彦左の正眼!

世の中、すっきり一刀両断!で始めたこのブログ・・・・、でも・・・ 世の中、やってられねぇときには、うまいものでも喰うしかねぇか〜! ってぇことは・・・このブログに永田町の記事が多いときにゃあ、政治が活きている、少ねぇときは逆に語るも下らねぇ状態だってことかい? なぁ、一心太助よ!! さみしい時代になったなぁ

November 2008

酒処 さかな屋 「魚源商店」--東京神田グルメ5

安くて旨い酒処 さかな屋 「魚源商店」

--- 神田グルメ ★★★★

千代田区神田淡路町1-11

電話:03-3251-6593


魚源・サービス一杯、枡にこぼれる黒龍
黒龍・枡まで一杯の魚源のサービス一杯!!

神田の酒処「魚源商店」はその店名に残るが、もともと鮮魚店であったという。今の大将が店を閉じようと考えたところ、みんながうまい魚を食わせてくれる呑み屋が欲しいというので、お客の意気に感じて「エイ!ヤッと」、江戸っ子気質で酒処に替えてしまったのだという。由緒というほど大仰なことではないが、まぁ、そういう呑兵衛の心もちを大切に考えてくれる店であるということである。




カウンター内で準備する大将と女将さん
魚源の女将と二代目
女将と二代目(ちなみに独身で〜す!)

だから店は大将と女将さんと息子の3人だけで切り盛りしている。


であるからして、当然のことだが魚と肴のうまいサラリーマンにはとっておきの呑み屋ということになる。店の壁に貼られた当日のお奨めは、その時々の旬の肴であり、客の好みで注文すればよい。どれもおいしく、そして滅法、安い!!



 
 カキフライとまぐろのとろろ掛け


カキフライと日本産の本物のししゃも
  
 ただワタシ的には、ここ「魚源」の一押しは、600円の「さかな屋サラダ」である。海鮮サラダとかいう洒落かしただけの料理とは大違い。まさに新鮮な魚介類を大胆・豪勢に使った見事な皿盛り料理である。

 
絶品の魚源サラダ
一押しの絶品・「さかな屋サラダ」、いや、「魚源サラダ」だぁ〜!!

  まさに、絶品である。ワシは「感激した!!」

 


丸ノ内線淡路町・都営新宿線小川町駅のA5番出口を出て、徒歩23分のところにサラリーマンの強い味方、酒処「魚源商店」はある。

 

ぜひ、押っ取り刀で駆けつけるべし!そしてうまい日本酒を必ず注文するべし!!




黒龍
磯自慢

最近は焼酎の注文が多く、せっかくの超うまい銘柄の日本酒の封をやみくもに開けられないのだという。開封してすぐ飲まないと味が落ちてしまうから・・・。実のところ、わたしはいろいろな銘柄の日本酒を呑みたい!、であるからして、お客さま方には「魚源」ではぜひまず日本酒を注文し、ボトルの回転率を上げてほしいものだと、つとに願っている次第なのである・・・





テーブル一杯の料理、これでも安いんだなぁ!!

 




 

丸の内界隈には西洋と日本のAutumnが同居5

丸の内界隈には西洋と日本のAutumnが同居

 

 

 丸の内の大きな変貌ぶりは、最近、つとにメディアを通じて詳しく伝えられている。丸ビルや新丸ビルの建て替えののちも、丸の内再構築の第二ステージとして地上35階地下4階の「三菱商事ビル・古河ビル・丸の内八重洲ビル建替計画」による工事が着々と進むなど、街並みは刻々とその姿を変えている。そうした変貌の中に小さな秋を見つけた。

 

仲通りハロウィーン

オープンカフェ

日米国旗

 

 

 

 

 

 

 

 

歩道表示

オブジェ

オブジェ

 

 

 

 

 

 

 

 

街灯のブーケ

ティファニー

仲通りのお洒落な店

 

 

 

 

 

 

 

 

  そのメインストリートが丸の内仲通り。マンハッタンの五番街かと見紛うほどの通りの景色である。そんなハイカラな通りには西洋の秋、ちょっと足をのばした皇居前の並木には日本の秋・・・、どちらにも本当の秋があった。

 

 

 

皇居前より丸の内を

色づく皇居前銀杏並木

黄葉しかけの銀杏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二重橋

お濠

お濠端

 

 

 

 

 

 

 

 

人気ブログランキングへ

 

オバマ大統領誕生で米国民は市場原理主義にNo!5

11月4日の米国大統領選挙で民主党候補のバラク・オバマ上院議員が第44代米国大統領に就任(就任式2009120日)することが決まった。

 

大統領選の投票を3週間後に控えた1010日から12日にかけ米ギャラップ社が行なった世論調査(GALLUP POLL)のなかに、以下の質問が入っていた。「新大統領が来年1月にホワイトハウスを引継いだ際、最優先にすべきなのは、どの問題だと思われますか」と。選択肢は「米国の経済の安定化」「イラクおよびアフガニスタンで行われている戦争への対処」「医療制度の改革」「米国向けの新しいエネルギー源の開発」(以上、提示順不同)、または「それ以外」となっていた。

 

16日に公表された調査結果は「米国成人全体」で最優先すべき課題は「経済の安定化」が68%と、二番目のイラク等戦争への対処」の12%を大きく引き離し、金融危機下の米国経済の建て直しが国民的な焦眉の急の政策課題であるとの国民の意識を示した。当該課題について詳しく見ると、オバマ、マケイン両候補支持者においても各々、69%、68%の比率で最優先であると回答され成人全体の数字とほぼ一致しており、支持政党や支持者に関係なく国民的喫緊の政策課題であると認識されていることがわかる。

 

共和党のブッシュ政権が市場原理主義を至上のものとし「小さな政府」の運営を続けた結果のマネーゲームの横行と拝金主義の蔓延、その行き着いた先の極端なまでの格差の拡大。そしてリーマンブラザーズの倒産に象徴される市場万能主義の破綻。

 

114日、米国民は市場原理主義による「小さな政府」より政府の関与を増やすことを公約とするオバマ氏の「大きな政府」を選択した。マケイン氏は選挙期間中、オバマ氏の「大きな政府」を前提とした経済政策の考え方に対して、「それはまるで社会主義だ」と攻撃した。米国民にとって「社会主義」という言葉は、建国の精神から言っても本来、本能的に拒絶反応を起こす言葉である。しかし、米国民は「市場原理主義」よりマケイン候補のいう「社会主義」を選択した。

 

それほどに米国を席捲した暴力的なまでの市場原理主義の行き過ぎに対し、国民は「No!」を突きつけたのである。約1前の昨年12月に行われた米紙ウォールストリート・ジャーナルとNBCニュース合同の最新世論調査での次期大統領を選ぶ際に最も重視する課題が、「経済と医療」が52%、「テロリズムと社会・倫理上の問題」が34%であったことを考えると、今回のギャロップ世論調査が「経済と医療」と課題をくくれば、約72%、「テロやそれ以外」の総ての課題で28%という結果を見れば、いかにこの1年間における市場原理主義という病魔が米国社会を蝕んできたかが分かる気がする。


最新記事
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
記事検索
livedoor プロフィール
livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
  • ライブドアブログ