人「信濃霧山ダッタンそば」(児玉和人代表理事)で生産・加工されたダッタン蕎麦は決して苦くないのだそうで、それでいてルチンが120倍〜140倍も含まれ、蕎麦好きには、願ったり叶ったりの蕎麦ということなのである。


実際に、わたしはダッタンそばの盛りそばを注文したが、口に放り込んだ蕎麦が冷水でしめられ腰がしっかりしていることは言うまでもないことだが、苦みというより蕎麦の香りがきっちりと立っていることに驚いた。

ダッタンそばの盛り蕎麦です
ダッタンそばの盛り蕎麦

これには正直ビックリ!! 期待してなかった分の驚きの増幅を差し引いても、ダッタンそばの魅力は、半端でない。次も食したと思ったのだから本物である。お店の方も素直に「うちのダッタン蕎麦は苦みがなく、評判がいいのです」と、笑顔で応えておられた。

コシがしっかりしています
腰がありました。香りが立ってます。

家内や子供たちは“苦み”という言葉に腰が引けたのか、普通そばの“ざるとろろそば”などを頼んでいたが、食すのであれば、ここ“きみまち庵”では、ダッタンそばの“ざるとろろそば”にすべきであった。

普通蕎麦のざるとろろそば
普通そばのざるとろろそば

ダッタンそばの盛りそばをおいしいおいしいと口に頬張り、一人悦に入るわたしを羨ましそうに見ていた愛しい家族たちでありました。


白樺湖といえば、余りに有名な観光地。得てして、そんなにぎやかな場所にはおいしいグルメは期待できぬと勝手に決め込んでいたいたわたしであったが、此の度ばかりは、観光地と侮るなかれ、観光地こそ怖るべしと、わたしの辞書にも追加しておかねばならぬと感じた次第である。


また、時間の具合によっては、“きみまち庵”でダッタンそばを食し、至近の“すずらんの湯”でゆったりと温泉につかってみるのも、これまた一興であることを付言する。

リゾート感あふれるフレンチレストラン・“フレグラント(Fragrant)”=蓼科グルメ29

茅野市北山字鹿山4026-2 東急リゾートタウン蓼科内

0266-69-3109


“フレグラント(Fragrant)”は蓼科東急リゾートのメインダイニングであるが、もちろん、ホテルの宿泊者でなくとも利用が出来る。

蓼科東急リゾートホテル・エントランス
蓼科東急リゾート・エントランス
レストランゾーンからエントランスを望む
エントランスからフレグラントへ

大きな暖炉が中央に位置するロビーラウンジ・アゼリア(Azalea)でアフタヌーン・ティーを愉しむのもよいが、たまにはリッチに夫婦二人でというときに、このフレグラントは最適である。

ロビーラウンジ・アゼリアを望む
ロビーラウンジ・アゼリア(Azalea

ただ、当レストランはリゾートホテルの宿泊客の利用が多く、これまでもアポなしで訪ねた際は、ことごとく満席で入店が叶わなかった。利用の際は、少なくとも数日前には予約を入れておかれることをお薦めする。

1Fフレグラントへ
エントランスフロアーから下がって左手がフレグラント
お席からレストラン内を
お席からレストラン内を

当夜は6時の予約で伺ったので、窓外の緑がまだ目に映えて、リゾート気分はいやがうえにも昂まってくる(トップシーズンは6時と8時の予約受付となる)。

窓外に緑の木立をみる
テーブルから緑の木立が映える

できたら、前半の予約で行かれると、みずみずしい緑の木立が日の陰りとともに徐々にその緑翳を増し、やがて夕闇の底へと埋没してゆく。


・・・大きな窓にはいつしかレストランの光燭が映り込み、時おり、火影のように妖しくゆらめきをみせる。

そんなうつろいの時を過ごすうちに、まずは、“蓼科浪漫”という黒麦酒で喉を潤す。

まずは蓼科浪漫麦酒を

次は赤ワインにと・・・、食事がいよいよスタート。家内は運転があるので、お水で我慢していただく。

赤ワイン

そのかわりといってはなんだが、わたしはソレイユ、家内は一ランク上のエトワールのコースとなっている。

フレグラント・メニュー エトワール フレグラント・メニュー ソレイユ

メニューに詳しいが、エトワールはまずオードブルが二品と一品多い・・・、それから・・・

本日のお楽しみ一口オードブル マグロのタルタル 初夏の彩り
エトワールのオードブル二品
オードブル・信州サーモンと手長エビのロティ
ソレイユのオードブル

次にスープがサーブされる、う〜ん、なんか家内の方が・・・

アボガドの冷たいクリームスープ・ズワイガニ添え オックステールのコンソメ・黄金軍鶏のクネル入り
左:ソレイユのアボガドの冷製クリームスープ 右:エトワールの冷製オックステールのコンソメ

魚料理もこちらが甘鯛に対し・・・

甘鯛のポワレ

相手は車海老・・・である・・・

伊勢海老のグリエ

ここらあたりで、行儀は悪いが相手のさらに箸が・・・、いや、フォークが延びて、味チェック・・・、う〜ん・・・、なかなか・・・


口直しのシャーベットで一旦、口内を爽やかにして・・・

シャーベット

メインのフィレ肉へ。お肉も微妙にメニューの表現が違うのでありますな・・・。


エトワールは極上和牛フィレ肉のポワレ・粒マスタード風味

極上の和牛フィレ肉のポワレ・粒マスタード添え

ソレイユは柔らかい和牛フィレ肉のステーキ・緑胡椒風味・夏野菜添え・・・

柔らかい和牛フィレ肉のステーキ・緑胡椒風味・夏野菜添え

家内のお肉もちょっとつまみ食いをさせてもらったが、どちらも軟らかくておいしいのでいたって満足!!

そしてお楽しみのデザートですが、


家内にはいかにも女性好みの、“あっ、可愛い〜”のデコレーション。

エトワール・デザート

てんとう虫にト音記号に五線譜・・・、てんとう虫のサンバだ〜!!

ト音記号とてんとう虫

わたしには、でも大好きなアイスクリームが。もちろん、大満足。

ソレイユ・デザート

お腹も膨れ、テーブル上をさまよい続けた視線を久方ぶりに正面へ戻すと、外は疾うに深い夜の帳が下り、大きな窓は一面のスクリーンへと変じていた。

夜のとばりが下りたレストラン

ほろ酔いの瞳に、そのスクリーンはレストラン内に憩う人々の人生を早送りに見せてくれているように見えた。
そして、そのどこか蜃気楼のように少し滲んで見えるコマ送りのシーンは、30数年の間、共に歩んできたわたしたち夫婦の人生を温かく包(くる)んで映し出してくれているかのようである。

何だか、しんみりとした、でも、しみじみとした時間がここフレグラントには流れているのだと感じた。

テーブルセッティング

一流のスタッフによる心のこもったサービス。
尾方勇雄料理長によるアイデア溢れる美味しい料理。


リゾートの大人たちの夜は、あくまでもおだやかに、でも、心のひだの奥底に潜んでいたかつての軽やかなときめきを呼び覚ましながら、しずかに更けてゆくのであった。




“本物の大人”だけの空間、“KENZO ESTATE(ケンゾー エステイト)・広尾”=広尾グルメ

港区南麻布4-12-25 南麻布セントレ1FTel. 03-3448-0555

営業時間 14:0023:002230ラストオーダー) ・ 定休日 無休



“KENZO ESTATEケンゾー エステイト広尾は、ゲームメーカー・カプコンの創業者、辻本憲三氏が個人として運営するカリフォルニア州ナパにあるワイナリー・“ケンゾーエステイト”の直営レストランである。


というより、ワインがもっともおいしく飲めるために創られた料理が供されるお店と言った方がよいのかもしれない。


したがって、このお店はワイン愛好者が主として集うお店であり、未成年者の入店は原則、禁止である。

エントランス

そうしたお店へワインに素人の私ごときがうかがうのは非常に失礼にあたるのだが、共通の知人のお祝いということで、畏敬する大先輩がセッティングをされたため、恐る恐る広尾のKENZO ESTATE”へ足を踏み入れた次第である。

個室
当日、利用した個室

KENZO ESTATE”が日本でも知る人ぞ知るというワイナリーであることを、わたしはこの日、初めて知ったものだが、店長でソムリエでもある常盤さんが、丁寧にワインの説明をしてくださり、素人も肩を凝らすことなく、和やかな時間が過ごせた。

当日のワインラインナップ
当日のワインのラインナップ・右端より順番にサーブされた

当日、供されたワインは、“プランAの各90ml”というものに、ロゼを加えたものであった。

まず、“2012 yui(結)”(ロゼ))

2012 yui(結)
2012 yui

2012 asatsuyu”(白)・“2009 asuka(明日香)”(赤)

2012 yui・2012 asatsuyu・2009 asuka
2009 asuka に、2012 asatsuyu

2009 rindo(紫鈴)”(赤)

2009 rindo(紫鈴)
2009 rindo

2008 murasaki()”(赤)

2008 murasaki(紫)
2008 murasaki

2009 ai(藍)”(赤)

左端、2009 ai(藍)
2009 ai

 

と、上の6種類であったが、ネーミングはすべて辻本氏の奥様がなさるそうで、例えば、ロゼの“yui(結)”は、白と赤を合わせた色合いという意味合いとKENZO ESTATE”が目指すブレンドワイン、異なる品種を結び合わせ最高のワインを造るという深い意味合いを籠めて命名したのだという。

また“asuka(明日香)”は、辻本氏の出身地・奈良橿原市に因み、隣接する明日香村の名をつけるが、明日の香を目指してワイン醸造に取り組んでゆくのだという心意気を籠めて命名されたそうである。

ワインひとつの名前の謂れを知ることで、“KENZO ESTATE(ケンゾーエステイト)”のワイン醸造に懸ける真摯な姿勢が、強烈に伝わってくる。

メニュー
当夜のメニュー

一方、お料理はコースをお願いしていたが、これがまた半端でなく美味しい。

ポタージュスープ
アミューズ・キタムラサキの冷たいポタージュ

順番に供されるワインに適(あ)うよう、それぞれの料理はくっきりと味が立った味付けがなされ、いたく感心させられた。

ムール貝のフレッシュバジルマリネ・夏野菜と
冷たい前菜・ムール貝のフレッシュバジルマリネ

ひとつひとつの素材も厳選されたものであり、久しぶりにいただいたアワビのステーキなどは身がコリッとしながらも柔らかく、おいしかった。

蝦夷アワビのステーキ
温かい前菜・蝦夷アワビのステーキ、肝のソース
小笠原産尾長鯛のブレゼ
魚料理・小笠原産 尾長鯛のブレゼ

もちろん、トリゥフが添えられたフィレ肉もナイフがす〜っと入るほどに軟らかで、舌にとても美味であった。

黒毛和牛フィレ肉のロースト・サマートリュフソース
肉料理・黒毛和牛フィレ肉のロースト

名物のKENZOカレーが〆の料理として出てきたが、これがワインを飲んできた口に無性に合うのには正直、驚いた。

KENZOカレー
KENZOカレー

デザートもまさに奢った口をしずかに落ち着かせるのだろう、出しゃばり過ぎない味で、完食である。

ココナッツブラマンジェ
ココナッツブラマンジェ

”KENZO ESTATE”は、2230が料理のラストオーダーとなっているが、それ以降、午前4時まで簡単な乾きものでワインを嗜む愛飲家は利用可能とのことであった。二次会としてお使いいただいて結構ですよとのことであったが、なるほど、そうしたお洒落で落ち着いた二次会の利用も考えて見られてはどうだろうか。


まさに、ここ“KENZO ESTATE”には、熟成した本物の大人たちがゆったりとした時間を愉しむためのぜいたくな空間がいつでも用意されているのである。

最新記事
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
記事検索
livedoor プロフィール
livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
  • ライブドアブログ