彦左の正眼!

世の中、すっきり一刀両断!で始めたこのブログ・・・・、でも・・・ 世の中、やってられねぇときには、うまいものでも喰うしかねぇか〜! ってぇことは・・・このブログに永田町の記事が多いときにゃあ、政治が活きている、少ねぇときは逆に語るも下らねぇ状態だってことかい? なぁ、一心太助よ!! さみしい時代になったなぁ

August 2008

北京五輪野球、星野仙一監督には言われたくない!!

北京五輪野球、星野仙一監督には言われたくない

 

冷静さを欠く彦左衛門(`ε´)ムカー

 

 

 

 野球日本代表の闘将星野仙一監督は北京五輪の野球競技において4勝5敗でメダルを逸した直後、「敗軍の将、兵を語らず」で、ただひと言「申し訳ない」と述べ、闘将としての「男らしさ」を演じてみせた。

 

しかし、そのあとの記者との談話のなかで「日本はすぐにたたきにかかる。そんなことをしたら若い人が夢を語れなくなる。たたくのは時間が止まってる人間だろう」と語った(8月25日付け日刊スポーツ)ということを知り、そうならば批判せねばならぬと筆を執った。

 

「たかが五輪、されど五輪! たかが談話、されど勝負師の言葉!」である。

 

いま星野野球を批判している日本人は、銅メダルに手が届かなかった結果もさることながら、それ以上に日本チームの試合内容の不甲斐無さに憤りを覚えているのではないのだろうか。ここでわたしも別にメダルを取れなかった結果に対して批判などするつもりはない。

 

闘将星野氏は戦前7月、日本で五輪の場では「野球の存在感を示したい」、「とにかく、一番輝くものを狙っていく」と語った。そしてキューバ戦前日の8月12日、現地ジャパンハウスで行われた記者会見で「とりあえずは北京が(メダルがとれる正式競技として)最後になる。そこに新たにわれわれの歴史を刻む」と胸を張り、語ってみせたものである。

 

また同監督は3か月前の4月26日、長野市で行なわれた聖火リレーで第1走者という、晴れ舞台での大役を務めたこともわれわれの記憶に新しい。五輪開幕前、野球競技については選手ではなく星野監督が頭抜けて脚光を浴びていたと言ってよい。

 

そうした諸々の前段の事象を踏まえての「批判」について、星野仙一氏は「日本はすぐにたたきにかかる。そんなことをしたら若い人が夢を語れなくなる。たたくのは時間が止まってる人間だろう」と開き直ってみせた。

 

わたしは、若い人が夢を語り、その夢に挑戦し、その結果、首尾がうまくなかったとしても、決して「批判」などしないし、ましてや「すぐにたたきにかかる」ことなどしない。その挑戦に至る努力や姿勢、戦う真摯な姿を見て、「たたいたり」「批判」する人は、逆に少ないのではないかとさえ思う。

 

星野氏が「日本はすぐにたたきにかかる」と日本人を批評すること自体、同氏自身にそもそも監督として必要な最低限の要素である分析力や評価力という能力が欠如していることの証なのではないのかとすら考えてしまう。

 

そうした監督がプロ野球選手で固めたオールジャパンを率いて行った試合が、あの試合内容なのである。あの試合内容のどこに、われわれは「日本野球の存在感」を認めたらよいのか、どのシーンが「新たにわれわれの歴史を刻む」ことだったのか、これについて監督としての戦略や戦術がどうであって、どう相手戦力の分析なり、相手選手の評価があったのか。それをまず聞きたいのである。どう贔屓目(ひいきめ)に見ても星野監督が戦前に胸を張って述べた抽象的言葉と、生まれ出た結果・事実とは大きく乖離(かいり)があったとしか言いようがないのである。どうしてこんな不甲斐無い仕儀となったのかを、それこそ潔(いさぎよ)く説明してもらいたいものである。

 

帰国後の25日には、同監督はあえて?報道番組「NEWS ZERO」(日本テレビ)に出演した。そのなかで、「逃げの言葉は嫌い」、「私は男の子ですからバッシングなれてますから」と語り、また金メダルを取りに行くと言ったことに対しては、「参加することに意義あるとか、勝負師としていえない」。そして、「日本は野球先進国ですから、国際試合には違和感が生まれる」と敗れたことの言い訳ともとれる発言もあった。試合内容が「日本の存在感」を示すことや「歴史に刻む」こととはほど遠い不甲斐無い仕儀となったことについて勝負師の口からは一切、説明の言葉はなかった。時折?出てくる選手への責任転嫁の言葉に、星野仙一という人物の矮小さを見るのみであった。

 

「強いものが勝つんじゃなくて、勝ったものが強いんだと感じた大会だった」と、勝負の世界で生きてきたはずの男が、今更、「感じた」などと何ら恥ずることなく言い切った。あきれるばかりである。

「ファンに期待をもたせた。でもそれを裏切ったわけだし、それを受けるのはオレ1人だ。こんな幸せなことはない」とも言った。番組中で、悪いのはオレじゃないと陰に陽に語っていたのに、バッシングを受けるのは「オレ一人だ」という脳内構造!おめでたいばかりである。

 

 そんな「あきれるばかり」の「おめでたいばかり」の人物、しかも分析力や評価能力に欠けているとしか思えぬ試合運びを続けた人物から、「たたくのは時間が止まってる人間だろう」などと、「日本人」であるわたしは一切、言われる筋合いはない。

 

 冗談じゃなく、五輪ソフトボールチームの斉藤春香監督や上野由岐子投手の爪の垢でも煎じて飲ませてもらったらよい。

 

 

人気ブログランキングへ

 

人気ブログランキング ON

 

 

 

 

みますや−−−グルメ神田淡路町

みますや−−−グルメ神田淡路町

livedoorグルメ

東京都千代田区神田司町2丁目15
03-3294-5433

みますや遠景

創業明治38年

どぜうと縄暖簾

 

 

     みますや遠景     創業明治38年      昭和3年再建

 縄暖簾の似合う呑み屋が減ったなか、神田司町に昭和の薫りを色濃く残す居酒屋「みますや」がある。

 表に「どぜう」の赤提灯がかかり、縄暖簾の下がる「わしら」が居酒屋「みますや」は、わしらの懐具合を十分にわかってくれるお店である。

 今夜は久しぶりに学生時代のゼミ仲間とちょっと?一杯!

 洒落た店造りが幅をきかすご時世に、かたくなに昭和レトロを守ってくれている「みますや」。

 縄暖簾を片手でかき分け、一歩、店内の土間?に足を踏み入れると、レトロな味と雰囲気に一挙に身が包まれる。この日も一足飛びに学生時代にワープする。

みますやのご主人

豊富な日本酒

旨い酒の肴

 

 

 

      みますやのご主人  品書き帳もレトロ!  旨くて安い肴

 そんな庶民の居酒屋「みますや」であるが、沿革をたどれば、創業は明治38年(1905年)、なんと日露戦争開戦の翌年で、二〇三高地で有名な旅順要塞が陥落した(1905年1月1日)年であり、「坂の上の雲」を目指していた近代日本の草創期にまでさかのぼる。

 その由緒ある「みますや」も関東大震災でこの一帯が壊滅したときに創業時の建屋は重い瓦と土により倒壊したという。その後、復興に力を尽し、昭和3年に再建されたのが、現在のこの日本家屋である。昭和3年のものは入口前面の部分という(奥のほうはその後の増築)。地震に強い建屋をということで、(重い瓦を使用せず)銅とトタンを使ったものだそうである(以上、ご主人の談話)。

 わたしはと云えば、二階の木製の縁側と勾欄(手摺り)が懐かしく、そこに今は失われたと言ってよい日本社会が持っていた温かい共同体(隣保班)の残渣(ざんさ)を見るのである。

 日露戦争、関東大震災、太平洋戦争を見てきた「みますや」。そしていま、店のななめ前の木造建物は取り壊され、新たなビルが建とうとしている。明治、大正、昭和、平成と近代の夜明けからこの日本と日本人を見続けてきた「みますや」という店は、まさに日本の近代史を語る歴史遺産と言ってよい。

 さて、日本家屋の蘊蓄(うんちく)はその程度にして、本題のグルメの話題に入ろう(イケナイ、イケナイ、昭和レトロにハマってしまい忘れるところであった)。

「みますや」のまず、酒について。

 銘柄の品揃えは申し分なし。手に入りにくい「田酒」「獺祭(だっさい)」「磯自慢」等々、右党には喉から手が出るような日本酒が目白押しで、五つ★。

「みますや」の料理(酒の肴)について。

 まず、「刺身盛合せ」はその新鮮さと価格において、秀逸である。注文して得をした気分になれるお薦め品である。そして「季節のぬた」は旬の素材をあえており、これは他の店にない旨さである。「牡蠣フライ(季節限定)」もよい、「牛の煮込み」もよい、「厚焼き卵」もよい、「肉豆腐」もよい・・・。

 なにせ、財布の中身が心配な呑兵衛には堪らぬお店なのである。

 「おじさん」は迷うことなく「みますや」へ向かうべし!

人気ブログランキングへ

 

うまい居酒屋の歩き方 [本]
Yahoo!ショッピング(ヤフー ショッピング)

夕べもここにいた! なぎら健壱の東京居酒屋 [本]
Yahoo!ショッピング(ヤフー ショッピング)

東京・居酒屋の四季 /太田和彦/著 飯田安国/写真 [本]
Yahoo!ショッピング(ヤフー ショッピング)

日本酒がうまい大人の居酒屋 東京編 Tokyo sake pub guide [本]
Yahoo!ショッピング(ヤフー ショッピング)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北京オリンピック開会式=「漢字」超大国の輝きと脅威

北京オリンピック開会式=「漢字」超大国の輝きと脅威

 200888日午後8時(日本時間午後9時)、中華の国で縁起が良いと好まれる「8」の数字が並んだ年、月、日、時間に中華人民共和国における初めてのオリンピックの幕がいよいよ切って落とされた。中国人が百年間、その開催を願って止まなかったオリンピック。その開会式の有様はいやがうえにも昂(たかま)って、まばゆく輝いて見えた。

 

 開会式は、ベネチア映画祭で金獅子賞に輝いた中国を代表する映画監督、張芸謀(チャン・イーモウ)氏が総合プロデュースした。4時間を超える壮大な叙事詩でもあった式典は、急成長を遂げる超大国中国の自信と誇りに満ち、輝いて見えた。その一方で、大きな恐怖感をも世界に根づかせたのではなかろうか。

 

 現代世界を律する西洋文明の跋扈(ばっこ)に対し、張芸謀監督は五千年の文明史を有する中華文明こそ現代文明の礎(いしずえ)を築いたものであると、強く訴えているように思えた。それは単なる自国史の賛美にとどまるのでなく、ある強烈な意志の下に演出されたと、わたしの目に映ったのである。

 

 式典は壮大な歴史絵巻を軸に展開した。

 

人類の智慧を簡便に記録に残す、すなわちより簡便にかつ普遍的に文明の継承を可能にした漉(す)き紙の発明。そのうえで文明の普及を爆発的に広めることを可能にした活版印刷術の発明。世界の海を帆走することを可能にした司南(羅針盤)の発明、等々・・・。88日の夜、このように壮大な歴史絵巻は続いていったのである。

 

 フィールド一杯に人間により描かれた巨大な船形が表われたときには、「大航海」は中国(明の鄭和)がバスコ・ダ・ガマやコロンブスよりも1世紀も早く成し遂げたのだと、狂おしく咆哮(ほうこう)しているように感じた。

 

 さらに巨大絵巻に投影された大きな筆の映像と紙の上を人物が踊りながらその手足で描線を引いている様子は、「文字」も中華文明が実は最初に編み出したのだぞと、言っているようにわたしには見えた。竹簡(ちくかん)を手に持ち群舞する男たちを見るにおよんで、その思いは確信に変わっていった。

 

 また式典を通じて終始、打ち上げられた総数十二万発におよぶ華麗な花火も、火薬を発明したのは中国なのだよと、天空から語りかけているようにこの自分には聴こえたのである。

 

 そして開会式のメインである選手入場に際しては、従来のアルファベット順ではなく、国名の漢字の画数の少ない順に入場するという漢字国ならではの基準が取り入れられた。IOCがよくそうした基準を受け入れたものと正直驚いた。なぜなら、それはアルファベットが象徴する西洋文明に、明らかに挑戦状を叩きつけるようなものだからである。その一点だけでも、東洋文明が律する文明社会のデ・ファクト・スタンダード(事実上の基準)化へ向けた最初の一歩を超大国中国が踏み出したような気がしたのである。そう気づいたとき、わたしは中国という大国の覇権主義がいよいよその鎌首を持ち上げてきたのだと、背筋がす〜っと冷たくなってくるような感じを覚えた。

 

 世界は200888日という日に、東・西文明の闘いという新たなフィールドに本格的に足を踏み入れたのではないか。いや後日、そうだったと思い起こす歴史的な日になったのではないかと、華麗な打ち上げ花火に映える胡錦濤国家主席の輝く顔を眺めながら、不気味さとともにその脅威につき深く考え込まされたのである。

 

 漢字文明をともにする我が国にとり、東洋文明の復権は望ましいことではあるし、誇らしくもある。しかし、その方向は軋轢(あつれき)なしに済むはずがない。上手い調和を・・・、などと云うのは現実政治を知らぬ者の云うこと。文明と文明の闘いという壮大で壮絶な歴史絵巻がこの北京オリンピックを機に始まったのだと思うと、武者震いではなく、不気味な脅威に身震いがしたのである。この真夏の猛暑の夜、世界、いや西洋文明の担い手たちは等しく悪夢を見せられ、悪寒を覚えたのではなかろうか。



脳卒中へのカウントダウン (脳出血発症9日目)3

脳卒中へのカウントダウン (脳出血発症9日目)

 

【妻の看病日記より】

 

2001.3.9(金)

 

 1145分。(妻、気分悪く、近所の)内科医へ。血圧を測ってもらう、非常に高い。薬をもらう。少し頭が重い。慎重に行動しなくては。

 

 1時半、病院着。リハビリの先生来られる。手と足をゆっくり動かす練習。CTを撮りに行く。頭が痛いと言っていたが、CTを撮ったあとはすっきりした様子。

 

 S主治医から話あり。

CTの結果。良好。出血の痕も少なくなっていっているので、順調と見て良し。来週からリハビリを頑張っていくこと。酸素の量も2Lから1Lへ。(降圧剤の)薬を(点滴から)飲み薬にしたので、血圧は高目。様子を見る。

さらにリハビリ病院の説明あり。伊豆の修善寺(慶応義塾大学が瀬リハビリテーションセンター)を紹介される。少し遠いけれど、(伊豆の病院へ行くのが)最上の方法と言われれば、行かなければならないのかも。弟と一緒に聞く。息子遅れてくる。

 

6時45分IN氏見える。

7時病院を出る。疲れた。

 

自宅に戻り、遅い夕食。娘、夕食をまた嘔吐する。胃痙攣(けいれん)の様子。一緒に寝る。夜は落ち着いて寝むれた様子。

 

【日記を読んで】

 発症9日目からベッドでのリハビリが始まる。ただ、リハビリと言っても、固まった関節をほぐす程度の軽いものであった。それでも、自分で思うように動かせない腕や足をほぐしてくれるのは、身体への好影響もそれなりにあったものの、それ以上に、ずっとベッドに縛り付けられていた自分が「これから回復へ向けた努力を始めるのだ」という気持ちの切り替えをするのに効果があったように思える。

 

 リハビリ病院の選択には正直、悩んだ。そもそもリハビリ病院のイメージは新聞や電車内の広告で目にした熱川などの「温泉リハビリ」と云った程度の知識しかなく、脳卒中という病気のリハビリに適した病院がどこかなど、わたしも家内もまったく無知であった。それにも増して脳卒中というものの「リハビリ」とはいったいどういったもので何をするのかさえ、まったく知識の一片すらなかったのである。

 

家内は修善寺までだと電車で自宅から2時間半から3時間はかかるので、これまでのように看病を日帰りと言うわけにはいかない。リハビリ病院では家族はどのような手助けが必要なのかもまだこの段階ではわかっていなかった。看病に行ける回数も多分、大きく減ってしまうだろう。そして精神的に不安定になっている娘を置いては行けないなど、色々と思いをめぐらせていた。

 

 言われた当日のこの段階では、何が一番よい方法かをすぐには見出せなかったのである。それは患者であるわたし自身も同じ気持ちであった。しばらく考えさせてくれと、そのとき主治医には返答したと思う。

 

 そして娘が精神的に疲れていたことを家内は、その当時、わたしを心配させないようにと伏せていた。いま日記を読んで見て、自分が病気にかかることがどれだけ周りの人々に身体面、精神面で大きな負担を強いることになるのかを、完膚なきまでに思い知らされた。それまで健康管理をどちらかと言うと馬鹿にして来た自分の愚かさを知り深く反省するとともに、そうした自分に対する家族の無償の愛情に心から感謝の念を覚えたのである。

 

「馬鹿は死ななきゃ直らない」という冗談のようなフレーズがあるが、「馬鹿であろうとなかろうと」といった冗談は別として、「愛する家族を残して」は、決して「無闇な死を選んではならぬ」「健康を維持するのは大事な家族を守る最低の義務である」と、心底から思い知らされたのである。

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

人気ブログランキング ON

 

 

 

【阿砲弔鼎】

,砲發匹

 

 

世界一やさしい脳卒中にならないための本世界一やさしい脳卒中にならないための本

脳卒中の運動療法脳卒中の運動療法

 

脳卒中患者の機能評価脳卒中患者の機能評価

動画で学ぶ脳卒中のリハビリテーション動画で学ぶ脳卒中のリハビリテーション

脳卒中へのカウントダウン (脳出血発症7、8日目)5

脳卒中へのカウントダウン (脳出血発症7、8日目)

【妻の看病日記より】

 

2001..7(水) 晴れ

 

午前中、たまった雑用をこなし、一時半病院着。H、A研修医と話し中。

ヨーグルトを何口か食べたところ。(嚥下に)問題ないので、降圧剤の点滴を1本にし、飲み薬にする。むくみの方の薬は今しばらく点滴による。とうふ、卵とうふ、プリンなどなめらかな物は食べてもよい。ジュースなどもOK。さっそく、みかんのジュースを作り飲む。(飲んだのは)半分。吸飲みで飲むので、味気ないとの感想。

 

 2時40分頃、首すじのエコーを撮りに出かける。3時15分頃もどると、I夫人がお見えで、待っておられる。エコーの後のせいか、H、疲れ気味。血圧を測ったりとあわただしく、早々にお帰りになる。

 

 4時、O氏見える。H、ウトウトと寝ていて、あまりしゃべれず。(妻が)一応の状態を話し、O氏帰られる。

 

 5時、医学部生が臨床実習か?診察に来る。血圧が高め177(収縮期)。

 

【日記を読んでのコメント】

 

 やわらかい物はよいと言われたものの、その頃はまだ気分的に食欲があるとはとても言えぬ状態であった。そして、お見舞いはもちろんありがたいのだが、人との応対がこんなに気づかれすることも初めて知った。脳がむくんでおり、体は当然だが、心も思考能力もまだ正常ではない。とくに色々な意味において「意欲」というものが、まだまだ湧いてこなかったなと、今にして思い起こされる。

 

 

【妻の看病日記より】

 

2001.3.8(木) 晴れ

 

 3時到着。色々と(自宅に)電話があり、その応対、そして銀行など必要な先で手続きなどすませ、(Hの)眼鏡ができたので、それをピックアップしての3時到着。

「やっと来たか」の(H)のひと声。

 

 リハビリの先生はすでに来られたとのことで、明日より(まず、病室内で簡易リハビリを)始めるとのこと。また昨日、S主治医より「9日はCTをとり、エコーおよびCTの結果説明を5時半頃よりする」と言われていたが、弟、息子には連絡済み。

 

 441分、H、軽いいびきをかいて寝ている。立て続けに来客があると疲れるのかな・・(昼過ぎから三人の見舞い客があった)。来客の合間にプリンを8分目ほど食べる。

 

 昨夜は考え事を始めると眠れなかった、血圧も190(収縮期)近くなり(睡眠)薬をもらって寝たとのこと。まだまだの様子。血圧が早く安定して欲しいものである。

 

 5時15分夕食。おかゆ3口、鯵(あじ)の塩焼き1/4、こうやとうふ1切れ、とうふ少々、おいしくないと言いながら食べる。帰宅後、方々からお見舞いやHの状態確認の電話がある。こちらの要件連絡先にも電話を入れる。

 

 

【日記を読んでのコメント】

 

 日記を読んでいて、この時期の患者(わたしのこと)は自分だけのことしか考えていないのだなと思った。これはわたしのわがままな性格もあると思うが、自分を取り巻く全体感が把握できていないことは確かであった(何せ、自分の病状についても一時は命も危なかったのだということを、この時点ではまだ理解もしていなかった)。だから、発症後1週間がたって妻がどれほど心身ともに疲労困憊(こんぱい)しているかなど、思いが至らなかった。目の前で振る舞う妻の姿はいつもながらの姿に見えていた。

 

 一方、わたしの病状は順調に回復をしていたことがわかる。ただ、当時は血圧について過敏なほどに過剰反応していたことを思い出した。収縮期いわゆる上の血圧値が190などと言われると、それだけで胸がドキドキし、血圧がどんどん上がって行っているのではと恐怖に捕らわれた。今では「上は200を超えることも正常な人でも、状況によってはあるんですよ」と医者に言われて、「そうですか」と、どっしりと構えているものの、その時は定時の血圧検診に一喜一憂したものだ。

 

 ただ、約一週間目にして普通の食事(病院食ではあるが)を自分の口で食べられる状態にあったことは、やはり回復は幸いかな至極、順調であったことの証左であろう。

 

 

人気ブログランキングへ

 

人気ブログランキング ON

 

 

 

 

につづく

,砲發匹

 

 

 

 

世界一やさしい脳卒中にならないための本世界一やさしい脳卒中にならないための本

脳卒中の運動療法脳卒中の運動療法

動画で学ぶ脳卒中のリハビリテーション動画で学ぶ脳卒中のリハビリテーション

 

 

脳卒中の早期リハビリテーション第2版脳卒中の早期リハビリテーション第2版
脳卒中リハビリテーションポケットマニュアル脳卒中リハビリテーションポケットマニュアル

 

美の(よしの)---新橋グルメ 25

ブログネタ
日本酒の旅人 に参加中!

美の(よしの)---新橋グルメ 2

都心の秘密基地

【 末げん(鳥割烹) 新橋グルメ 1 】

女性客に人気の新橋「美の(よしの)」!!――新橋グルメ3

住所:港区新橋5-9-5 NTビル1F

電話:03-5733-1853

OPEN:18:00−24:00

 新橋駅烏森口から徒歩5分という至近の場所に、えっというほど落ち着いた大人の隠れ家がある。それが、「美の」と書いて「よしの」と呼ばせる小粋な店である。

美の玄関

美の入口

上り框

 

 

 

      「美の」の表      何気ない玄関戸    ここで靴を脱いで・・・

 入口というか、店構えは落着いた褐色の塀壁に何気なく板戸がひとつ、といったまるで忍者屋敷のようである。一般の通行人はお店とも知らずに通り過ぎてしまう。

 店内は掘り炬燵のカウンター席とテーブル席が3つ。店内はライトを落とし薄暗く、席に着いただけで隠れ家気分でこれから秘密の会合を開くような妙なワクワク感が醸し出される。

掘り炬燵カウンター

手前大きなテーブル席

美の角席

 

 

 

   掘り炬燵のカウンター   入口に近い大テーブル  落ち着く奥の角席

(上の写真は開店前でまだ明るい。もう少しでムーディーな秘密基地へ変身)

 わたしは、実はこのお店は幼年時代の秘密基地のようだと前々から考えているが、まだそんな話、マスターにもしたことはない。ここの薄暗さは秘密基地で地球侵略軍に対する大作戦を考え、棒切れを砥ぎ、泥をこね武器・弾薬の準備をした子供のころの甘酸っぱい緊張感を蘇らせる、そんな空間なのである。

  そんな「美の(よしの)」を是非とも薦めたい大きなポイントは3つある。

 ?料金がいかにもリーズナブル

   料理はコース料理(簡易懐石風)が一つしかなく、値段は3500円ぽっきり。

 ?その料理が粋でいたって旨いからびっくり!

付き出し

鰺の付き出し

涼気溢れる刺身盛り合わせ

 

 

 

    付き出し--ごま豆腐   付き出し--鰺たたき    清涼感ある刺身

汁物

揚げ物

茶碗蒸し

 

 

 

       汁物            揚げ物          蒸し物

海苔茶漬

 

お仕舞に海苔茶漬けが出るよ!

 

 ?マスターお勧めのおいしくて珍しい日本酒が堪能できる

   当日は、日中が30.4度、夕方もまだ27、8度。湿度も60%とまさに真夏日であった。そのため、最初の一杯だけは生ビールの中(ちゅう)。

   そして、メインの日本酒の一番目が宮城県の本生原酒の吟醸うすにごりの「日高見(ひたかみ)」をマスターの佐川美雄(よしお)氏に勧められた。片口の酒器で出てきた「日高見」の色合いは淡雪の如しで、暑気払いの一献にはまさに絶品。

   なかなか入手が難しいお酒なので、是非と勧めてもらったのが幸い。当日の秘密基地の作戦会議は滑り出しから、お宝を手に入れた気分で、進んでいったのである。次に滋賀県の「まつのつかさ」、次は長野県の・・・

  日本酒の詳しいお話は次のコーナー「日本酒の旅人」でゆっくりとすることにいたしましょう。

こだわりのマスター

淡雪の如し日高見

片口椀と杯

 

 

 

     センス抜群の佐川氏 淡雪の如き日高見   片口酒器と杯

 「美の(よしの)」の3つのポイントを大好きな秘密基地、忍者屋敷で堪能しつくして、ふと気づくと・・・、お客はもういない・・・。

ウィ〜、酔っぱらったィ

ウィ〜!酔っ払ったィ・・・

ボケてるのは写真?それともわたしの目?

 

 「美の」は、料理もお酒も旬に合わせたものがサーブされるので、正直なところ飽きが来ない。これはお店を贔屓にする際のわたしの大切な基準。

 そういえば、秘密基地も飽きぬように、潜り込んではいろいろと造作も変えていたっけ・・・。

 さぁ、また、近いうちに行かねばならぬ、都心の秘密基地「美の」へ。武器と弾薬の準備を怠りなくやっておかねば、宇宙人の襲来に間に合わぬから・・・。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキング ON

 

 

日高見 純米酒 1.8L日高見 純米酒 1.8L

ゆりかもめ 新橋〜豊洲間往復 東京臨海新交通臨海線(DVD) ◆20%OFF!ゆりかもめ 新橋〜豊洲間往復 東京臨海新交通臨海線(DVD) ◆20%OFF!

■新着窯出し nobori■限定1点■備前焼 片口酒器■備前陶苑連房式登り窯の還元焼成何かと便利人気の片口■新着窯出し nobori■限定1点■備前焼 片口酒器■備前陶苑連房式登り窯の還元焼成何かと便利人気の片口

手作りの温もりがある有田焼・伊万里焼の和食器万暦赤絵手造り片口酒器セット(日本酒)【送料無料】手作りの温もりがある有田焼・伊万里焼の和食器万暦赤絵手造り片口酒器セット(日本酒)【送料無料】

【送料無料】退職祝いの記念品、誕生日プレゼントに人気の手作り・ガラスの 高級酒器★ 江戸切子 菱魚子文様 片口酒器揃【送料無料】退職祝いの記念品、誕生日プレゼントに人気の手作り・ガラスの 高級酒器★ 江戸切子 菱魚子文様 片口酒器揃

 

 

 

 

 

福田第二次・「安心実現」内閣発足 5

福田第二次・「安心実現」内閣発足 

 

いま、われわれにいったい何が求められているのか

 

,らつづく】そうした難局のなか、国会は議席数で衆参逆転という「ねじれ」現象を呈している。

 

洞爺湖サミットを79日に終えるまでは、福田内閣の政治日程は国会運営をめぐる与野党攻防の影響でまさに綱渡りの状態であったといってよい。改造や総選挙という政治的空白の期間を作る余裕など現実的に難しかったと見るのが妥当なところであろう。

 

そしてサミットを終え、ようやく福田康夫首相肝いりの内閣が出来たというのが、今回の改造であると言える。

 

そう考えてくると、いま福田康夫という地味な男がようやく自分の思う政治を自分のやり方で行う態勢を整えたのだと、わたしは考えたい。

 

第二次福田内閣と言いながら、実態的には首相自身により造られた初の内閣と言ってよい。その顔ぶれを見ると、派閥の領袖など大物閣僚の集まりで古い時代の自民党復活だと揶揄することもできよう。しかし、見方を変えれば自民党という政党が総力を挙げた内閣であるとも言える。派閥均衡政治などという政治ごっこが許される内外政治環境でないことは、福田首相自身、いや自民党の心ある政治家が共通に持っている認識であると思う。だからこそ、これだけの大改造がそう大きな混乱を起こすことなくなされたのだと思う。その事実が語るものは大きい、そのことをわれわれ国民もよく考えねばならぬ。

 

御託を並べる大手メディアや過去の政治屋に耳を貸す必要はない。われわれ自身が己の目と耳を動かし、この内閣のこれからやることをしっかり監視し、評価すべきだと考える。

 

いま問題となっている「後期高齢者」というネーミングは、小泉内閣時に通した「健康保険法等の一部を改正する法律」(20066月公布)により、従来の「老人保健制度」から「後期高齢者医療制度」に制度名すなわち呼び名を変えているのである。その新たな法律の施行がこの41日だったのである。本来、この制度をメディアが姥捨(うばす)て山みたいな制度だと文句を言うのは筋違いである。彼ら自身に権力のチェック、時の内閣が進めようとしていた改革の中身を検証する能力がなかった、国民に知らせる機能が働かなかったことを大いに恥ずべき話しなのである。

 

そして常々、「知る権利」や「表現の自由」について声を大にして論じる大手メディアのこの貧相な実態を、国民はよくよく認識すべきである。

 

わたしは自民党支持者ではない。日本という国を憂える民の一人に過ぎない。

 

福田第二次内閣には、本当の意味で国民目線に立った政治を、難問山積のいま、真摯に行なってもらいたいだけである。そしてわれわれ国民も政治に無関心を決め込むのではなく、自身の手で政治をチェックする行動を起こしてもらいたい。例えば衆議院における各種委員会で行われている議論も衆議のHPを閲覧すれば、「委員会ニュース」や「会議録」で順次、読むことが可能である。即時性には欠けるが支障のない範囲の時間的遅れで、どの議員が何を発言し、政府がどう答弁しているかなど、個々の政策について正確に議事録が記録され、掲載されている。

 

テレビの芸能人やジャーナリスト崩れのコメンテーターの事実を正確に捉えているか否か、理解した上での発言かどうかも分らぬコメントに頼る愚を起こさず、自分自身の目で今起こっている事実を把握し、判断する手段をわれわれ国民はネット世界のなかでしっかりと有していることを再認識し、それを十二分に活用しなければならないと思うのである。

 

政治は言うまでもなくわれわれ国民が主人公である。誰か他人が勝手にやってくれるのではない。われわれ自身がしっかりと国政を監視し、われわれの手で要望の声をあげ、政治いや世の中を変えてゆくことは十分に可能な時代になっているのである。

 

記者クラブや官邸でのブラ下がり取材などで得たものだけが「知る権利」で勝ち取った情報ではない。国会の議論状況は広く国民に開放されているのである。それに多くの国民がアクセスする努力を怠っているだけである。国を運営する主人公は、永田町の政治家でもなくましてや新聞・テレビなどのメディアでもない、われわれ国民であることは論をまたない。日本国憲法の前文で宣言された「主権が国民に存する」いわゆる「主権在民」を本当の意味で行使すべき時代がやってきているのである。ネットという手段を使うことで「受け手」と「発信者」という立場を自立的に手にする時代にいまわれわれは存在しているのである。

 

 

人気ブログランキングへ

 

MAKE a MOVE for The FUTURE by The PEOPLE

 

 

人気ブログランキング ON

 

 

他と違うのには訳がある!正しい順番と日付、本物の「歴代首相の順番が年表と一致しています」歴代 首相湯呑み 日本製福田康夫首相も出ています。本物の「正しい順番の 歴代 首相湯飲み 」 湯のみ1個546円。 沼津 静岡 お茶の市川園他と違うのには訳がある!正しい順番と日付、本物の「歴代首相の順番が年表と一致しています」歴代 首相湯呑み 日本製福田康夫首相も出ています。本物の「正しい順番の 歴代 首相湯飲み 」 湯のみ1個546円。 沼津 静岡 お茶の市川園

小泉純一郎とは何者だったのか小泉純一郎とは何者だったのか

エンニオ・モリコーネ CD 送料無料(10/5発売)CD【私の好きなモリコーネ・ミュージック-小泉純一郎選曲チャリティアルバム】エンニオ・モリコーネ CD 送料無料(10/5発売)CD【私の好きなモリコーネ・ミュージック-小泉純一郎選曲チャリティアルバム】

無情の宰相小泉純一郎無情の宰相小泉純一郎

福田第二次・「安心実現」内閣発足 5

ブログネタ
政治にわれわれはどうコミットするべきか に参加中!

福田第二次・「安心実現」内閣発足 

いま、われわれにいったい何が求められているのか

 8月1日、福田康夫首相は初めての内閣改造に踏み切り、2日午前10時の皇居での認証式を経て、第二次福田内閣が発足した。内閣改造や衆議院の解散時期については、これまで大手メディアを中心に政治評論家や芸能人改め即席政治コメンテーターまでが口うるさく騒いできたが、改造をすればやったで当日からこれでまた仕事が増えたとばかり欣喜雀躍(きんきじゃくやく)し、口をきわめて新内閣の扱(こ)き下ろしに余念がない。

 

 そうしたなかのひとりに竹中平蔵氏がいた。2日土曜日の日本テレビ「ウェークアップ!ぷらす」(am800925)にも早速に、塩爺や橋下徹大阪府知事らと一緒に出演していた。

 

 そのなかで、竹中氏元経済財政担当大臣並びに元総務大臣は、今次内閣を「アンシャン・レジーム(旧制度)内閣」と名付けた。「改革なくして成長なし!」と吼(ほ)えまくった小泉元首相の推進エンジンであった同氏にとって、実体経済に則し財政再建を進めようとする与謝野馨経済財政担当大臣の就任は、小泉・竹中路線の全否定と見えてもしかたがない。さらに12年間もの企業トップの経験を有す、生きた経済を知る麻生太郎幹事長の就任は、実体経済の動きを無視し市場原理主義という理念で日本経済をぶち壊した竹中氏にとっては、福田総裁のこうした党運営などとても看過できぬことなのかも知れぬ。

 

 そして、同番組の冒頭おいて「この内閣・党役員の布陣では海外の評価を得られず、経済は落ち込む」といった趣旨の発言を相変わらずの自信満々の断定口調でやったものである。

 

 同氏が今度の福田路線を「アンシャン・レジーム(旧体制)」と宣(のたま)うのであれば、小泉・竹中路線は、「レッセ・フェール(自由放任主義)内閣」と言ってよい。もっと言えば「ケ・セラ・セラ(なるようになるさ)内閣」であった。

 

 わたしは「小泉内閣5年の総括」で、市場原理主義という劇薬をセーフティーネットの手当てもなく体力の衰えた患者(当時の日本経済)に投与したことで、この国の経済は言うにおよばず社会基盤や国民の人心までが見るも無惨に荒廃したと弾劾(だんがい)した。格差の拡大を表す代表的指標であるジニ係数(当初所得)は、小泉内閣発足時の0.4982002年)から退陣1年前の2005年には0.526と、格差の「是正を要する」という危険水域である0.5の水準を初めて超えたのである。

0.20.3が社会で一般的に容認される配分(格差)と言われる。数字が1に近づくほど格差はどんどん拡大していることを表す。再分配所得ジニ係数も0.3812002年)→0.3872005年)へと悪化】

 

 格差の拡大はそもそも市場原理主義をとことん推し進めれば、当然の帰結であることは仰々しく経済学まで持ち出すまでもない。

 

「改革!」「抵抗勢力」といった言葉による小泉マジックに踊らされ、狂奔し、小泉・竹中路線の内容を検証することなくその推進の片棒を担いできた大手メディアが今になって格差拡大と騒ぎまくるのを見て、何をいまさらというのがわたしの本音である。

 

 小泉政権が5年間の施政でこの国を根底から崩壊させたことは、前述のジニ係数など経済指標を初めとする諸々の数字が如実に語っている。一世帯当たり平均所得が564万円(2005年)へとピーク時(1994年)から100万円もの減収となるなど将来への懸念をふくめ社会不安の深化は、この国から「夢」という「生きがいの肝」を奪い取り、抹殺した。

 

 そうした劇薬を投じ人民を塗炭の苦しみに陥れた人間が今度の内閣を批評する資格など一切ない。2003年には過去最高の34427人もの自殺者がでるという異常事態となり、07年でも依然、33093人もの国民が自ら命を絶たざるを得ない冷酷な社会が続いているのである。

 

 それでは、いま、われわれは何をすべきか。何を求められているのだろうか。

 

 政道の根本からすれば、総選挙により政権の正統性を早急に具備すべきであるという議論は分かるし、出来たら早急にやるべきであるというより、参議院選挙の大敗をうけたときに即刻、解散総選挙をやるべきであった。それが政治の常道であるし、国民に信を問う分かりやすい政治であると考える。

 

 しかしそのタイミングを逸しているうちに、米国経済のサブプライムローンに端を発する国際的な景気下落局面を迎え、原油価格の高騰、さらにWTOの決裂、北朝鮮の核保有問題など国際政治経済面で対処すべき課題は待ったなしである。一方で、国内に目を転じても消えた年金問題、後期高齢者医療制度導入の混乱、度重なる消費者無視の食品偽装、公務員制度の改革そして非正規雇用者・フリーター問題、ガソリンをはじめとする物価の高騰など直面する課題は過去にないほど山積する。

 

人気ブログランキング ON

 

 

 

△砲弔鼎

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

一国は一人を以って興り、一人を以って亡ぶ /福田康夫/著 衛藤征士郎/著 明石散人/聞き手 [本]
Yahoo!ショッピング(ヤフー ショッピング)

 

【福田康夫内閣誕生記念】 歴代首相湯呑 総理
Yahoo!ショッピング(ヤフー ショッピング)

小泉純一郎です。 「らいおんはーと」で読む、小泉政権の5年間 /小泉純一郎/〔著〕 時事画報社「Cabiネット」編集部/編 [本]
Yahoo!ショッピング(ヤフー ショッピング)

巨頭会談 /ビートたけし/著 小泉純一郎/〔ほか述〕 [本]
Yahoo!ショッピング(ヤフー ショッピング)

 

 

 

 

 

 

異常気象=蝉が鳴かない3

「一挙の梅雨明け」、「少ない台風」、「蝉(セミ)が鳴かない」、やはり異常気象?(2010.7.18)

2010年夏、蝉が鳴かない(2010.7.22)

異常気象=不気味な夕焼けが北の空に

蝉が鳴かない2011年7月12日



夏空

鳴かぬ蝉1

 

 

 

     夏空        この蝉は全く鳴かぬ

 この夏、庭の蝉が鳴かない。デジカメ片手に庭に出た。静かな中でセミを見つけて写したのがこの3枚の2匹の蝉の写真である。一匹はその間、ひと声も発することはなかった。もう一匹も「ジッ・・・」「ジッ・・・」とあえぎ声を、それも非常な間をあけ間歇(かんけつ)的にあげるのみである。

 去年も、一昨年も一匹が鳴けば、それに呼応するようにうるさいくらい暑苦しく蝉が声を和して鳴いていた。

 しかし、今年、蝉は本当に鳴かない。時折、わずかに聴こえる蝉の声もか細く、弱々しく、ひと鳴きで終わる。おかしな・・・夏である。

鳴かぬ蝉2

鳴かぬ蝉3

昨年ベランダに蝉の死骸

 

 

 

 「ジッ・・」とだけ鳴く蝉  全く鳴かない・・・    昨年のベランダの蝉

 長崎に住む叔母と二日前に電話で話をした。自宅前の公園は毎夏、うるさいほどに蝉の合唱がすごいという。今年、ご近所の友人から「蝉が鳴いていない」と言われて、「その後、注意しているが、言われたとおり、非常に静かである」と伝えてきた。「何か変だ」とも言っていた。

 それを受けてわたしも気にかけてみたが、本当に今年は鳴いていない。もちろん、今日だって夏晴れ、気温は三〇度である。猛暑が続いているから、蝉もグロッキーなのだろうか・・・。昨年は、蝉がやたらにうるさく、そして数も多く、ベランダには蝉の死骸がゴロゴロあったのを思い出した。

 何かみなさんの日常の身の回りに異変が起きていませんか?

 気持ちが悪いのです、この前の不気味な夕焼けと言い、夏本番に鳴かぬ蝉たち・・・、おかしいと思いませんか?

 地球温暖化・・・、CO2排出・・・、竜巻頻発・・・、地震・・・、ゲリラ的集中豪雨・・・、鉄砲水・・・

人気ブログランキングへ

人気ブログランキング ON

 

 

気象観測マニア! 最新の気象観測機器から異常気象まで、天気・気象のしくみがすべてわかる! [本]
Yahoo!ショッピング(ヤフー ショッピング)

地球と気象 地震・火山・異常気象 / [本]
Yahoo!ショッピング(ヤフー ショッピング)

面白いほどよくわかる地球と気象 地球のしくみと異常気象・環境破壊の原因を探る /神奈川県立生命の星・地球博物館/監修 [本]
Yahoo!ショッピング(ヤフー ショッピング)

 

 

 

最新記事
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
記事検索
livedoor プロフィール
livedoor動画検索
本ブログパーツの提供を終了しました
NAVERまとめ
「NAVERまとめ」ブログパーツは、サービスを終了しました。
  • ライブドアブログ